mixiユーザー(id:4597260)

2017年07月18日22:17

386 view

オーバーサングラス購入〜少年ジャンプ、チャンピオン創刊号

〜新日本プロレスはジャンプ、全日本はチャンピオン、キングは国際〜

まず、先週、サングラスを買った(左画像)。
それも私は普段、メガネを掛けているのでその上から掛けられる
オーバーサングラスと言うのを。
フォト
別に恰好を付けるためではなく、紫外線から大切な目を守るためだ。
昨年9月27日の日記にこう書いた。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955764239&owner_id=4597260
>【眼科検診】を受けた。異常はなかったが、今後の眼病予防として
>白内障は夏の紫外線が原因になる。
>以前からツバのついたキャップで 紫外線を避けていたが
>サングラスも掛けた方が良いとのこと。 来年からそうする

メガネの上に乗せるクリップオンサングラスというのもある。
フォト
実は、後者は若い時に使っていた。
無論、この方が安い。(1500円程度)
しかし、このタイプは、私は数種の眼鏡を持っているが、
その一種にしか適用できず、また、メガネの脇から入って来る
紫外線をカットできないので、オーバーサングラスにした。
これも2000円台から7000円台があったが、
中間をとって5400円(税込)を買った。
目の調子はなかなか良い。
紫外線ばかりではなく、春には花粉症を防げる。

目この四角で大きい眼鏡を見て思い出したのは、
まず、ミッシェル・ポルナレフ。
フォト

それと藤子不二雄Aのヒーロー漫画「シルバークロス」(中央画像)。
これは、小学校の入る前に、「鉄腕アトム」と「鉄人28号」が
載っていた「月刊・少年」にチラっと見た記憶がある。
私が同誌を定期購読したのは、1963年の10月号からだが、
「シルバークロス」は同年8月で終了していた。
だから内容については、ほとんど知らない。

藤子不二雄は、「オバケのQ太郎(64年)」以前は
SF,ヒーロー漫画家だった。絵柄は漫画絵だけれど、
特にAの方は、Fよりも劇画的な絵を描いた。
それで、少年サンデーの「オバQ」がヒットしたら
ー当時は「藤子不二雄」のペンネーム一本だったがー
「少年」にまた‘65年からギャグ漫画「忍者ハットリ君」を描き始めた。
これは後に実写化、アニメ化されたから知っている人も多いでしょう。
フォト

64〜66年頃の「少年」は人気漫画家をほとんど独占していた。
手塚治虫、横山光輝、白土三平、小沢さとる、関谷ひさし、赤塚不二夫、
森田拳次、石森章太郎、やや遅れて、さいとうたかをと。
他誌でヒットを飛ばすと、「少年」に引き抜かれるわけだ。


私は、数名の例外はいても「少年」に執筆している漫画家が
一流だと思っていたし、一流になったから「少年」に
執筆できると感じていた。
と言いながら、私は66年12月号を最後に、購読を止めて、
少年マガジンと少年サンデーに切り替えたが(^^:

先日、2名のマイミクさん(このお二人同士はマイミクではない)が、
偶然にも、「少年ジャンプ」と「少年チャンピオン」の創刊号のことを
日記やボイスに書いていた。
まぁ「ジャンプ」の方は創刊50周年記念で創刊号の復刻本を
発売したことを受けてだが、
http://news.mynavi.jp/news/2017/06/27/206/
1968年7月11日発売とある。小学校6年の時だ。
私が、「少年ジャンプ」が創刊されることを最初に知ったのは、
クラスで仲が良かったM島君からだ。彼は同じ集英社の「月刊少年ブック」を
毎月買っていて、私のマガジン、サンデーと貸し借りをしていた。
その「少年ブック」に早々と「新週刊誌創刊」の予告が載っていたのだ。

しかし、創刊された「少年ジャンプ」の執筆陣は、有名どころがいなかった。
新人の梅本さちおの「くじら大悟」が表紙の多くのスペースを取っている。
漫画本体の表紙でも、「期待の大型新人」「ああ、けたはずれにおもしろい 
新人No1の癸洩_茵廚箸いΕャッチが見える。
フォト

この梅本さちおとは聞いたことはあった。
少年マガジンにも読み切りを描いていた。手元の資料で調べたら
「1968年2月11日号に「ああ沖縄健児隊」だった。
あと、M島君から借りた兄雑誌の「少年ブック」にも
作品を発表していたのを見たのだろう。

