mixiユーザー(id:4597260)

2017年11月28日21:42

1031 view

枯葉、落ち葉、最後の一葉〜木の葉丼は関東にはない

〜リーフは女性の名前ではない!、さおりと言う名は〜

晩秋もみじですね。
今回のテーマは季節に因んで「枯葉」「落ち葉」「木の葉」

手(パー)先ず、「枯葉」と言えば、シャンソンの代表的な楽曲

おフランスかぶれのイヤミも歌っている。
フォト
(竹書房、おそ松くん巻P110)←著作権法により、
引用した図番の出典は明示します。

落ち葉の掃除は大変ダス!
フォト
(同12巻P210)

その落ち葉にホームレスのイヤミとチビ太が寝ていた。
公園から追い出されて、イヤミの詩的なセリフ。
フォト
(同12巻P210

るんるん「落葉のコンチェルト」
あまり馴染みの曲でもないんだけれど、曲名は知っているので。


歌謡曲でも、秋の失恋の歌には良くでて来る。
南沙織「色づく街」1973年、作詞:有馬三重子
♪ああ、、青い枯葉、噛んでみたの♪
「青い枯葉はない!」という突っ込むがあった(^^:

木村沙織、吉田沙保里と「さおり」という名前の女性は多いが
南沙織が元祖。↓の人も。ゆきさおりではないと思う。
位置情報セカオワSaori、出産間近で年内の音楽番組出演せず
「3人を見守っています…」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=4879639

同じ、73年の秋、ジュリーの「胸いっぱいの悲しみ」作詞:安井かずみ
♪落ち葉舞う秋風に分かるはずもない♪

奥村チヨ「終着駅」作詞:千家和也1971年
♪落葉の舞い散る 停車場は悲しい女の吹きだまり
この3曲は、好きなのでよく引用したな。

ムード細川たかし「心のこり」2番、
作詞:なかにし礼、作曲:中村泰士。1975年
ただこの曲のリリースは4月なんだが。
♪秋風の中、枯葉がひとつ枝を離れるように
私も旅に出るわ あてもないままに♪



「恋人よ」作詞:作曲:歌唱、五輪真弓1980年
♪枯葉散る夕暮れは来る日の寒さをものがたり
歌詞にある落ち葉、枯葉を挙げると切りがないなぁ


手(パー)題名に「落ち葉」が付いているのは「落ち葉に雪が」
作詞:作曲:歌唱:布施明1976年10月(左画像)


ペン「最後の一葉」
O・ヘンリーの短編小説だが、それを歌謡曲にしたのが
太田裕美の同名の歌。作詞:松本隆、作曲:筒美 京平76年9月
布施明の「落ち葉に雪が」と同時期だったんだ。



最後の一葉、樋口一葉、
一葉落ちて、天下の秋を知る

ちなみに先ほどアップしたホームレスのイヤミとチビ太の話も
Oヘンリーの短編(警官と讃美歌)をベースにしている

あせあせミレーの有名な絵に「落ち葉拾い」
があったと思ったら、「落穂」だった(^^:

人影落ち葉の模様のネクタイ(自前)
フォト
青いシャツに着用する。

目タヌキは頭に木の葉を乗せて人を化かす。
フォト

考えてる顔枯葉剤
元々は除草剤の一種だが、ベトナム戦争でアメリカは、
ベトコンが隠れるジャングルの草を除去するために散布した。
だがその影響でかの地で奇形児が産まれた。

もうやだ〜(悲しい顔)濡れ落ち葉族という言葉もあったなぁ。
あまり良い意味ではないかったが。

手(チョキ)木の葉隠れの術(中央画像)
伊賀の影丸がよく使っていた。
ピンチのなると、「木の葉隠れの術!」とか言うと
木の葉が勝手に舞い上がって、姿を消せるんだよな。
あれどういう原理だったんだろ?

