mixiユーザー(id:4597260)

2020年02月14日21:52

161 view

夜明けは近い〜昭和歌謡130〜寒い夜明け

〜16歳の少女と夜明けのコーヒーはやばい〜

昭和歌謡曲日記、前回予告したように
今回のテーマは「夜明け」

これ、三つの意味があると思う。
 暗い夜が明けて新しい朝が来る=新しい希望に
あふれた物事が始まること「日本の夜明けだ!」とか
◆男と女が一晩過ごして、夜が明けたというHな意味(^^:
、△曚匹任呂覆、単に朝

ムード「夜明けのうた」岸 洋子
作詞:岩谷時子、作曲:いずみたく昭和39年
もろ「夜明け」と謳った曲で意味としては
これも歌謡曲というよりスタンダードナンバー


歌詞に「夜明け」が入っているのは
るんるん「恋の季節」ピンキーとキラーズ
作詞:岩谷時子昭和43年7月
♪夜明けのコーヒー、ふたりで飲もうとあの人が言った♪
ピンキー、この歌でデビュー時は16歳。
これ、今、△世辰燭薜行罪あせあせ
の意味でも、夜明けまで連れ回していたら、
青少年保護育成条例に引っかかる恐れがある。


打って変わって、同じ昭和43年9月の
るんるん「友よ」歌唱、作詞:岡林信康・高石友也、作曲:岡林信康
♪夜明けは近い♪学生運動、新宿のフォークゲリラで歌われた曲。
https/://www.youtube.comwatch?v=e5z6bsrKEMc
しかし、↑のyoutubeでの動画は全くミスマッチ。
まるで、この頃の若者をおちょくっているだろ?


るんるん「夜と朝の間に」ピーター
作詞:なかにし礼/作曲:村井邦彦昭和44年10月

ピーターが登場してきた時もセンセーショナルだった。
この年からレコード大賞は、大晦日に生中継と大きく変革。
新人賞も、最優秀新人賞を設立。ピーターが受賞。
その他、社会的にも大きく変わった昭和44年。
この年に生まれたのが↓の人

位置情報■槇原敬之のCD、メルカリで高額転売相次ぐ 
アマゾンでもトップ3独占、販売自粛を懸念して需要高まる
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=210&from=diary&id=5973013

るんるん「夜が明けて」坂本スミ子 
作詞:なかにし礼/作曲:筒美京平

もろ△離僖拭璽鵝
昭和46年10月、中三の時だが、
これもスマッシュヒットしたのを覚えている。
坂本スミ子って、それ以前にちょっと耳にした歌手で
司会の栗原玲児と結婚したが離婚。
この曲で復活した感がある。

ムード「夜明けの停車場」石橋正次、
作詞:丹古晴己、作曲:叶弦大。昭和47年1月

夜明けの停車場が別れの舞台になっている。
まぁ分類すればでしょうね。
石橋昭次も、この頃は人気があった。
青春ドラマの「飛び出せ!青春」で生徒役で
レギュラーにもなったが忙しすぎてに出られず、
ドラマ上では学校を休学中としていた。


るんるん「花とミツバチ」郷ひろみ
作詞:岩谷時子/作曲:筒美京平、昭和47年3月
https://www.youtube.com/watch?v=L1K0YgfQc0Y


♪どうでもいいけど、帰るの?いるの?夜明けだよ♪
これ△離僖拭璽鵑世茲諭
君と僕の二人が、覚えたての蜜の味、、とか(^^:

軽快で好きな曲だった。
やはり、郷ひろみは格好良いよ。

郷ひろみには
るんるん「寒い夜明け」という曲もあった。昭和51年11月。
作曲:筒美京平
作詞は、当時「まことちゃん」で大いに乗っていた楳図かずお、


夜明けに別れは、「夜明けの停車場」と同じだが、
そこから、「今日が始まる」と前向き。
の意味の「夜明け」が感じられる。
この歌が流行った51年も想い出深い秋だったなぁ。

ムード歌謡曲ではないけれど、
「モーニング ハズ ブロークン」


邦題は「雨の朝」だけど、雨は関係ない。
キャット・スティーブンスの歌で昭和47年頃、
ラジオの深夜放送で聞いた。
歌い出し、
♪モーニング ハズ ブロークン、ライク ザ ファーストデイ」
「夜が明けた=朝が来た、最初の朝のように」が
聞き取れ、感動した。
オリジナルはゲール民謡なのか!?

