ホーム > mixiユーザー(id:4597260) > mixiユーザーの日記一覧 > 七郎、七平、万七親分〜八百屋お七〜

mixiユーザー(id:4597260)

2019年10月08日22:42

94 view

七郎、七平、万七親分〜八百屋お七〜

〜三ノ輪といえばコロッケパン〜アニマルと言えば渡辺

名前シリーズ、今回は七郎。
しかしながら、七郎とか七が付く名前は少ない。
「○七」さらに女子の名前も含める。
あと、七だけでは話が続かないので、他の話題も入れる。

あせあせさすがに、男の七番目って、ちょっといないなぁ。
「おそ松くん」だって6人兄弟だし、「アニマル1」も
男兄弟は6人まで。

電球七郎で思いついたのは作家の深沢 七郎だが、
読んだことはない。(^^:

ペン山本七平という評論家はいるね。
って、何気なく著書(訳本を含む)を3冊持っていた。
フォト
いずれも1982〜86年頃買ったモノで、
あまり内容は覚えていないけれど(苦笑)。
WIKIを見て知ったのだが、この人、三軒茶屋生まれか!?
(当時は、世田谷区成立以前)

あと、小学生の時に見ていた大川橋蔵主演の
テレビドラマ「銭形平次」に出て来る、岡っ引き
「三ノ輪(みのわ)の万七親分」。
遠藤 太津朗が演じていた。
↓の画像、左の人物。
フォト
役どころは、態度は大柄だが、抜けている。
平次にやたらと対抗心を燃やし、手柄を上げるために、
よく無実の町民を不当逮捕する、しかし
なぜか憎めないキャラだった。

平次は万七を「みのわの」と呼んでいたが、
この「みのわ」という言葉が、当時分からなかった。
20歳頃、日比谷線を利用するようになって初めて、
台東区にある地名と知った。
上野→入谷→三ノ輪→南千住→北千住

と言っても、その時、下車したことはない。
ちなみに「入谷」と言えば、「恐れ入谷の鬼子母神」
という言葉は知っていた。

後年、1987年の秋、三ノ輪に行く用(私用)ができた。
駅から降りて、目的地が分からないので、パン屋に聞いた。
パン屋といっても道路に面してショーウインドウがあって、
その上から店の人が顔を出しているタイプの店。
フォト
だから聞きやすかったのだが。

用が終わり、先ほどのパン屋を見たら、
「テレビの番組で紹介されたコロッケパン」
と張り紙があったので、お礼も兼ねて買い食いした。
今、「三ノ輪、コロッケパン」で検索すると
「青木屋」と出て来る。
写真を見ると私が買ったところと同じタイプ。
おそらくその店だったと思う。
コロッケパンは、さすがに美味かった。
フォト
付近をぶらつくと、
都電荒川線の始発駅「三ノ輪橋」があった。
帰りは、遠回りになるが、その荒川線に乗った。
都電に乗ったのは、初めてで、今のところ最後だった。
終点の「早稲田」まで乗ったんだろうな。
そこから高田馬場(地下鉄で1駅)→新宿→小田急で
経堂までで帰ったのかな?

しかし、「三ノ輪」も万七親分のせいで、
イメージが悪くなったのでは?
阿佐ヶ谷の「どくだみ荘」と同じようなものだな。
フォト

岡っ引きで、「○七」が付くのは、
『半七捕物帳』が最初かな?
「赤胴鈴の助」には、「こけしの平七親分」
も出て来る。
フォト

手(パー)話は変わって、今週は、
ノーベル賞の発表ウイーク。
文学賞は、村上春樹が貰えるかな?

目漫才師では
「B&B」の島田洋七(左画像)。とにかく機関銃の
ような喋りで、1980年頃の漫才ブームでは、
ビートたけしや、島田紳助以上の人気を誇った。
実際、この二人が「洋七には敵わない」
と言っていたらしい。

漫才ブームが去ってからも、作家として
「がばいばあちゃん」が大当たりした。
今、どうしているんだろ?

目ウルトラセブン
から、見ていないんだよね。

↓のセブンは「7時」という意味だし(^^:
位置情報セブンにもバスクチーズケーキ登場! 
ローソン「バスチー」と食べ比べてみた
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=5818622

乙女座女性の名前では、
「7」とは関係なく「ナナ」という名前はあるね。
木の実ナナとか、岡田奈々とか。

七瀬という女性の名前は
相川 七瀬とかいるけれど(先日、マイミクさんの日記で思い出した)
これ、筒井康隆の「家族八景」に出て来る超能力を持った
少女が最初なのでは?
相川の七瀬は芸名。

手(パー)先に挙げた川崎のぼるのアマレス漫画「アニマル1」では、
フォト
主人公の東一郎(中一)から、一歳ずつ、弟が生まれ
小学2年の六郎までいて、最後、妹が「ナナ子」
母親はナナ子が生まれ、すぐに亡くなり、ナナ子は小学1年生に
して家事をこなし、6人の兄と父親から「お袋さん」と呼ばれている。

この漫画の題名になった「アニマル」と言うのは、
アニマル浜口ではなく、1964年の東京オリンピックレスリング
金メダリストのアニマル渡辺から付けられたのだろう。
昨夜の日本テレビ「月曜日から夜ふかし」で、普通に道で
インタビューされた老人がアニマル渡辺その人だったのは
驚いた。Tシャツにカンカン帽で、どう見てもただのオッちゃんだったが。

ペン蛍三七子
1972年、ちばてつやの短編(2週連載)
この時、「あしたのジョー」も連載中だったと思うが、
特別に描いたんだろうね。
しかし、なぜ「みなこ」に「三七」を当てはめたのか、不明。
この年、少年マガジンが通算700号を出したのに関係があるかな?