乙女座木葉ノのこ(右画像)
1970年代に活動した女性タレント。
「金曜10時!うわさのチャンネル!!」にも出ていた。
最初は「のこ」という芸名だった。
「木の葉のこ」にして上から読んでも「木ノ葉のこ」
下から読んでも「木葉ノのこ」
彼女、現役の時、確か私と同じ「1956年生まれ」と紹介されていたが、
今、WIKIを見ると、 1955年9月26日生まれになっている。
まぁよくあることなんだが、彼女も芸能人を多く輩出した55年度生まれの一人か!

どんぶり木の葉丼
フォト
カマボコを玉子でとじた丼モノで、関西ではポピュラーらしいが
関東のそば屋とか食堂の通常メニューにはない!
私が最初にこのネーミングを聞いた時、
大阪では本当に木の葉を食うのか?と思った(^^:。

3年前に丼物チェーン「なか卯」が木の葉丼」を全国で発売した。
しかし、これは、カマボコではなくごぼう入りのさつま揚げを薄く切り、
油揚げと一緒に卵でとじたもの。現在ではメニューにない。
http://fesoku.net/archives/7210317.html

もみじ木の葉は、英語で「LEAF」リーフ、
「高原のお嬢さん」舟木一夫作詞:関沢新一、作曲:松尾 健司。
1965年、同名の映画の主題歌


映画は見ていないが、歌はテレビで聞いた。
サビで♪リ〜フ、リ〜フ、という言葉の意味が分からなかった。
恋人の名前かな?とも思った。(苦笑)
ヒロイン役は和泉雅子。この頃は美人だったんだね。
というか後年は冒険のやりすぎで顔が日焼けし過ぎた。

その2,3年後
フォーリーブスというグループが出てきたが、
リーブスがリーフの複数形ということも知らなかった。


25 26

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 22:03
    小林麻美に「落ち葉のメロディ」ってのがあったよなあと思ってYouTubeを漁ってみたんですが、なんか似非っぽいのしか載ってない。

    おかしいなあと思って、ググったらほかの媒体にありました。 けっこうよく聴いたメロディのような気がするんですが、初恋のメロディなんかの方がやっぱりヒットしたんですかね。

    https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwj5gP72p-HXAhWL2LwKHU3TAfEQtwIIJzAA&url=http%3A%2F%2Fwww.dailymotion.com%2Fvideo%2Fx391hzq&usg=AOvVaw39vOD1BXKdidg4-Vz4Ihru

    代わりにYouTubeには、デビー・ブーンのデビュー盤が「落ち葉のメロディー」のトップに載ってました。 なんか聴いたことがあるようなメロディだなと思ったら、ABBAのカバーみたいです。^^

    https://www.youtube.com/watch?v=I1pokZ4N2OM
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 22:05
    木の葉のこ、いましたね。
    懐かしいです。

    太田裕美の歌、大好きです。
    「最後の一葉」 も良い歌ですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 22:08
     枯葉、落ち葉…曲の歌詞では結構入ってますね。もの悲しさを感じますが、そこがまた良いんでしょうなぁ〜
     木の葉のこ、久々に見る名前です。NHKの番組に結構出てました。
     『枯葉』のインストゥルメンタル版が全米で大ヒットした1955年に、この方がお生まれになったのですね。同年にやはり全米でヒットした『慕情』を歌ったのはフォーエイセス。その後フォーシーズンズ、フォートップスなどが世に出て…フォーリーブスもそんな中結成されたのでしょうかね…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 22:13
    イヴ・モンタンの「枯葉」は、シャンソンを聴くキッカケになった曲でするんるん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 22:26
    > mixiユーザー 
    小林麻美のデビュー曲は
    「初恋のメロディー」(1972年8月5日リリース)でしたね。
    これは覚えています。そしてメロディーつながりで第二弾
    「落葉のメロディー(同年12月20日)」を出したんですね。
    これは記憶にありませんが。(^^:

    デビ―ーブーンの「落葉のメロディ」とは同名ですか?
    辛うじて「メロディー」と「メロディ」、長音の有無で
    区別しているんですね。

    その小林麻美デビューの前年秋にシンシアが「潮風のメロディ」を
    リリースしていますが、この題名も、フランク・ミルズのピアノ曲で
    後に高田みづえが歌詞を付けて歌った「潮騒のメロディー」と紛らわしい(^^:。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 22:48
    > mixiユーザー 
    健太郎さんも木ノ葉のこはご存知でしたか!?
    「噂のチャンネル」に出ていたのは、‘70年代の後半(彼女が
    22、3歳の頃)で、その後は、見かけた記憶がありませんが、
    私が見ていないテレビドラマ、映画に出演していたんでしょうね(^^:

    「最後の一葉」は76年春のビッグヒット「木綿のハンカチーフ」、
    「赤いハイヒール」に続いた曲でしたね。まぁ私は後追いで知った曲ですが(^^:

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 23:01
    > mixiユーザー 
    >木の葉のこ、久々に見る名前です。NHKの番組に結構出てました
    私は、日本テレビのオフザケ番組「「噂のチャンネル」で
    和田アキ子やデストロイヤーと一緒に、キャーキャー
    騒いでいたイメージしかないんですが、
    NHKにも出ていましたか!?

    そういえば、1980年版のテレビドラマ、
    『名もなく貧しく美しく』の後半に出ていた記憶があります。

    >『慕情』を歌ったのはフォーエイセス
    慕情は好きな曲で、高校生の時に、レコードを買いましたが、
    インストゥルメンタルで主旋律はピアノ演奏でした。
    どこの楽団のものだったのかな?
    レーモン・ルフェーブルとポール・モーリアで無いことは確かでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 23:05
    > mixiユーザー 
    イヴ・モンタンの「枯葉」とは、渋いですね。
    しかしフランス通(?)のイヤミの「枯葉」も上手いようですよ。
    本文にアップしたイヤミの歌声に、家の窓が開き、
    ゴリラのような女性が「キャー!すてきな歌!」と顔を出し、
    イヤミは「シェー!!」と驚きます。
    別にその家の女性のために歌ったのではないので(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 23:24
    > mixiユーザー 
     木の葉のこは、NHKでは『脱線問答』にレギュラーで出演してました。なんか素っ頓狂な声と言う印象のみですが…。
     そう言えば、『噂のチャンネル』にも出てましたね。思い出しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月28日 23:39
    > mixiユーザー 
    脱線問答って初めて聞きましたが(^^:
    1978年4月6日から1984年3月22日の放送とのこと。
    ‘81年以降は、あまりテレビを見ていなかったし。
    ただ、これもNHKと言ってもバラエティ番組で、
    大喜利のような形態だったようですね。
    やはり彼女はお賑やか係だったんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月29日 00:22
    枯葉落ち葉のテーマは名曲が多いですね。色づく街がまず出てきます。枯れ葉をかんで大丈夫なのか?という突っ込みもありますが^^;;大人っぽいシンシアの名曲だと思います。
    布施明の落ち葉が雪にもいいですね。どうして僕は〜ここにいるのだろう〜♪カラオケで歌ったことあるけれど、なかなか自分には難しかったですね。
    それから高原のお嬢さんも舟木の名曲ですね。昔テレビで映画版も見ました。君に僕の恋を語ろう〜♪ちょっとキザな歌詞ですが、それが舟木っぽくていいかもしれない。和泉雅子が一番かわいかったころの作品ですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月29日 00:38
    > mixiユーザー 
    >枯れ葉をかんで大丈夫なのか?
    作詞の有馬三重子女史は「小指の想い出」で作詞デビュー。
    ♪あなたが噛んだ〜、と噛むという言葉が好きなようです。

    >落ち葉が雪に
    ♪どうして僕は〜ここにいるのだろう♪
    と歌うと、周りから「知るか!?」「分からないなら帰れ!」
    と鋭い突っ込みが入ります(^^:
    >高原のお嬢さん
    も覚えていますか?
    私、この歌、題名は覚えておらず、ずっと自分の中では
    「リーフの歌」となっていました(^^:。
    この’65年頃は、本当に「御三家」の時代でしたよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月29日 05:00
    落ち葉舞い散る公園通りで
    すれ違ったあなたるんるん

    蟹座さん
    この歌覚えていますか?