創刊号からの連載は、新人の梅本と、ベテランの貝塚ひろし、
(←まぁ有名、一流半といったところかな?)、
あと読み切りで望月三起也、楳図かずお、赤塚不二夫も描いていたが、
赤塚は明らかに手抜き!(私は後年、ジャンプの創刊号を某図書館で読みなおした)

大型新人の梅本の漫画は、泥臭く暗いためか期待に応えられず、10週で打ち切り、
貝塚は仕事量に耐えきれず、失踪してしまう。このあたり休載したり
明らかに他人(アシスタント)が代筆したと思われる絵柄の原稿は
記憶に残っている。

そういうゴタゴタがあり、また、軌道が乗っても、
「ハレンチ学園」とか「トイレット博士」と言ったキワモノ漫画で
売り出したので、私は少年ジャンプ=2流キワモノ雑誌という感覚は拭えない。
ここの創刊時の出来事、後年、当時の編集者(後に編集長)、西村 繁男の
「さらばわが青春の『少年ジャンプ』」(活字本)を読んだが非常に面白かった。

で、創刊の年の暮あたりに「巨人の星」と同じ梶原一騎原作、川崎のぼるの
コンビによる「男の条件」が始まった。テーマが漫画界というのも珍しかったが、
さすがにこの作品は読み応えがあった。

そして、この作中に架空の「少年チャピオン」という少年雑誌が出てくる。
じつは、この「少年チャピオン」、7月4日の寺田ヒロオのテーマの日記で、
彼が1968年に少年サンデーに載せた「ノンキ先生まんがノート」を紹介したが、
やはり架空の雑誌として、この雑誌名が出て来た。
まぁ「少年キング」もあり、「チャピオン」という言葉は誰しも思いつくだろうが、、

その「少年チャピオン」が、実際に創刊された。「ジャンプ」の創刊の約1年後だ。
フォト
表紙に当時人気絶大なキックボクシングの沢村忠、執筆陣は、
同じ秋田書店の兄雑誌「冒険王」ですでに人気を博していた「夕焼け番長」
(梶原一騎原作、庄司としお画)、それに手塚治虫、赤塚不二夫、さいとうたかを、
そしてまた貝塚ひろし、、さらに人気急上昇の若手、ジョージ秋山と永井豪。
という豪華なラインアップだった。
ただ私はこの時、少年漫画雑誌に興味を失っていたので、あまり熱心に読んだ
記憶がない。
貝塚ひろしのプロレス漫画「赤い牙」は、プロレスファンとして、全く面白くなかった。プロレスモノは梶原一騎に限るなぁと感じたものだ。

先の「さらば青春の少年ジャンプ」を読むと、「チャンピオン」は
当初、月2回の発行とか、ジャンプの後追いをして、
さらに「ハレンチ学園」で育てた永井豪を取られ非常に立腹したとある。

それにしても、創刊時、あんな貧弱で泥臭くマイナーなジャンプが、
これほど大きな雑誌になるとは思わなかった。
対してチャピオンは明るくメジャーな雰囲気がした。

プロレスに例えれば、1972年春、旗揚げした新日本プロレスのようだ。
代表&主力選手の猪木は前年所属団体を追放になったので、テレビ放映もつかず、
2流3流の外人選手しか招聘できなかった。対して、その年、やはり独立した
G・馬場の全日は、最初からテレビ中継アリ、豪華な外人選手を参加させた。
それが、いまやマット界は新日の一人勝ちである。

その伝で行くと、老舗の日本プロレスに勝てず、後発の新日、全日に負けて、
消滅した国際プロレスは、少年キングみたいだった。

しかし、、少年ジャンプは良いけれど、児童に「窓からジャンプしなさい!」
と言ったらダメだろ!?

