mixiユーザー(id:4597260)

2019年03月29日22:04

301 view

昌子が真ん中〜雅子様〜政子のオバサン

〜「マサコ」のアン・トースト、チャコこと白石冬美です〜

先週のニュースで気になったのは、
森昌子が年内いっぱいで芸能界引退「還暦の節目で」
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903250000065.html
山口百恵、桜田淳子との「中三トリオ」を始め、岩崎宏美、岡田奈々、
伊藤咲子らの「花の33年度生まれ」組も、もう還暦か!?
百恵は、とっくに引退(81年)、淳子は色々とあって干されている(^^:

百恵や淳子、宏美も以前、昭和歌謡曲の日記にテーマとして書いたが、
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1389815579&owner_id=4597260
森昌子は取り上げなかった。
まぁハッキリ言って、人柄を良さそうだが、曲が好みではない。
当時、高校生で、シンシアや麻丘めぐみが好きだった私は、
デビュー曲「せんせい」を聞いて、「古臭いなぁ」、
「シンシアやめぐみちゃんが進めた時間の針をなんで戻すんだ!?」
と思ったものだ。(^^:
まぁ、周りの同世代の男子からも「アイドル人気」はなかったなぁ。

と、同時に昭和33年生まれの歌手が、もうデビューしたんだな!
と驚いた。

私の昌子に対する印象とは全く別に、「せんせい」はヒットし、
その年、72年の歌謡大賞新人賞を麻丘めぐみと争うことになった。
ポップスのめぐみか?演歌の昌子か?
実力の昌子か?人気のめぐみか?とも言われた。


当時は、日本歌謡大賞(2名受賞)と、大晦日のレコード大賞
(5名受賞、その中から最優秀一人受賞)があり、
前哨戦の日本の方は、昌子と三善英史が受賞。
麻丘めぐみ、まさかの落選。この時、麻丘の実姉が
会場で「なんでよ!!」と絶叫したらしい。(^^:
それとは別に、「南沙織屈辱の花束嬢事件」もあり、
さらに特筆すべきは、後々に受け継がれた
「新人賞を受賞した女性歌手が、感極まって歌えなくなる」
というハプニングを、昌子が起こした。
https://www.youtube.com/watch?v=uehdcw2fn08

まぁその後は、ヒット曲では、百恵や淳子、宏美に
追い越されたが、(彼女、オリコン1位がない。
最大ヒット曲が「せんせい」で3位
そこは、シンシアの「17才」と同じ)
実力はあるので、息が長い歌手になったね。
中三トリオで並ぶときは、やはりデビューが先で、
栄えある「スター誕生」優勝者第一号ということで
彼女がたいていセンターだった。
フォト
お疲れ様。

手(パー)ということで、残りは、「まさこ」が付く女性のことを書こう。
「まさこ」で思い浮かぶ有名人というアンケート結果がネット上にあった。
http://www11.plala.or.jp/fumin-column/quiz2/gogo43/q2.htm

1位が同率で2人、「雅子様」と北条政子。
2位が(こういう場合3位だろ?)の夏目雅子(中央画像)。
彼女は若くして(28歳)、白血病で亡くなったことで、
却って根強い人気がある。
1957年生まれ、この学年は、アイドル歌手豊作の58年に比べ、
歌手より女優に多い。
72年に当時、中学2年の栗田 ひろみがブレイクしてから、
大竹 しのぶ、泉 じゅん、星野 知子、名取 裕子、木之内 みどり、
かたせ 梨乃、松居 一代、かとう かず子、松原 千明らが
続々と脚光を浴びた。

3位が、もたいまさこで、4位が森昌子か!?

5位の野沢雅子は知っているが、
同率の小原正子って分からなかったが、「クワバタオハラ」の一人ね!
以下、勝生 真沙子、後藤 真砂子、池田 昌子、伊藤 まさこ
このあたりの人は声優とか、私の管轄外だな。

私が女性の声優で知っているのは、
白石冬美くらいだ。
それも、1970年代人気があったラジオの深夜放送
「金曜パック」でチャコと称し、ナッチャンこと野沢那智と
コンビを組んだ「ナチチャコ」パック。

位置情報■声優の白石冬美さん死去 「巨人の星」の星明子、「機動戦士ガンダム」のミライ、
パタリロ、怪物くんなど
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=258&from=diary&id=5559474

「ガンダム」もパタリロも怪物くんも、見たことがない(^^:


10位の進藤晶子(アナウンサー)、写真を見たら思い出した。
下の名前までは気にしなかったが、晶子と書いて、「まさこ」と読むんだな。。
普通「あきこ」だろ?与謝野 晶子とか、、

6位位の大屋政子(右画像)
この人は、’80年代、大ブレイクした。帝人の社長夫人、
大資産家でありながら、派手な衣装と甲高い声で、
「うちのおとうちゃんが」が口癖、いかにも大坂のオバちゃんという気がした。
元々、代議士の娘→父親死亡で没落→歌手→帝人の社長と不倫、
略奪婚して、セレブになったのか!?
なんか晩年は騙されたりして、また没落したらしい。

歌の題名や歌詞に「まさこ」が出て来る曲も
思い浮かばなかった。
芸名で「まさこ」と付ける女性タレントも少ないのでは?
森昌子も夏目雅子も、「まさこ」は本名だし。

手(パー)ランク外で、私は「まさこ」と言えば、
下北沢にあったジャズ喫茶コーヒー「マサコ」を思い出す。
フォト
初めて行ったのは高校3年の74年だったと思う。
フォト
それから、東京を離れても、時々、帰京した際にはよく行った。
別にジャズが好きなわけでもない。
漫画本や雑誌が豊富に置いてあったからだ。
フォト
店名は、初代オーナーの名前「奥田政子」から。
フォト
この人、84年に亡くなって、常連客から共同経営者に
なった男性が継いだが、2009年9月に閉店。
https://shimokita.keizai.biz/column/10/

閉店の直前に行って来た。その時の日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1290534691&owner_id=4597260

この店のメニューに「アン・トースト」があった。
「あんこ」を乗せたトーストで、
フォト
最初に見た時は「うえ!?と思ったが、
よく考えれば「アンパン」と同じ。

80年代に名古屋には「小倉トースト」なるものがある!
と話題になったが、私はこの店で、知っていた。
マサコさんが、名古屋出身かどうかは知らない。
フードメニューはパン類だけ。
私が同店でよく食べたのは「トースト+ゆで卵+コーヒー」のセット、
フォト
つまりよくある「モーニングセット」だが、これが一日中オーダーできる。
確か、90年代で、450円くらいだったと思う。

だいたい、喫茶とはいうものの、客は時間帯にもよるが、
アルコールビールを飲んでいた人が多かった。

目【昌子】という名字があるのに驚いた。
https://web.gekisaka.jp/player/?24013-24013-eup&code=shojigen
読みは「しょうじ」だが。








24 21

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月29日 22:08
    あんトーストは、トーストの香ばしさとバターとあんこの甘じょっぱさがマッチして美味いですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月29日 22:30
    > mixiユーザー 
    「マサコ」の「アントースト」は
    食べたことがありませんが、
    コッペパンで「つぶあん&マーガリン」
    は美味しいですよね。
    私、普通の饅頭より好きです。最近はカロリーを
    気にして食べていませんが(^^:

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月29日 22:35
    まさこかあ。 子供の頃、一個下の雅子ちゃんが隣に住んでいて、マコちゃん、マコちゃんで仲良く遊んでました。そんなんで、けっこう甘酸っぱい思い出のネームです。

    で、まさこの大御所と言えば、旦那が築いた政権、鎌倉幕府を乗っ取ったこの人をおいて他にはないと思います。 北条政子 ^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月29日 22:55
     森昌子は、花の中三トリオでは抜群の歌唱力と思いましたが、他の2人に比べ、ヒット性は乏しかったですね。歌謡曲とも演歌とも言えない感じが、今一つだったのではと思います。後年、演歌路線に走りましたが…。

     大学時代、物理実験で『〇〇正子』と言うインストラクターがいて、結果の報告で誤差を考慮していないとガミガミ怒鳴られました。あだ名は「誤差ババア」あせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月29日 22:59
    > mixiユーザー 
    昌子、晶子と書いて「あつこ」とは読めませんね。
    昌は,盛ん」とか「美しい」
    https://kotobank.jp/word/%E6%98%8C-530382