さてと、、私、見の周りが慌ただしくなったので
来週は日記を休みます。

18 27

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 22:53
    石橋正次って、リアルタイムの時は少し抵抗があって、あまり好きでなかったのですが、アラン・ドロン同様少し大人になると抵抗が亡くなって、この歌や鉄橋が出てくる歌はお気に入りになっています。

    「夜明けのスキャット」これが一番のお気に入りです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 23:00
    花とみつばち、最近、歌っていないかな。軽快な曲ですねるんるん
    恋の季節もノリが良いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 23:32
    > mixiユーザー 
    >石橋正次
    1972年当時、青春スターとして売れっ子で
    「飛び出せ!青春」にちょっと反抗的な生徒の役で
    出ていましたが、私から見て、そう恰好良いとも
    思えませんでした。
    73年「飛び出せ!青春」の後番組では森田健作との
    ダブル主演で「怒れ男だ」というドラマが
    放送されましたが、両方とも好きではないので見ていません。
    その後も、私はテレビドラマ、邦画は見ないので、
    大人の役者になった石橋正次は知りません。
    「飛び出せ!青春」以降、石橋を見たのは、
    20〜30年後、良い中年になり、頭が禿げ上がって
    懐メロで「「夜明けの停車場」を歌っている姿でした(^^:

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 23:35
    > mixiユーザー 
    同性として、郷ひろみは好きでは
    ありませんでしたが
    (歌も上手くないし、声は気に障るし)
    「花とみつばち」は良い曲でしたね。
    今、当時のyoutubeを見ても、
    やはり格好良いですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月14日 23:48
    > mixiユーザー 私も花とみつばちは、最初、You tubeで知りました。格好良いと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 00:01
    > mixiユーザー 
    日記にアップした「歌の大辞テン」
    のYoutube
    郷ひろみが立っている台が狭くて、
    踊りの幅が小さいのが難点です。がく〜(落胆した顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 00:09
    『夜明けのうた』は、まさに新しい希望を歌ったものだと感じました。曲調と言い歌詞と言い…
    で、その後、岸洋子さんは『希望』をヒットさせましたが、ちっとも明るい曲じゃなかったですねほっとした顔

    『夜明けの停車場』は、前の職場の社長(生きていたら今年80歳)の十八番でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 00:18
    > mixiユーザー 本当に、踊り場、狭いですねあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 00:22
    > mixiユーザー 
    えーっと、
    誰かと思ったらHNを変えたんですね?(^^:
    「希望」は、非常に印象に残っていた曲で、
    以前から日記に紹介していましたが、
    「夜明けの歌」もよく覚えています。

    子供の頃は岸洋子と岸恵子がゴッチャに
    なっていました(苦笑)。

    その会長さん、「夜明けの停車場」が流行った
    1972年当時は、32歳ですね!?
    しんみりとした名曲ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 00:24
    > mixiユーザー 
    派手に動いたら
    落ちそうで危ないですね。ふらふら
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 00:25
    > mixiユーザー それは、言えますねあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 00:36
    > mixiユーザー
    はい、つい先程、HNを変えました(^^)転入届も速やかに行いたいものです。
    その社長は、当時の上司と3人で何かの二次会に行った時に初めて歌うところを見たのですが、選曲がなかなか渋いと感じました^_^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 00:43
    > mixiユーザー 
    その社長、1940年生まれの方ですね!?
    そういえば、私の会社にも数人いました。
    この年は「紀元2600年」記念の年で
    名前に「紀」が付く人が多かったんですね。
    ひとりいましたよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 10:11
    マッキーの「明けない夜が来ることはない」も好きです。
    https://www.youtube.com/watch?v=WKbruriz29M
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 10:19
    夜明けのシーンを切り取った歌はたくさんあると思いますが、タイトルに「夜明け」と入った曲は意外に思いつきませんね。
    タイトルには入ってないけど典型的な△離織ぅ廚箸靴討蓮美川憲一の「おんなの朝」がありますね。
    https://www.youtube.com/watch?v=koy3I_11Fe8

    ちなみに坂本スミ子のこの歌は好きでした。
    確かに久々にテレビに出てきたと思ったらいい曲で、それがヒット。
    まあその後のことはまた記憶にないのですが・・・。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 12:51
    > mixiユーザー 
    マッキ―の逮捕、残念でしたね。
    私は、日記に引用しましたが、
    彼に限らず、90年以降のJ-POPSには
    とんと疎くなったんですが(^^:、
    彼の曲を聞いて元気づけられた
    ファンのためにも
    更生してもらいたいものですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 13:04
    > mixiユーザー 
    ♪夜があけたのお別れね♪
    の「おんなの朝」(昭和45年)は、これも印象に残っており、
    前回「朝の歌」のテーマ時に取り上げました。(^^:
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1974369513&owner_id=4597260