    覚えているというより
    むしろ知らない?

    落ち葉のメロディは私の大好きな1曲で初恋のメロディと共に、カラオケのもち歌でするんるんるんるんなんちゃって
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月29日 05:29
    太田裕美いいですね。彼女のコンサート行ってみたいですね。当時と変わりなく歌っているみたいです。
    五輪真弓さんも、歌っているのかなあ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月29日 18:47
    > mixiユーザー 落ち葉にちなんだ歌でいい歌があります。木枯らしの精というシンシアの歌です。私的には彼女の歌で一番好きな歌でした。晩秋というより冬の歌かもしれません。
    木枯らしの精が道行く男性を好きになり、彼を見守っている姿を想像できます。丸山圭子の作詞作曲でした。丸山さん、さすがいい曲作るなあと思ったものです。

    木の葉のこもなつかしいですね。昭和50年代によくみましたね。もうしばらく見ていないけれど、彼女もアグネスやめぐみさんとたしか同世代だと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月29日 21:36
    > mixiユーザー それ、シンシアの「木枯らしの精」ですよね!?
    忘れていました(^^:
    でも、Ton chanさんの文脈から言って、
    落葉のメロディーなのかな?と一瞬思いましたが、
    そんなに歌詞が一致したら問題になりますよね(苦笑)
    小林麻美の落葉のメロディーは記憶にありませんでしたよ。あせあせ

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月29日 22:07
    > mixiユーザー 
    五輪真弓さんは、今も精力的に
    活動されているようですね。
    http://www.itsuwamayumi.com/index.html
    彼女の歌は、晩秋の曲が多いんです。
    落ち葉という言葉は直接入っていないけれど
    「銀杏物語」があったなぁ、と思い、
    紹介しようとしたけれど
    youtubeはおろか、歌詞もネット上に
    ありませんでした(^^:

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月29日 22:24
    > mixiユーザー 
    わざわざどうも!
    「木枯らしの精」はシンシアの大ファンでもある
    Ton chanさんが↑でコメしてくれました。
    77年秋のリリースですね。
    私も忘れかけていましたがあせあせ
    音源は持っています。
    作詞・作曲は「どうぞこのまま」の丸山圭子の提供で、
    このB面は「つぶやき」という、やはり彼女の提供曲ですが、
    こちらの方が好き。

    >木の葉のこ
    今、ネット上の経歴を見ると「芸能人大豊作の1955年度」
    生まれですが、活動していた80年前後は、確かに
    56年生まれと称していたと思うんですがね。
    まぁ、よくあることですが(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 05:34
    「落ち葉」で言えば、やはり奥村チヨの「終着駅」が圧倒的に思い出されます。
    「恋の奴隷」とか「ごめんねジロー」とか、なんかキャッチーな歌ばかり歌ってるイメージがあった彼女の転換点のような気がします。
    名曲ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 08:01
    蟹座さんの日記懐かしいなぁと思いながらみてました。今と違い曲がそんなに次から次へと出てなかったから知ってる曲が多いですね。
    家の娘さおりといいます。子供の頃近所にひらがなのさおりちゃんがいてかわいい名前だなと思いました。自分達がつけたい名前をリストアップしてみてもらって残った名前の中にあり、つけました。もうひとつ悩んだ名前はいとこが偶然娘につけました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 21:20
    > mixiユーザー 
    そう!奥村チヨも♪悪い時はどうぞぶってね♪
    の「恋の奴隷」とか♪たまには頭を撫で撫でしてね♪
    (「嘘でもいいから」’70年)という小悪魔的な存在から、
    「終着駅」でぐっとシックな女性歌手に脱皮しましたね。
    作詞は千家和也、彼の作品でも特に傑作ですね。
    私は、この曲1972年度のレコード大賞でも良いと
    思ったくらいですよ。
    それがダメなら日本歌謡大賞のほうでも
    取って欲しかった。

