ホーム > mixiユーザー(id:4597260) > mixiユーザーの日記一覧 > Tシャツ、青い、からし色〜昭和歌謡127〜黄色いシャツ着たオッチョンジ

mixiユーザー(id:4597260)

2019年11月08日22:16

101 view

Tシャツ、青い、からし色〜昭和歌謡127〜黄色いシャツ着たオッチョンジ

〜16歳の少女と夜明けのコーヒーを飲むって〜

今回の昭和歌謡のテーマは「シャツ」Tシャツ(ボーダー)にする。
(特に理由はないけれど、^^:)

るんるんまず、「青いシャツ着てさぁ」の「恋の季節」

ピンキーとキラーズ、昭和43年7月
作詞:岩谷時子 作曲:いずみたく
デビュー曲にして、200万枚、この年、一番のレコードセール。
♪夜明けのコーヒー二人で飲もう♪
ピンキー、デビュー時で16歳。
未成年者に酒を飲ませてはダメだが、
位置情報NEWS小山、未成年との飲酒騒動を謝罪「すみませんでした」
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=17&from=diary&id=5856179
「夜明けに、コーヒーを一緒に飲む」というのも、ちょっとヤバい気がするあせあせ

ムード「恋と海とTシャツと」天地真理、昭和49年6月

作詞:安井かずみ/作曲:森田公一
私が記憶にある天地真理の最期のヒット曲。
その前年夏の「恋する夏の日」と同工異曲という気もしたが。
この時、歌私は高校3年だったが、、もう若者の間で
Tシャツが広まっていた。
クラスにファッションに無頓着な男がいて「Tシャツって何だよ?」
と聞いて来た。まぁ知らない人は知らなかったが。

ムード♪からし色のシャツ追いかけて♪
「September」竹内まりや. 作詞:松本隆. 作曲:林哲司昭和54年。
曲そのものは、先月紹介したから、youtubeは割愛。

るんるん「酸っぱい経験」 作詞三浦 徳子、作曲小笠原寛55年9月
歌い出しが
♪シャツのボタン二つはずしただけで 他の男の視線 気にしてる♪

カゴメの「トマト&レモン」のCMソングに用いられていた。
『聖獣学園』(49年)で衝撃デビューした女優、多岐川裕美歌唱。
この頃、ブレイクし、レコードも出した。
色っぽいお姉さんだった(^^:(中央画像)
メロディラインが、この2年前にヒットした研ナオコの
「ひとりぼっちで踊らせて」に似ているなぁ、
と思ったりして。

ムード「黄色いシャツ」(「黄色いシャツを着た男」とも表記される)

これ、日本で最初に流行った韓国歌謡曲ではないかな?
元々は1961年に韓国でリリースされたとのこと。
私は、昭和50年代の中頃に聞いた記憶がある。
誰が歌ったかは分からない。テレビではなく有線とかで。
その時は、日本語の歌詞で、日本の曲だと思った。
検索したら、李成愛が52年「カスマプゲ」を日本でリリース。
そのB面が、この「黄色いシャツ」おそらくこれを聞いたのだろう。
フォト

♪黄色いシャツ着た 無口な男オッチョンジ 惹かれるオッチョンジ♪
この「オッチョンジ」という言葉が分からない。それで印象に残ったこともある。
その後、これは、韓国の歌であり、「オッチョンジ」とは「おじさん」≒男性のことだと
誰かから聞いたか、本で読んだ。

昭和58年頃、若手の社員だった私は、
会社の他部門の部長と飲む席があり、二次会にカラオケに行った。
フォト
その部長は、この「黄色いシャツ」を韓国語で歌い、
歌い終わると、「私は韓国に5年赴任していた」
「私の韓国語は通じます」そして、さらに
「この歌の【オッチョンジ」】とは「オっちゃん」のこと」
「それくらい韓国語と日本語は似ているんですよ!」と言った。
私はやはり、「オッチョンジ」=「おじさん」なんだな!
と再確認した。

し・か・し、今、ネットで調べると、
「オッチョンジ」とは「なぜか」という意味らしい。
「黄色いシャツの男になぜか惹かれる」というような。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q147494239
私は韓国語が出来ないが、本当に「なぜか」という意味なら、
あの部長、韓国で言葉が通じていたのかな?(^^:
ちなみに「黄色いシャツ着た男」は、なぜか↓を思い浮かべてしまう。
フォト