ちなみに、ちばてつやの実弟で、漫画の原作者は七三 太朗(なみ たろう、

欧米ではラッキー7というように、「7」は縁起のいい数字だが、
日本ではそうでもないみたい

八百屋お七とかあるからね(右画像)

七の付く名前は少ない。
次回の八郎は沢山あるのだが。




19 22

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月08日 22:58
     銭形平次は毎週みていたので、三ノ輪の万七親分、懐かしいですが、三ノ輪は毎日利用している日比谷線の駅でもあり、歩いて帰宅する時に通る街でもあります。
     と言って、何があったかは…駅前のドトールに入ったぐらいです(^^;

     相川七瀬は、ミリオンヒット『恋心』の他にも、『夢見る少女じゃいられない』などアクティブな曲が多いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月08日 23:03
    七って本当に少ないですね。私の知っているななこは、藤田菜七子、女性ジョッキーです。女性初の重賞勝利、さらなる勝利が期待されています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月08日 23:11
    三ノ輪のパン屋さんですが、店のタイプは違いますが、母親がやっていた店に似ています。
    昭和っぽいので好きです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月08日 23:25
    > mixiユーザー 
    あだちーさんも「銭形平次」見ていましたか!?
    人気長寿ドラマでしたものね。
    三ノ輪の万七親分、良い味を出していましたね。
    その時、将来、その三ノ輪の町を歩くことになるとは
    予想できなかったでしょうね。
    「青木屋」を見つけたら、そこのコロッケパン、
    試しに食べてみてください(苦笑)

    相川七瀬は、よく知りませんが(^^:
    七瀬と言う名前を見た時、筒井康隆の小説を
    思い出しましたよ。
    今、AKB48に西野 七瀬という娘もいるようです。
    七瀬で検索すると、最初に出て来ます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月08日 23:32
    > mixiユーザー 
    七は日本では縁起の悪い数字ですからね。
    八は良い数字で、それに「ひとつ足りない」
    の意味もあるとか。
    ただ、女の子の名前で「ナナ」は可愛いですね。
    まぁ岡田奈々は、酷い目に合いましたが(^^:
    藤田菜七子さんも本名でしょうね。
    ナナを「菜七」に当てはめたんでしょう。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月08日 23:37
    > mixiユーザー 
    タロさんのお母さんも、こういう店を
    出していたんですか!?
    三ノ輪の青木屋は、今でも、
    こういう佇まいのようです。
    下町には、まだこういう店が残っているんですね。
    昭和ぽいパン屋のコロッケパンと言うのが、
    また風情があって良いですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 00:22
    アニマルウォリアーの初来日相手が、浜口でしたよね?目
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 08:15
    日比谷線三ノ輪は若い頃行ったことあり、台東区入谷にうまいラーメン屋があると聞き、そのついでに時間潰しにたまたま立ち寄ったのが駅近くの図書館で、読書が趣味だったしたまたま見付けたのが力道山刺殺事件が書かれた本でじっくりと読みました。あと三ノ輪といえばあの吉原近くで、この時の私は鶯谷駅近くのビジネスホテルに何泊かしたんですが、三ノ輪や鶯谷駅見てたら高級車にスーツの男性が後部ドア空けて客を送迎する姿を何度か目撃して、いかにもソープにいくのが丸わかりでしたが、通常の出来事のようでした。鶯谷駅周辺は怪しげなホテル多くて、アベックもいればホテヘルなどの風俗にも利用されてる感じと、鶯谷駅近くには大きなキャバレー店もありましたが今は潰れてないですが、都内いろいろと訪れての想い出話です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 11:57
    アニマル渡辺って、覚えてる人いますか?(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 12:07
    > mixiユーザー 
    ロード・ウオリアーズ、日本での第一戦は
    アニマル浜口とキラー・カーンで、
    アニマル対決だったんですね。
    外様のジャパン軍団をぶつけるとは。
    まぁ体格で引けをとらないカーンと
    元気の良さでアニマル浜口が
    選ばれたんでしょうね。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 13:16
    ナナという名前の女性で僕が好きな人は作家の塩野七生(ナナミ)です。手(パー)
    イタリアの歴史ものもやや辛口のエッセイも好物でして、ときおり読み返しています。