位置情報■「窓から飛び降りなさい」小4に担任が発言 埼玉・所沢
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4673060
24 34

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月18日 22:37
    夏の紫外線対策にサングラスは有効だと思います。
    私も今年は友人がらみで、フォーナインズ(本社:成城学園)で作ろうと思いましたが、7万円以上するので断念がまん顔 「眼鏡市場」は度付きで1万強だそうで、そちらで購入しようと思ってます♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月18日 22:47
    「夕焼け番長」は実に印象深い作品です。 いや、基本は単なる喧嘩の漫画で、強い奴を倒すともっと強いのが出てくるというワンパターンの筋だったので、連載当時はさほど気に留めなかったんですが。

    最初に出てきた強い奴、合気道だったかの達人を相手にしたとき、夕焼け番長が自分から大の字になって相手が仕掛けてくるのを待つという戦法をとったんです。

    それがなんとなく記憶に残っていて。

    後年、世紀の一戦を固唾をのんで見守ったとき、あっ、あれは夕焼け番長だ!と心の中で叫んだのでした。

    梶原一騎はプロレス界にもいろいろ出入りがあったようだし、猪木に入れ知恵したのではないか、と未だに思っています。

    現実は漫画のようにうまくはいかなかったですが。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月18日 22:52
    > mixiユーザー 
    この数年、日差しの強い日に外出した後は目が痛むこともありました。
    もっと早くサングラスを買っておけば良かった。
    と言っても、むしろ、若い時の方が眼鏡の上から被せるタイプや、
    コンタクトレンズをして普通にサングラスを掛けていましたよ。

    眼鏡屋さん、最近はその眼鏡市場と言う店をよく聞きますが、
    私は近くの「桃太郎」の店で買いましたよ。

    そういえば、昔、眼鏡屋さんがプロレス団体を興しましたね。
    2年くらいで潰れましたが、、(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月18日 22:59
    フォーナインズもドラゴンゲート他、色んなスポーツ競技にスポンサードしてるんですよ♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月18日 23:15
    今回紹介されたものでは、ハットリ君しか分かりません。
    今でも再放送でアニメ見てます。
    面白いですよね。

    少年チャンピオンでは、がきデカとドカベンが好きでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月18日 23:31
    サングラスをかけると、恰好つけてると思われがちですが、
    確かに眼病予防にはいいですね。
    実際、白人がサングラスをかけるのは、日本人に比べて目が紫外線に対して弱いからだとか。
    あの青い目はいかにも光に弱そうです(^^;

    ジャンプの西村編集長が育てた永井豪をチャンピオンの創刊号のために獲られて立腹したそうですが
    それは「あばしり一家」のことでしょうね。
    あれは確かにチャンピオンでダントツに人気1位だったそうですから。
    ところがその後、マガジンで同時期に連載していた「デビルマン」に集中するために
    永井豪自身が「あばしり」の連載を強引にやめてしまったので
    今度は壁村編集長が激怒したそうですよ(^^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月18日 23:35
    > mixiユーザー 
    「夕やけ番長」
    秋田書店の月刊「冒険王」に昭和42年から連載され、
    「月刊誌最後のヒット漫画」とも呼ばれていると言われますが、
    私はリアルタイムであまり読んだ記憶がありません。
    週刊誌と違って月刊誌は付録が紐で結ばれていて、立ち読みできなかったんですよ。
    でも、やはりクラスの誰かが持って来たと思います。私達の中では
    「冒険王」はあまり人気のある雑誌ではなかったし。
    それでも、主人公がアマレスをやっているシーンを覚えています。
    それが逆エビ固めとか、プロレス技でしたよ(苦笑)

    この頃の梶原一騎は、凄い人気でしたね。
    いや、「巨人の星」は連載していたが、「あしたのジョー」「タイガーマスク」は
    まだだったかな?

    梶原は後に猪木にも入り込みましたが
    反面、極真空手のウイリーウイリアムスと
    猪木が対戦した時は、極真側に着いたし、
    まぁ、新日ファンとしては、
    信頼は置けませんでしたよ。がく〜(落胆した顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月18日 23:39
    > mixiユーザー 
    そうですか!?
    私は、よくこの会社のことは知りませんでしたが
    WIKIで見ると、本社は、用賀のSBS〔ビジネススクエアー〕
    なんですね。
    ドラゲーのスポンサーと言っても、かつてのメガネスーパーのような
    丸抱えでもないんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月18日 23:54
    > mixiユーザー 
    >ハットリ君しか分かりません
    それも、1980年代のアニメでしょうね?
    それに先立ち、雑誌連載中の66年に実写化され、
    主人公のハットリ君はお面を被って演じていました。