「赤いスイートピー」松田聖子
ムード. S57年1月作詞:松本隆. 作曲:呉田軽穂.
♪煙草の匂いのシャツにそっと寄りそう♪

昭和57年当時は、まだ煙草って、
男性の匂いだったけれど、今は、少なくなったね。

ムード西城秀樹「聖・少女」57年6月
作詞:松本隆、作曲:吉田拓郎
♪濡れたTシャツに若さが透けるよ♪

このあたりになると、さすがの秀樹も、トシちゃん、
マッチに押されていたなぁ。

るんるん「Tシャツに口紅」ラッツ&スター58年3月
これも作詞は、松本隆だ!作曲:大瀧詠一



るんるん「マンハッタン・キス」竹内まりや(作詞、作曲も)

♪なにもかも、まるでなかったようにシャツを着る♪

これ、もう昭和ではなく平成の曲だったが、
好きな歌だから、特例でアップあせあせ


22 31

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月08日 22:53
    黄色いシャツは歌うの難しいですね。でも聞いていて、ほんわかした気持ちになります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月08日 23:09
    黄色いTシャツは、確かにハルクホーガンのイメージですが、北尾のデビュー戦以来、北尾のイメージが脳裏に強烈に焼きついてます^_^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月08日 23:23
    > mixiユーザー 
    「黄色いシャツ」は軽快な曲ですね。
    でも、自分で歌ったことはありません。
    元々、女性の歌でキーは高いし、
    後半がたいてい韓国語になって
    歌詞が覚えづらいし。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月08日 23:25
    > mixiユーザー 確かに、韓国語で、詰まりそうですねあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月08日 23:27
    > mixiユーザー 
    北尾の黄色いコスチュームは
    ホーガンを真似たんでしょうね。
    1990年2月、東京ドームのデビュー戦も
    見に行きましたが、場内、失笑していましたよ。
    黄色いと言えば、馳浩も黄色いタイツで
    Tシャツを客席に投げ込んでいましたが、
    あれは黄色ではなく普通の白のものでした。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月08日 23:34
    多岐川裕美の歌初めて聴いたし、こんな映像があるのですね。あまり上手ではないけれど、あの頃の女優はよく歌っていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 00:10
    > mixiユーザー 
    酸っぱい経験」は
    本文に書き忘れていましたが
    カゴメのトマト&レモンのCMソングに
    用いられて、それで知りました。
    最初は、多岐川裕美が歌っているとは
    気付きませんでした。
    確か、その頃、遠藤周作とテレビで対談し、
    この歌をちょっと歌ったら、遠藤に
    「あんた歌が上手くないね」
    と言われていましたよ(苦笑)
    まぁ、女優だから仕方がないけれど、
    当時の若いアイドル歌手よりは
    マシだったかも(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 00:57
     青いシャツ着てさぁ〜海を見てたわぁ〜懐かしいです。山高帽にステッキ。このグループはやはりこれが似合うと思いました。今陽子は16歳だったんですね。

     マンハッタン・キスは、僕も気に入っております。竹内まりやは、昭和・平成と活躍した数少ない歌い手さんですね。さて、令和の世では如何に?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 08:19
    北尾のデビュー戦の入場は、何度見ても面白い。
    誰か止めろと言う人はいなかったのか?
    いないよなぁ。本人はむっちゃイケてるつもりでやってるし、(笑)
    北尾、高木功、泉田とかってファンおったのかな
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 08:22
    今陽子ってあのとき16歳だったんですか。 わかっexclamation

    なにしろ当時の自分は小学生だったので、ブラウン管に映る女性の年齢がイマイチきちんと把握できてなくて。。 ピンキーって歌はうまいけど、あんまり美人じゃないオバサンだなという印象で見てました。あせあせ(飛び散る汗)