    晶は、「キラキラ輝く」の意味だそうです。
    これはやはり日あ三つで、非常に輝くということでしょうね。
    https://kotobank.jp/word/%E6%99%B6-530411
    「晶」一字で「アキラ」という女性の名前がありますね。
    川口晶、北斗晶。
    しかし「昌」「晶」PCの画面では、一瞬、同じ字に見えました(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月29日 23:04
    > mixiユーザー 
    幼馴染の「マコちゃん」ですか!?
    マコといえば、
    「愛と死をみつめて」
    のマコは、真(まこと)という男性でしたね。
    今また「まこ」様が話題になっていますが。
    そして、5月から雅子様が皇后ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月29日 23:09
    > mixiユーザー 
    森昌子はの歌唱力は、万人が認めるところですが、
    ヒットと賞には恵まれませんでしたね。
    たいていの歌手は、オリコン一位の曲が、
    浅田美代子でさえあるのは、彼女は3位が最高位でした。
    それもデビュー曲だから、ずっと下がり目ですね(^^:
    歌が上手い、という称号も岩崎宏美に
    後年取られた感があります。

    「時差ババア」ですか!?(苦笑)
    私の小学校の音楽の女教師「ニンジンババア」と
    良い勝負です。(^^:

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月30日 10:37
    昌子と言う名前の女性は、知り合いに二人いて、一人はとてもいい人ですが、もい一人は、最悪でした。最悪な方の思い出が文字と共に戻って来て困りものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月30日 12:40
    > mixiユーザー 
    私も、高校時代に、「昌」が付く
    気に食わないクラスメートがいましたよ。がく〜(落胆した顔)
    彼以外に「昌」のつく人は、見の周りには
    男女とも思い浮かびませんがね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月30日 14:44
    今思い出すと、私も森昌子はあまり感じるものがなかったです。やはり歌のジャンルが興味なかった。しかしおじさん世代には支持されてたかもしれません。あの時代は演歌もヒットしてましたから。実力派なのは間違いないですね。
    むしろマサコときたら夏目雅子ですね。女優界でも屈指の美女だったと思います。身体もムチッとしていて水着も似合いました。東京女学館なんですよね。早世が惜しまれます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月30日 20:58
    > mixiユーザー 
    失礼ながら森昌子の「せんせい」は、売れないだろう。
    と思いましたよ。
    少なくとも、私の世代の男子高校生のアイドル人気は
    ありませんでした。あせあせ
    その時は、シンシア、麻丘めぐみに次いで、小林麻美、
    というスレンダーな美少女歌手もデビューしましたしね。
    ♪せんせい、せんせい♪と口ずさんでいる奴はいましたが、
    冷やかしみたいなもんです。
    彼女と同世代か下の女の子に支持されたのかな?

    >夏目雅子
    デビュー時は、CMの「クッキーフェイス」が
    キャッチフレーズでしたね。
    私は、「クッキーフェイス」と聞いたら、
    なんだか凸凹した顔を思い浮かべましたが(^^:、、
    その後、瞬く間にスターになり、伊集院静と
    結婚したと思ったら、儚く逝ってしまいましたね。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月30日 23:52
    森昌子さんは、我が栃木県出身だと言う。子供の頃に引っ越してしまったのですがねぇ〜(@^^)/~~~
    「越冬つばめ」なんかは〜良い曲ですなぁ〜〜カラオケるんるん
    森進一との間に出来た3人の子供たち。家で呼ぶ時には「1番」「2番」「3番」と生まれた順に呼ぶそうなぁ〜〜wwあせあせ

    夏目雅子さんと言うと〜何と言っても「時代屋の女房」と「鬼龍院花子の生涯」でしょうねぇ〜〜カチンコ映画るんるん
    一番綺麗な時に亡くなったのは、本当に惜しい女優さんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月31日 00:07
    > mixiユーザー 
    >越冬つばめ
    1983年、昌子さんが25歳の時に曲。
    やはり、演歌歌手は、20代半ばから
    脂が乗りますね。

    >森進一との間に出来た3人の子供たち
    その内、長男は、ジャニーズ事務所に入り
    NEWSのメンバーになるも脱退。
    通っていた高校(慶應)も中退して、どうすんだろ?
    と思ったら、ロックバンドONE OK ROCKに加入。
    結構、活躍しているそうです。
    やはり、音楽的素養は受け継いでいるんですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月31日 00:54
    森昌子はヒット曲が多いイメージがありますが、3位が最高と聞き驚きました。

    どうでも良い話ですが、同級生で昌子という名前の子がいて、結婚して森昌子になって驚きました。
    逆に桜田淳子という名前の子も居たのですが、彼女は結婚して姓が変わってしまい残念でした。

