mixiユーザー(id:4597260)

2018年06月08日22:31

602 view

追悼・土山しげる〜謎のトースト定食〜食い物漫画

〜孤独、極道、野武士、荒野、食の軍師〜
あまり話題にならなかったが、5月24日にグルメ漫画家の土山しげるが
亡くなった(享年68)。今、話題の紀州のドンファンと同じ命日になった!

改めて調べると志村けん、ばんば ひろふみと同じ1950年2月20日 生まれ。
2月20日に生まれたのは、長嶋茂雄、アントニオ猪木、石川啄木、
シドニーポワチエ、バディーロジャーズ、天才が多いな!

このバディ・ロジャーズが近代アメリカプロレスを作ったんだよなぁ。
フォト
梶原一騎のプロレス漫画を読むと、弱くてずるいチーズチャピオン、
ゴッチに控室で殴られた卑怯な男として描かれているが、
昔、’50年代の古いフィルムを見たが、とにかく恰好良い!
ジャイアント・馬場が「史上最高のレスラー」と評している。
猪木と同じ誕生日とは奇遇だ。

あせあせおっと!話が逸れたので、本題に戻すと、
私は、土山しげるの漫画を2004年〜09年に、週刊ゴラクで
連載した「喰いしん坊!』で知った。
これは、大食いを職業としているフードファイターを
描いた作品だが、食い物が出てくると、やはり目が行ってしまう。
それに彼の絵柄がキレイだからね。
最後は、主人公を始め、世界中からフードファイターが
台湾の財閥が主催した「喰輪杯(クイリンピック)」という大食い大会に
出場し、大食い世界一を争った。テレビ東京の「大食い番組」以上の
スケールの大きさ。漫画だから何でも描ける。
ただ「「喰いしん坊!』というタイトルはどうかな?
最初は、こういうストーリーの予定ではなかったのかも知れないが。
「大食い番組」も一頃に比べると少なくなった。
その中でもギャル曽根は、タレントとして生き残っているけれど。

手(パー)彼の連載中の漫画は、後述するが
「別冊漫画ゴラク」の「荒野のグルメ」と週刊大衆の「東北めし!」だが、
こちらはあまり読んでいなかった。

他には(連載終了)、刑務所の中で囚人たちが娑婆で
食べた食事を語り合う「極道めし」(左画像)。

別に、元極道者だけが、出て来るわけでもないんだが。
これは、食い物の話と合わせ、なんで犯罪を犯したのか?
とかいうシーンも描写されている。
刑務所の生活を描いたのは、花輪 和一の「刑務所の中」があるが、
この漫画も所内で出された食事を細かく描写している。
2ページ見開きで、その献立だけ描いたページがあった。
フォト

ペン「野武士のグルメ」と『荒野のグルメ』
この2作は、ちょっと主人公のキャラが被っている。
どっちも小太りのオッサンで、前者は定年後、暇を持て余し
散歩中に、商店街でオデンをつまみ食いしたり、喫茶店で
ホットケーキをオーダーしたら、やたらとクリームとフルーツが
多くて当惑したとかそういう話。(WEBマガジンの『幻冬舎plus』連載、
私は「極道めし」と合わせ、図書館の単行本で読んだ)

特に、印象に残っているのは、某喫茶店の「トースト定食」(中央画像)。
主人公もどういうモノか知らずに、頼んだ。
フォト
そしたらミニカレーライスとトースト&コーヒーのセット、
どう食って良いのか?悩む。
フォト
実際に食いにくい。
どうしても、食うなら、最初にカレーライスだけを食べて、
それからトースト&コーヒーだな。

しかし、カレーライスとトーストで「トースト定食」
というネーミングもオカシイわな。

私は、某所で「コーヒー定食」という看板を見て不思議に思った。
コーヒーコーヒーに飯と味噌汁が付いたものなのか?
よく見れば「コーヒー・定食」で、なんのことはない。
「コーヒーと定食の店ですよ」ということだったあせあせ
一時はどうなることかと焦ってしまった。

後者の「荒野」は、まだ現役の営業部長。
ただグルメというより「酒」のウエイトが大きい。
たいてい仕事の後に小料理屋に寄って一人で料理をツマミながら
酒を嗜む。「酒の細道」的趣向が濃い。
フォト
これは「別冊・漫画ゴラク」に2015年から不定期ながら
連載されていたんだよな。

そして、共に原作は、あの「孤独のグルメ」と同じ久住昌之。
フォト
だから、そのテイストが濃い。

それにしても、「孤独のグルメ」は、作画の谷口 ジローも
2017年の2月に亡くなった(享年69)。

今、久住のグルメ漫画を描いているのは、元々のパートナー泉 晴紀、
彼と久住のコンビ名で泉 昌之名義。
週刊漫画ゴラクに「食の軍師」を不定期ながら連載しているが
私は、結構好きだ!