    Tシャツというと思い出す歌というものが誰しもあると思いますが。蟹座さんは天地真理ですか。僕はキャンディーズです。

    真っ赤なリンゴを頬張る♪ ネイビーブルーのTシャツ♪

    自分の日記にも書きましたが、Tシャツというものは自分が子供だった60年代は日本ではまだ浸透してなくて、中学生になった70年代のどこかで一般的になったという印象があります。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 11:45
    韓国は私若い頃よく行きましたが、おじさんはアジェシで、私も言われたことあったと思いますが、日本人だとわかるや即日本語で話し掛けてきますね、日本語が通じる国で旅行はしやすかったですが、おーちょんじはなぜか気になるの意で、韓国に行って覚えたとレフェリーのユセフ・トルコが雑誌で語っていました。
    ハルク・ホーガンは大阪ドームで試合した日に私は新日大阪後援会の会長と控え室に訪ねたことがありましたが、「ナイスミーツー」と笑顔で対応してくれて、黄色いタイツに黄色のシャツで一緒に写真撮りましたが、あまりの大きさと横幅に呆気にとられて写真の私ポカン顔でしたが黄色ずくめ姿よく似合ってたと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 12:09
    > mixiユーザー 
    ピンキーがデビューした時、私はまだ小学生で
    彼女は、ずいぶん大人に見えましたが、
    今、当時の写真、映像を見ると、
    本当にまだ少女ですね。

    >マンハッタン・キス
    Don't disturbの歌いだしから
    グッと来ました。

    あだちーさんは、韓国に仕事で行ったこと
    はありましたっけ?
    ↓でゴールドチップさんもコメしてくれていますが、
    韓国語で、おじさんアジェシとのこと。
    すっとぼけた部長でしたよ(^^:

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 12:45
    > mixiユーザー 
    北尾は、あの黄色いコスチューム、
    革ジャン、サングラスの前に
    たるんだ腹をどうにかしてもらいたかった。
    いくらなんでも、フィニッシュの
    ギロチンドロップ、
    飛ぶ方向を間違えるなよ!
    それで、やり直しをするな!

    >北尾、高木功、泉田
    こう見ると、、曙も含め、プロレス転向した
    力士はその後、ロクな目に逢っていませんね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 12:52
    > mixiユーザー 
     韓国は仕事ではなく、観光で行きました。と言っても、ソウルのロッテワールドと明洞周辺です。日本でK-POPが流行った時期でしたが、韓国語は…なかなか覚えられませんなぁあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 12:59
    > mixiユーザー 
    ピンキーは1951年11月1日生まれ、
    「恋の季節」は1968年7月20日に発売ですから、
    16歳でデビュー、その後、ちょっと経って
    17歳になりました。シンシアと同じですが、
    この頃は、女性歌手も、ずいぶん大人びた歌を
    歌っていますよ。
    逆にシンシアの時から「等身大の女の子」
    になった感があります。

    >真っ赤なリンゴを頬張る♪ ネイビーブルーのTシャツ
    ああ、Tシャツが歌詞に出て来る曲で、まだ何かあった、
    と思ったらその「年下の男の子」(昭和50年)でした!


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 13:15
    > mixiユーザー 
    やはり、韓国語で「おじさん」は、
    「アジェシ」でしたか!?
    なら「オッチョンジー」は「なぜか」でしょうね。

    あの部長、本当に韓国に5年いたのかな?(^^:
    それに、なぜか、私も「オッチョンジー」
    =「おじさん」という噂を、その前に
    確かに聞きましたよ。
    ハルクホーガンと直接、お会いしたんですか!?
    それはラッキーでしたね。

    プロレスとTシャツと言えば
    1974年の始め、ビル・ワットがTシャツを着て
    試合をして(テレビ中継された)顰蹙を買いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月09日 13:17
    > mixiユーザー 
    仕事での渡韓はありませんでしたか!?
    わざわざ、レスをどうも!(^^:
    韓国語「オッチョンジー」=日本語「おじさん(おっちゃん)」
    というのはなんか、もっともらしいし、
    そこまで似ていないでしょうね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 00:01
    多岐川裕美は「濡れてさよなら」が有名ですが、この「酸っぱい経験」も良いですね。
    この歌の時はいったい何歳なんでしょうね、多分若いと思うのですがとても大人っぽいし綺麗ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 13:16
    > mixiユーザー 
    う〜ん、
    「濡れてさよなら」は知りませんが、
    この「酸っぱい経験」の後の曲ですね。
    なんとも色っぽい題名です。

    彼女、1951年生まれだから
    この時29歳。女盛りでしたね。
    ということはピンキーと同じ年か!?
    (学年は多岐川の方が一つ上)