    万七親分というのは忘れていましたが、もしかしたら男一匹ガキ大将の万吉親分はそこから持ってきたのかもしれないと思いました。

    そして蛍三七子❢
    昔のKCコミックスを未だに大事にとっています。
    当時の自分にとってあのおねえさんは高原由紀と双璧の漫画界のクールビューティーでした。ウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 22:03
    7で真っ先に思い浮かんだのは「七瀬ふたたび」です。
    大学生の時、何かの雑誌で大学生は筒井康隆を読みまくらなければならないみたいな特集があって読みまくりました。
    その中でお気に入りだった小説です。
    ドラマ化もされましたが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 22:25
    > mixiユーザー 
    地図で見ると三ノ輪駅のそばに
    根岸図書館がありますね。

    三ノ輪駅は台東区ですが、私の目的地と青木屋は
    荒川区にあったようで、で、今、地図を見ると結構、
    北の方向に歩いています。
    鶯谷は南の方向で逆でした。
    帰りに荒川線「三ノ輪口」があったことを考えると
    を方向的には、それであっていたと思います。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 22:31
    > mixiユーザー 
    私も、リアルタイムでは見た記憶はありませんが、
    名前は知っていましたよ。
    先日の「月曜日から夜更かし」の街頭インタビューでは、
    「私は金メダルを取ったんだよ!」
    という老人が応えて、またオカシナ人が
    出てきたと思ったら
    (実際に変なひとがよくトンチンカンな回答をする)
    本物のアニマル渡辺と判明し、小パニックを起こしましたよ。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 22:56
    > mixiユーザー 
    >塩野七生
    名前だけは聞いた覚えがあります。
    「七生」は、本名で7月7日生まれで
    あることに由来しているとか。

    蛍三七子はご存知でしたか!?
    私、この漫画は、高校一年の秋、
    文化祭の実行委員をやって、毎日夜遅くまで
    仕事をして、くたくたになって下校の途中、
    千歳船橋のラーメン屋で読みましたよ。
    それがとても印象に残っています。
    三七子は、ちば漫画によく出て来る
    気の強い女性ですね。
    主人公の男と喫茶店でコーヒーを飲むシーン。
    男はクリームを入れますが、三七子は砂糖さえいれません。
    「甘いのが好きではない」と。
    兄の話になって、
    男「ははは、君のお兄さん、ずいぶん子供ぽかったんだね」
    三七子「・・・精神薄弱だったのよ」
    たしか、そんなシーンもあったと思います。
    単行本は持っていないので記憶だけで書きましたが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 23:09
    > mixiユーザー 
    「家族八景」では、主人公の名前は出て来ませんが
    「七瀬ふたたび」で、この名前が知れ渡った感があります。

    >何かの雑誌で大学生は筒井康隆を読みまくらなければ
    >ならないみたいな特集が
    そんな特集があったんですか!?
    私の学生時代でも、ハマっていた奴はいて
    そいつに影響され、私も読みました。
    テレビドラマは、最初のモノ(’79年)は
    七瀬役を多岐川 裕美が演じたんですね!?
    この小説、77年には赤塚不二夫が
    漫画化しているんですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 12:54
    私が若い頃に、毎年5月頃と7月と12月のボーナス時期には、東京へ車で行き、当時では電気街かラジコン店とかがあっただけの秋葉原でしたけど〜、ラジコンカーを買いに秋葉原とかその近くに点在していた関西系の大手ラジコン通販店の支店巡りとかして〜帰りにはいつも4号線を帰路に向かうと〜【三ノ輪】と言う地名カンバンを良く目にしておりました〜目

    七郎と名のつく人が如何に少ないものかが、わかった感じでするんるん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 15:40
    時代劇だと松平長七郎、
    大河ドラマだと織田信孝、幼名三七、通称三七殿がメジャーなところでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 20:55
    > mixiユーザー 
    4号線は、大学生の時、
    私も草加〜越谷あたりを
    よく自転車で走りましたよ(苦笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 21:00
    > mixiユーザー 
    >松平長七郎
    「長七郎江戸日記』とか
    『長七郎天下ご免!』というテレビドラマが
    ありましたね。
    里見 浩太朗が主演で、見ていませんでしたが(^^:
    だいたい、私は時代劇と言ったら、
    本文に書いた「銭形平次」を子供の頃、
    親が見ていたので横で見たくらいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 21:31
    > mixiユーザー 
    村上春樹、ノーベル賞候補になって、もう14年になりますか!?
    私は、彼の小説、「1973年のビンボール」とか短編を
    数編読みましたが、
    あまり面白いとは思いません。考えてる顔
    英文学翻訳家が書く文章という感じがします。
    良い意味ではなく英語の言い回しを
    日本語に直したような文体です。

    以前、1980年代の終わり頃、
    家のそばに井上靖が住んでいたようで、
    彼もノーベル賞候補で、その時も、毎年、
    この時期になると
    近所にマスコミが駆けつけていましたよ。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月12日 12:20
    > mixiユーザー 
    ああ、そうでしたか!?
    やはり、感じるモノは皆、同じですよね。
    むしろ英語(欧州語)で書かれた方が
    シックリ行くのかな?
    と言ってもノーベル賞も取れていないし(^^:

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031