トレンチコートとソフト帽姿の主人公、本郷、一見、渋いが
やっていることがズッコケている。勝手にライバル視している
力石との絡みが面白い。

そして、本郷の脳裏に登場して、食の進め方を
助言する諸葛孔明風の「食の軍師」(右画像)
これ、彼等の初期作品「格好良いスキヤキ」(83年)に
でて来るキャラクターが元なだよな。
フォト
これも昭和のテイストが満載だった
■もうすぐ新元号。その前に昭和を振り返ってみたら……
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=176&from=diary&id=5146401


で、この「食の軍師」もドラマ化されていたんだな。
フォト
知らなかった。(^^:





18 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月08日 22:39
    > ミニカレーライスとトースト&コーヒーのセット
     どちらか一方で良いです(笑)ライスにパンなんて…(*_*)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月08日 23:03
    山田うどんで「カレーライスとそば」というセットがありました。これは普通に食べられました。けっこういけます。
    しかしトーストとライスはきついですね。合わないというか、しつこいですよね。この組み合わせはいまだに食べたことありません^^;;

    ただし学校の給食でパンとごはん物がでるところあるようですよ。まあ育ち盛りは大丈夫かもしれません。図書館に「変な給食」についての本があって読んだことあります。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月08日 23:15
    > mixiユーザー 
    喫茶店で、友人が昼飯にカレーライスを食ってから、
    「食い足りない!」と言って「トーストとコーヒー」を
    頼んだことがありましたが、一緒に食うのは合いませんよねがく〜(落胆した顔)
    カレーライスとラーメンやウドンなら良くありますが。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月08日 23:20
    > mixiユーザー 
    カレーライスと蕎麦、ラーメンやウドンのセットは、まぁ普通ですね。

    オムレツ専門店のラケルに、「オムライス(オムレツではなく、
    ライスが入ったオムライスですよ!)
    とパンのセット」がありますが
    http://www.rakeru.jp/library/5555c44cb7b74b98060001eb/5a9649a2c927585027be6cf4.pdf
    これも合わない、と思うんですがね。それにポテトまでついている!
    炭水化物が多すぎますよ!(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月09日 02:06
    ゴラクと言えば、銀牙シリーズ、楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)ラストウォーズやけど、外伝の様な形で、狼との絡み出してほしい冷や汗あせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月09日 08:48
    おじ3は何故か【食いしん坊】な割りには〜そういった料理関係の漫画には興味がなくて〜もっぱら食べる事だけでした。
    ですから〜「孤独のグルメ」と言う漫画のある事は何となく知っておりましたが、TVドラマ化されて〜あの松重豊さん主演による いかにも〜美味しそうに食べている様子を時々見てました目
    「味いちもんめ」「包丁人味平」とかも名前だけは知ってました。漫画家の名前まではわかりません・・・ww
    「食の軍師」はタイトルも初めて知りましたよ〜〜wほっとした顔あせあせ(飛び散る汗)
    同じ料理関係の上手い店を紹介しているグルメ本の方へどうしても興味は行ってしまうのでした。あせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月09日 11:19
    土山しげる、残念でした。
    あんなに美味しそうな画を描ける人もいません。
    複数の連載を抱えたままの死去というのも驚きでした。
    最期まで現役を貫きたかったのでしょうかね。
    合掌です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月09日 12:25
    > mixiユーザー 
    私は、同誌で立ち読みしているのは
    「ミナミの帝王」と「酒の細道」そして、時々載る「食の軍師」
    永井豪の「激マン」くらいです。
    昔は、梶原一騎の伝記漫画「男の星座」(85〜87年)
    その前も、どおくまんの連載漫画とか断続的に読んでいましたよ。
    ギャグ漫画では、「駄馬コマンコスキー」とか
    「ずんどこ女子高生」が好きでした。あせあせ
    あと、夢月亭清麿師匠のプロレスエッセーを愛読していましたよ。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月09日 13:06
    > mixiユーザー 
    いや、「食いしん坊」は料理漫画ではなく
    食べるだけですよ。
    それも珍しく大食いファイターの話です。
    当時は流行っていましたからね。

    味いちもんめ」「包丁人味平」が料理人漫画です。
    特に後者は、その草分けですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月09日 13:16
    > mixiユーザー 
    さすがに コムシンさんは土山しげるを
    ご存知でしたね!

    先月24日亡くなったのですが、
    例の日大アメフット部騒動真っ最中、
    そして、また紀州のドン・ファン怪死事件が起こり、
    すっかり話題をさらわれてしまった感があります。
    いや、、、その事件がなくても、そうトップニュースには
    ならなかったかな?(^^:

    ともあれ!
    惜しいグルメ漫画家をまた亡くしました。
    特に、久住昌之の世界を描ける漫画家。
    昨年の谷口ジローに続いてですからね。

    もともとの作画パートナーの泉 晴紀さんは63歳かぁ!?
    身体を大事にして「食の軍師」を続けてもらいたいものです。

    久住さんのユーモア溢れる世界を表現できるのは
    彼だけだと思いますよ。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月09日 19:14
    土山しげるの漫画はすぐにこの人だとわかるような独特のタッチの印象で、私が読んだのは主人公が失職して、ピンサロの呼び込みをするという内容で、水商売にありがちな人間模様が面白かったですがこれのみで他作品は知らなかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年06月09日 20:41
    > mixiユーザー 
    >主人公が失職して、ピンサロの呼び込みをする
    そこの部分で検索したら、「どぶ 」という
    タイトルの作品のようですね。
    土山さん、21世紀頃から、食い物漫画に
    特化していましたが、
    それ以前は、『借王』(シャッキング)とか
    裏社会、金関係の作品も手掛けていたようです。
    逆に私は知りませんでしたが、これも面白そうです。
    彼は、絵柄がキレイなので、そう毒々しさはないでしょうね。
    私も機会があったら、こういう漫画を単行本で
    読んでみたいと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年06月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930