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 23:38
    ユーミンの地味なシングル「入り江の午後三時」だったかな?濡れたシャツを絞ってどうしてな、歌を思い出しました。私の中では、だからなんなのな歌ですが(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月10日 23:45
    > mixiユーザー 
    >入り江の午後三時
    アルバム「流線形'80』に
    収録されている曲ですね。
    私もカセットで持っていますが、
    辛うじて曲名を記憶している程度でした(^^:。
    ユーミンには他にもありそうですね。
    シンシアには、なかったと思いますが。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月11日 19:08
    まさしくTシャツ(ボーダー)色のシャツの歌が〜わーい(嬉しい顔)

    僕の髪が肩まで伸びて〜二人で買った緑のシャツを、僕のベランダに並べて干そう〜ムード
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月11日 22:15
    > mixiユーザー 
    「酸っぱい経験」はCMソングで流れた時に
    ちょっと良い曲だな、と感じました。
    「シャツのボタン、二つ外した」
    というフレーズも印象に残っていましたよ。
    多岐川裕美、女優だから、
    まぁ歌は上手くはありませんが、
    鑑賞に耐えられると思いますよ。
    ‘70年は、モデル出身でもっと下手な人が
    レコードを出していましたからね(^^:。
    そういえば、今は女優、モデルがCDを
    出さなくなりましたね。
    というか、、女性歌手は、
    みなAKB系のような気がします。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月11日 22:39
    > mixiユーザー 
    そう!そう!
    拓郎の「結婚しようよ」にもありましたね!?
    次の「旅の宿」は、
    シャツではなく、「浴衣」になりましたが(^^:
    これで、シャツの色は
    「青」「黄色」「緑」が揃いましたね。
    「赤」はないのかな?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月11日 23:39
    > mixiユーザー 
    石原裕次郎も、歌手として
    ヒット曲を出しましたが、
    普通の歌番組には
    出ていなかったと思います。
    そこは、やはり一線を引いていたんでしょうね。
    レコード大賞も、どんなにヒットした曲でも
    石原裕次郎や加山雄三には
    ノミネートさえしませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月11日 23:43
    天地真理の「恋と海とTシャツと」を取り上げていただき、ありがとうございます。
    確かにこの頃から「ああ、もう歌うテーマがなくなってきたんだなあ。」と思わせるようになりましたね。
    最後の名曲で、且つクリーンヒットは「想い出のセレナーデ」ですね。

    あれから半世紀近くが経とうとしていますが、僕の好きな女性のタイプの基本は変わってないなあ、と思います。
    アイドルの光と影をすべて体現してみせた彼女には幸せになってもらいたかったですが、最近のたまに聞く近況も切ないですねえ。

    そう言えば最初に何故アレを「Tシャツ」というのか、姉から説明を受けた気がしますが、「T」にしては縦棒が太いですよね。
    袖だって微妙に下がっているし。
    ただの綿シャツ(ほぼ下着)をファッションとして呈示してみせる、ファッヨン業界得意の「言い換え」だったんでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月12日 12:24
    > mixiユーザー 
    この曲の後、9月リリースの「
    想い出のセレナーデ」の方がヒットして
    4位まで行ったんですね。これが最後の
    オリコン10位内
    ただ、この曲は記憶にないんですよ。(^^:

    TシャツがTの字なら、Yシャツはもっと袖が
    上がっていなければならない
    と言っていた人もいました。(苦笑)
    関西では、カッターシャツと呼ぶんですね。
    私は「買ったあシャツ」だと思いましたよ。

    Tシャツも最初は、下着の半袖シャツに
    ちょっとワンポイント、絵が付いている程度
    でしたね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 11:27
    > mixiユーザー 

    赤いTシャツじゃなく、色あせたTシャツはありますよ。
    口紅ついて赤くなったかもわーい(嬉しい顔)

    Tシャツに口紅
    https://www.dailymotion.com/video/x482j8o
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 11:30
    あと、赤いビキニが透けて見える濡れたTシャツも目がハート
    https://youtu.be/Q_VCvf-sz9M
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月14日 21:21
    > mixiユーザー 
    キョンキョンの「まっ赤な女の子」でしたか!?
    80年代以降は、もうTシャツが
    当然のアイテムになりましたね。

    また彼女の歌は、「艶姿ナミダ娘」「ヤマトナデシコ七変化」
    「なんてったってアイドル」
    と目を引くタイトルが多かったですね。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月15日 22:39
    ピンキーとキラーズがデビューした当時では、今までにないグループ性とモダンな曲だなぁ〜♪と感じましたよ〜(^_-)-☆

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
忍者モード登場!