    「歌詞が過激過ぎる」といわれNHK紅白歌合戦への同曲での
    出場はできなかったとWIKIにありますが、納得できます。

    >坂本スミ子のこの歌は好きでした
    当時、レオンさん、小学生でしょう?
    学校で歌うと怒られそうですね(^^:
    私も、この歌の前に坂本スミ子って、
    なんとなく知っていましたが、
    歌手としても歌謡曲の歌手という
    イメージはありませんでした。
    なんかちょっと面白いオバサン
    という感じでしたよ。あせあせ

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 15:59
    ピーターの「夜と朝の間に」は「男と女の間に」を含ませてピーターの両性を表したらしいですね。やるなあなかにし礼。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 17:28
    > mixiユーザー 
    なるほど。
    そういう意味もあったんですね!?
    私の同級生は、この歌をもじって
    ♪朝と夜の間に昼間があるだろう♪
    と歌っていました(苦笑)
    ピーターの前にも丸山明宏(現・美輪)とか
    カルセーヌ・マキといった今でいう
    トランスジェンダーがいましたが、
    ピーターはレコード大賞最優秀新人賞を
    取ったというのが、また新しい時代の
    「夜明け」だったと感じますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月16日 10:34
    夜明け。。。と聞くとやはり単純な おじ3は暗い夜が終わり明るい電球ぴかぴか(新しい)輝かしい朝がやって来た富士山るんるん

    文字通りSUN SUNと輝く晴れ太陽が眩しい〜ぴかぴか(新しい)・・・そんな連想をします(^_-)-☆

    毎月恒例の「ラリーストたちの飲み会」で1回〜2回位しか歌った事のない岸洋子さんの「夜明けのうた」は〜結構低音ばかり・・・と〜思って歌い出したら〜意外と難しいexclamation ×2あせあせ(飛び散る汗)・・・それにリズムがつかみ辛いexclamationたらーっ(汗)・・・以来2度と歌わなくなりましたよ〜〜wwあせあせカラオケ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月16日 16:30
    郷ひろみの花とみつばちは何となく覚えています。
    彼の歌は、明るく軽快な歌が多くて、今でも聞いたら楽しい感じがしますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月16日 22:16
    > mixiユーザー 
    「夜明けの歌」
    はカラオケでも歌っている人は
    聞いたことがなく、
    私も歌ったことがありません。
    難しそうですね。
    そういう難しい歌を歌えるのが、
    昔のプロの歌手でしょうが。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月16日 22:25
    > mixiユーザー 
    郷ひろみは
    同世代の男性(当時の高校生)から
    見たら、好感は覚えませんでした。
    「郷ひろみが好きな男の子と
    桜田淳子が好きな女の子はいない」とまで
    言われました(苦笑)
    しかし、この「花とみつばち」あたりから
    私も郷ひろみを認めるようになりましたよ。
    同時期に野口五郎も「甘い生活」
    で好きになりました。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月23日 15:01
    映画の「夜明けの歌」はテレビでみました。前半は芸能界の退廃的な雰囲気を「甘い生活」風におしゃれに描いているんですが、後半はドロくさい純情青春ドラマになってしまった。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月23日 21:10
    > mixiユーザー 弾正さん、お久しぶり!
    映画「夜明けのうた」は、浅丘ルリ子と
    浜田光夫のちょっとピークを
    過ぎた日活青春ドラマのようですね。
    主題歌は、清々しいのに、

    そういうドロドロしたドラマでしたか!?(^^:

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月25日 11:17
    坂本スミ子 夜が明けて
    好きな曲です。いいですね〜今聴いても

    なんと、この曲も筒美京平だったんですね。

    蟹座さんの51年の想い出深い秋もみじ
    こんな曲もヒットしましたね。
    https://youtu.be/mLpy-bfQraA
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月25日 17:39
    > mixiユーザー 
    >坂本スミ子 夜が明けて
    この曲がヒットしたのは
    昭和46年の秋も深まった時だと思います。
    受験勉強で、あまりテレビは見られなかったけれど、
    よく流れていましたよね

    >針葉樹
    昭和51年の紅白歌合戦で披露したのを
    覚えています。
    ちょっと前半が重く暗いけれど、
    サビの部分は迫力がありますね。


mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年02月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829