    >少年チャンピオンでは、がきデカとドカベン
    1970年代終わりのチャピオン黄金期ですね。
    手塚治虫の「ブラックジャック」鴨川つばめの「マカロニほうれん荘」、
    「750ライダー」とヒット漫画が並んでいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 00:05
    シルバークロスのこの感じは覚えておるのですが〜内容迄は覚えていません。ww子供の頃のおじ3の一番好きな少年漫画月刊誌は【ぼくら】でした。少年はその頃のおじ3の年よりも少し年上のお兄さんたち向けの漫画雑誌なんて〜勝手に思ってましたよ〜。
    そして何よりも毎月の【組立付録】がとっても楽しみでしたハート達(複数ハート)・・・あの当時のそんな実際に輪ゴムとかを動力として、動く車とか〜はては観覧車みたいのとか〜よく考えてくれていたものだよなぁ〜指でOK。。。と今でも感心しておりまする〜ハート達(複数ハート)

    話は前後しますが、おじ3も外出する時には、。。。というか家の外へ出る時にはサングラスをかけないと、家の中(玄関)に入って来ると〜もの凄く暗く感じます。・・・と言う事は強い日差しに目が!・・・そんな訳でクリップオンサングラスをもっぱら愛用しておりまする〜眼鏡
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 00:06
    > mixiユーザー 
    まぁ、今、夏場にサングラスを掛けても、
    そんなに「格好を付けている」とは思われないでしょうね。
    私が子共の頃は、「格好つけている」といういり
    不良のシンボルでしたよ(^^:
    しかし、本当に日差しの強い日にサングラスは、目に優しいですよ。

    昭和43,4年、ジャンプとチャピオンが創刊され、
    漫画家の取り合いになっていたようですね。
    永井豪は、ジャンプの前「少年マガジン」でちょっと見ましたが、
    実際、ジャンプが「ハレンチ学園」で育てたようなもので、
    チャンピオン創刊の44年夏には、もう人気作家、
    彼とやはり、新進のジョージ秋山をチャピオンに取られたら、
    ジャンプは面白くありませんね。
    それより、ジャンプの秘蔵っ子、本宮ひろ志もマガジンに
    取られそうになって、あの「専属制」を打ち出したとか、、
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 00:15
    > mixiユーザー 
    「ぼくら」も人気がありましたね。
    私も読んでいましたよ。
    しかし、不思議なことに当時の漫画雑誌は、人気作家の手塚治虫、
    横山光輝、赤塚不二夫を各誌、載せていましたが、
    講談社の「ぼくら」と「少年マガジン」には、
    彼等の連載は載っていなかったんですね。
    私の時は「風のフジ丸」「オオカミ少年ケン」といった
    アニメのコミカライズが看板で、あと山根赤鬼の「よたろうくん」
    も好きでした。
    それと、魔球漫画の「投げろ!健一」も良く読んだなぁ(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 02:29
    オーバーサングラスもいいですが、その下のティアドロップタイプの眼鏡が気になります。
    この形は僕も大好きなのですが、今なかなかなくて困っています。
    流行でないと作ってくれないんでしょうねえ、悲しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 03:49
    私は漫画誌読み始めたのが昭和44年あたりからなので、上記で知っている作品は少ないけれど。くじら大吾というのは面白そうですね。伴宙太に似た風貌。この時代の番長役はみんなこんな感じですよね。藤子作品ではQ太郎が一番です。アニメで見ましたがみんな落書き・似顔絵描いてましたよ。ラーメン王の小池さんも好きでした。キャラクター商品もいろいろ出てました。昭和46年放送の新オバQも名作でした。ハットリくんは80年代に入ってからアニメ化されましたね。50代前半ぐらいの人はアニメで見ているでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 05:57
    フォーナインズは選手個人へのスポンサードが多いかな。スキージャンパーや競輪選手、レーサー等々…今は新しいオフィスビルに移転してたんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 06:01
    「夕焼け番長」と聞くと、「言うだけ番長」と比喩された某プロレスラーを思いだしてしまいますウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 15:11
    私がミッシェル・ポルナレフを知った1971年の「シェリーに口づけ」の時は、もうあのトレードマークの白いふちの大きなサングラスかけていました。
    それ以前の曲の「Love me, please love me」のジャケットで素顔を知り、すごくイメージが違ってびっくりしました。素顔は繊細なフランス人っていう感じですね。
    https://youtu.be/fufydHN7Wv4