    皇太子様と雅子様が結婚してすぐに2人を見たのですが、雅子さまがあまりにも綺麗で見惚れました。
    こんな綺麗な人が実際に存在するのかとただただ驚くばかりでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月31日 09:47
    花の中三トリオと同年代ですが、スター誕生以外思い入れがありません。淳子・百恵ほど花がなかった。
    北条政子というと岩下志麻さん。あのキリッとした顔が、政子にぴったりでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月31日 12:33
    > mixiユーザー 
    >3位が最高と聞き驚きました。
    私も、ちょっと意外でした。
    「せんせい」3位→「同級生」4位→『中学三年生』3位
    ここまでは覚えていますし、ヒットもしましたが、
    その後1973年に入り「夕顔の雨」とかは記憶にありません。

    桜田淳子、アグネス・チャン、浅田美代子、山口百恵が
    デビューして女性歌手も大変な戦国時代になりましたからね。

    私の知り合いに松本明子という真面目な女性がいましたが、
    バラドルの松本明子がブレイクして、迷惑がっていましたよ。(苦笑)

    雅子様は、ハーバード大学、東大、外務省という
    華々しいキャリアを持っていて、将来の皇后に相応しい方だと
    思いましたが、色々と苦労があるようですね。もうやだ〜(悲しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月31日 12:59
    > mixiユーザー 
    まあちゃんのパパさん の学年は、
    中三トリオ以外にも、岩崎宏美、伊藤咲子、
    岡田奈々と同学年のアイドルが
    中学〜高校時代に続々とデビューしましたね。

    森昌子は、「スター誕生」の第一回優勝者&
    新人賞を受賞したので、あの番組にとっても、
    功労者だったんでしょうね。

    >北条政子というと岩下志麻さん
    というと、NHK大河ドラマ『草燃える』ですか?
    見てはいませんでしたが、
    ピッタリな配役ですね。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月01日 10:00
    森昌子、今、彼女の姪で現在8歳の「まーちゃん」っていうキャラを演じて、コンサートとかでコントを繰り広げててるみたいですね。
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-162685/

    結構、ハチャメチャみたい。

    森進一と結婚した時は正直、びっくりしました。わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月01日 17:13
    > mixiユーザー 
    >彼女の姪で現在8歳の「まーちゃん」
    はて、森昌子は、一人っ子だと思い、
    また8歳の姪というのは、若すぎると思ったら、
    本人が変身した姿でしたか!?
    この姿はどこかで見た記憶があります。
    かなり弾けていますね。わーい(嬉しい顔)

    ,森進一は
    大原 麗子と結婚し離婚した後でしたね。
    昌子は、森進一と結婚した後
    レコードを出さず、実質、身を引いた
    状態だったようですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月07日 10:52
    小学校の時、クラスのマドンナが雅子さんでした。
    美人で、頭が良くて、運動神経があって、人に優しく、まさに女神のような人でしたが、四十代で夭逝しました。
    残念でなりません。
    もっとフォークダンスで手を繋ぎたかった。
    マジで。

    僕は歌手は勝手に辞めてはいけないと思っています。
    その人の歌を聴きたいという人がいる限り、歌い続けるのが彼らの使命だと思います。
    一番悔やまれるのがちあきなおみですが、これはもうどうにもならんようですね。

    森昌子は確かに上手かった。(他がヘタだった?あせあせ
    彼女の、小柳ルミ子の「恋の雪別れ」は、当時の歌手がやるものまねでは最高レベルのものでした。
    ただこの人、けっこうおちゃらけてるようで、「レコ大」会場から「紅白」への移動の車内で、付け睫毛がズレていないか確認を求めるちあきなおみに、ろくに見もしないで「ああちゃんとなってますよ」と適当に言っといた。
    と後に発言しています。
    後輩として、いや人としてどうなんだこの人は!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月07日 13:56
    > mixiユーザー 
    マドンナの雅子さん、四十代で夭逝?
    まさしく佳人薄命ですねがく〜(落胆した顔)

    >は勝手に辞めてはいけないと思っています。
    うむ!一理ありますね。
    歌手の歌は、本人だけではなく、ファンのモノでもありますからね。
    スポーツ選手は「体力の限界」がありますが、
    歌手の60歳なら、まだいけるでしょう。

    後で、ちあきさんに怒られたのかな?(^^:
    シンシアは、デビューした年、やはり体調不全で、
    レコ大」会場から「紅白」に駆け込み、トップバッターで
    自分の歌を歌い終え、楽屋で寝ていたら、
    某先輩に「新人は、出番が終わったら、先輩の応援をしなさい!」
    と駆り出されたそうです。その先輩は誰か?
    まぁ和田アキ子だろう?というのが一般の意見です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年03月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31