    この年に、お色気路線からシリアス路線に脱皮したのは
    「喝采」のちあきなおみもそうですけれどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月30日 21:24
    > mixiユーザー 
    >子供の頃近所にひらがなのさおりちゃんがいて
    その子は、由紀さおり、南沙織がデビューする前でしょうかね?
    漢字の「沙織」は、1976年まで使えなかったんですよ。
    でも、「さおり」という名前はあったんでしょうね。
    ちなみに由紀さおりさんも、芸名だそうです。

    南沙織から、彼女を意識したかどうかは
    分かりませんが「沙織」と言う名前は多くなりましたね。
    むしろ木村沙織とか、他の沙織に肖って命名された人も
    いるでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月01日 09:27
    。。。本来ならば〜この2〜3年はこの時期には〜落ち葉が多く落ちている林道をバイクで走り廻っているのですが〜今年の秋〜冬はおとなしくしていなければならない状況になってしまいました〜ww〜 (ノДヽ)
    おじ3が済む団地内でも、川沿いにある並木の大きな葉が風で おじ3の住む家の方まで〜風が強いと結構な数の大きな葉っぱが流れて来てしまうのデス!・・・やっと市の委託を受けている業者さんが枝葉を処理してくれましたから、モウ〜牛大きな葉が溜まらなくなりましたよ〜もみじもみじもみじ
    落ち葉と聞くと〜子供の頃にした落ち葉を集めて「たき火」をし、サツマイモを入れて〜焼き芋が美味しかったな〜いい気分(温泉)
    ♪落ち葉の舞い散る停車場は悲しい女の吹き溜まり 
    だから 今日も一人 明日もひとり 涙を捨てに来る♬。。。と言う歌詞は〜奥村チヨさんの「終着駅」ですが〜落ち葉は何かと〜寂しいイメージがありますよねぇ〜〜(;_;)/~~~
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月01日 20:35
    > mixiユーザー 
    落ち葉の林道をバイクで滑走するのは
    気持ち良さそうですが、今年は残念でしたね。
    ご回復を祈ります。
    落ち葉も公園や街路樹を見る分には
    風情がありますが、清掃する側に立てば
    大変な作業で風情もなにもありませんね。
    本文にアップしたデカパンのオジサンのようなものです。あせあせ

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月05日 16:14
    シンシアの歌では「木枯の精」が「落ち葉舞い散る」で始まるなぁ、と思いながらコメント読んでたら、既にどなたかが触れてましたね。
    葉っぱと言えば、漫画「ドカベン」で岩鬼正美がいつも加えていたのを思い出します。「葉っぱ野郎」なんて呼ばれた事もありましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月05日 21:13
    > mixiユーザー 
    シンシアの曲というか、有馬三重子さんの歌詞で
    「落ち葉」「枯葉」はあまり使われていない
    ような気がします。

    ムーミンパパさんから、
    ドカベン」の岩鬼正美の名前が出るとは!
    あの漫画はよく読んでいましたよ。
    「葉っぱ野郎」、「葉っぱ」とはチームメイトの
    殿馬が呼んでいたと記憶しています。
    しかし、「葉っぱ」って、隠語でヤバい意味が
    あるんですよね
    マ○ファナのことなのでふらふら
    、、そういえば昔
    八波むとしというコメディアンもいましたね。あせあせ

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年11月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930