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 21:20
    > mixiユーザー 
    >ティアドロップタイプ
    これは、私の私物で、実はこれと同タイプで
    少し茶色が入ったモノも持っています。
    今、外出時に常用しているのは、「縁なし」の小型のモノですが、
    それ以前、10数年まえまでは、このティアドロップタイプ
    がメインでした。
    そうですか?
    今、ないんですか?
    これを掛けると、顔つきがマイルドになると思うですがね、、
    で、オーバーサングラスを掛けると、下の部分がちょっと
    はみ出てしまいます。(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 21:41
    > mixiユーザー 
    >漫画誌読み始めたのが昭和44年あたり
    度々日記に書いていますが、逆に、この年から、私は中学に入って
    少年漫画雑誌を読まなくなった時期です。
    なにかにつけ、この時期の漫画(特に少年ジャンプ)を批判していて、
    まるさん世代の、この時、漫画を読み始めた方、ジャンプのファンの方には
    反感を買っていると自覚しています。(^^:

    まぁ、、客観的に言っても「対象年齢がぐっと上がった」し、「残酷、ハレンチなシーン」が多くなりました。
    「昔の方が良かった」と言っているのは、そのひと昔まえの寺田ヒロオみたいな
    モンですね。
    まぁ私が熱中した’60年代の赤塚不二夫の漫画だって、その前の「わちさんぺい」
    や「益子かつみ」の作品に比べたら、ずいぶん品がない漫画と言われそうです。
    がく〜(落胆した顔)

    くじら大吾は、番長ではないんですよ。
    身体はデカく力も強いけれど、ケンカはしない、気は優しい。
    確か、孤児のリーダーという感じでした。
    まぁ泥臭いといえば、泥臭く、当時の子供にはいまひとつ受けなかったようですね。
    受けたのは「ハレンチ学園」とか「男一匹ガキ大将」でした。

    オバQも大当たりしましたが、著作権の問題などで漫画本が
    復刻しないのが残念ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 21:48
    > mixiユーザー 
    >世田谷ビジネススクエアタワー15階
    http://www.fournines.co.jp/company/map.html
    用賀の28階建の超高層ビル
    周りに高いビルがない中にポツンと建っています。
    まだ私が用賀に住んでいた時に建設したので
    よく覚えていますよ。
    用賀(玉川地域)なのに、なんで「世田谷ビジネススクエア」
    なんだろ?と思いました。
    玉川の人間はそう思いますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 21:51
    > mixiユーザー 
    その言葉は、前田日明が長州に言ったんですよね?
    彼が、最初に言ったとしたら、大した造語能力です。

    ただ、この漫画が連載中、小学生だった前田は
    知っていたでしょうが、レスリングに打ち込んでいた
    高校〜大学生の長州は知らなかったかも知れませんねあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月19日 22:52
    > mixiユーザー 
    私もミッシェル・ポルナレフを知ったのは「シェリーに口づけ」で
    1971年の秋、ラジオの深夜放送です。
    無論、顔は見えませんでしたが、レコードを買いましたよ。
    そこで、あの大きな眼鏡を見ました。
    第一印象は、昔のヒーロー「シルバークロス」や
    「七色仮面」のような眼鏡だと思ったことです(^^:。
    ああいう眼鏡は夜店でも売っていましたよ。
    その後、テレビなんかで垣間見ると、だんだん、
    衣装が派手になっていきました。
    その辺は後年のジュリーのようでもありました。

    >Love me, please love me
    この曲も好きです。邦題は「愛の願い」でしたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月20日 02:40
    > mixiユーザー 
    ないんですよ。ティアドロップタイプ。
    僕らの若かりし頃は人気で、安い近眼用眼鏡などには多く採用されていたと思うのですが、今は驚くほどありません。

    四角の眼鏡は老けて見えるから嫌なんですが、流行ってやつでしょうね。
    ちなみにレイバンのシューターは憧れでしたぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月20日 20:49
    私も白内障予防というか眩しくて目を開けていられないときがあったのでサングラスをかけています。私も以前はオーバーサングラスでしたが何年か前から度つきサングラスにかけ替えてうんてんしてますし、助手席でもかけます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月20日 21:26
    > mixiユーザー 
    >ティアドロップタイプ。
    私は、高校生の時、フォークグループ「ガロ」の
    堀内 護が掛けていたのが印象に残っています。
    http://genki4050.wp-x.jp/archives/6815.html
    その時は、「タレメガネ」とか呼んでいましたが、
    ちょっと気障っぽいけれど、格好良い。
    大人になったら掛けようと思いました。
    そういえば、今、見ませんね。
    なら、これを掛けて出かければ目立つんだろうな。

    先日、買った四角く大きなオーバーサングラスは
    そんなに見かけは良くはありませんが、
    紫外線をシャットアウトするのが目的ですから、、考えてる顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月20日 22:00
    > mixiユーザー 
    私も昨年まで、夏の日差しの強い日に、家に帰ったら
    目がショボショボになっていたことがありました。
    昨年の秋に眼科検診を受け、大丈夫だったんですが、
    その時までに、かなり目を消耗させていたと反省しています。

    度付きのサングラスですか!?
    今のオーバーサングラス、外で掛ける分には良いんですが、
    それで家に入ると、暗くて調子が狂ってしまいます(^^:
    以前、軽く茶色が入った度付きのメガネを持っていて、
    それで会社にも出勤していたんですが、、
    上司に(直属ではなくその上の部長クラス)に、それとなく
    「サングラスは会社では相応しくない」ようなことを言われ、
    私も、逆らわずにそれの使用を止めました。
    なんで、軽く色が付いた(サングラス)メガネを持っていたのか?
    と言えば、その前に車の運転をしていて、やはりまぶしいので
    購入したんだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月21日 12:51
    前は祖とに出たりすると色が変わる眼鏡をかけていました 。公園などでよそのこが泣いたりするのでかけるのをやめて普通のに戻しました。面倒だけど掛け変えることにしました
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月21日 21:39
    > mixiユーザー 
    よそのお子さんに泣かれちゃったんですか?
    まだサングラスは怖い印象があるんですね。(^^:
    まぁ、昔ほどではないけれど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月23日 21:32
    ショッピングセンターは地下とか屋根つきのところに車を停めるときは少し暗いですが近くてもサングラスを掛けることにしています
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月23日 22:58
    > mixiユーザー 
    私のマイミクさんも、最近、度付きのサングラスを
    買って、調子が良いとボイスに書いていました。
    私は、普通の眼鏡にオーバーサングラスの方が良いな。
    脇からの紫外線もシャットアウトできるし。
    本屋に入ったら、外すのは面倒だけれど
    すぐに本を読めるし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月25日 19:00
    いつも気分にあわせて二つの眼鏡を替えて、車に乗るときはサングラス、本を読むときは近々眼鏡を替えています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年07月25日 21:32
    > mixiユーザー 
    私は以前、使っていたちょっと度の弱い眼鏡を
    PCと読書用に使用しています。
    外出は、縁のない眼鏡ですが、
    気分によってティアドロップ
    これ、今はもうないので
    却ってオシャレかな?(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月01日 18:00
    私は若い頃、眩しい光が苦手だったので、光によって色が変わるメガネをかけていました。当時建築会社で現場監督をしていたのですが、上司から「そのメガネは客に対して印象が悪いからやめろ」と言われ、「まぶしいのが苦手なので」と言っても「そんな言い訳は通用しない」といわれ、泣く泣くレンズを替えました。
    数年後、その上司が目の病気の為サングラスをかけて現場に来たとき、どうやって突っ込んでやろうか、と一瞬思ってしまいましたが、社長も一緒にいたので思いとどまりました。
    今でも眩しいのは苦手ですが、若い時程でもなくなりました。単に鈍くなっただけかも知れませんが、花粉症を防げるのなら、そのオーバーサングラスとやらを、使ってみようかとも思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月01日 20:28
    > mixiユーザー 
    私も、もう20数年前ですが、会社内でちょっと色のついた
    ティアドロップのメガネを掛けていたら、年配のお偉い方に、
    柔かい表現ですが、「社内ではそぐわない」と言われました。
    まぁ、内勤ですから、まぶしくて掛けていたわけではないので、
    社内では止めましたけれどね。
    昔の人は、やはりサングラスに悪い印象を持っているんでしょうね。
    昔のドラマなんかは、チンピラはみんな黒メガネを掛けていましたから。
    でも、本当に今、夏場はサングラスを掛けた方が
    眼病予防のために良いようですね。
    春には花粉症を避ける効果もあるし。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年07月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031