mixiユーザー(id:4597260)

2017年05月26日22:24

1406 view

禁じられた遊び〜昭和歌謡曲98〜洋画の題名から取った曲

〜勝手につけやがれ!〜
映画の題名には著作権が発生しないので、
そこから曲名につけてもOKだと聞いた。
これ昭和も30年代は、あまりそういう例はなかったと思う。
昭和40年代後半から、阿久悠あたりが多用した感がある。

まぁ洋画の題名をパクった、肖ったといっても、「卒業」とか
普通名詞の場合は偶然ということもあるし、
洋画がそんなに有名でもなく、その公開と歌謡曲のリリースの
期間が離れている場合はパクリとも言えない。

昭和28年公開のアメリカ映画「「終着駅」と
47年ヒットした奥村チヨの「終着駅」作詞:千家和也/作曲:浜圭介
なんか微妙だと思う。

るんるんスパイダース解散後、
井上順之のソロデビュー曲「昨日・今日・明日」昭和46年4月
作詞:阿久悠 / 作曲:都倉俊一

同名のイタリア映画(昭和38年)は、後年、テレビで見た。
監督ヴィットリオ・デ・シーカ、主演ソフィア・ローレン&マルチェロ・マストロヤンニ。
ストーリーはよく覚えていないが面白かった。

目曲がリリースされた時に、ハッキリ
「これは洋画のパクリだ」と思ったのは、
「禁じられた遊び,」 山口百恵 、昭和48年11月

これも作詞は、「終着駅」と同じ千家和也。作曲:都倉俊一。
映画の方は、昭和28年公開、ルネ・クレマン 監督で、
フォト
映画のタイトルと共に、ナルシソ・イエペスが弾いたこのギター曲が
「禁じられた遊び」とその後、呼ばれたが、

元々、ギターの練習曲で、「愛のロマンス」とかベタな曲名もついていた。
映画「禁じられた遊び」は、予算がオーバーして
主題曲にオーケストラを使う金がなくなって、しかたなく
イエペスに独奏を依頼したとかWIKIにあったが、
情けない話だったんだな。あせあせ

ムード街の灯り:堺正章 、昭和48年6月、作詞:阿久悠 作曲:浜圭介

マチャアキの歌では結構好き。これと「さらば恋人」
くらいしかヒットはないが(^^:

映画「街の灯」はC・チャップリン監督、主演、昭和6年。
通して見ていないがストーリーは知っている。
浮浪者と盲目の花売り娘の話。
紛らわしいが映画は「まちのひ」
歌は「まちのあかり」と微妙に変えている。
ちょっと題名を変えたのは「マイ・フェア・レディ」
→「マイ・ピュア・レディ」(尾崎亜美)があるね。

るんるん「草原の輝き」, アグネス・チャンの3曲目
作詞:安井かずみ、作曲:平尾昌晃昭和48年7月
♪居眠りしたのね いつか小川のせせらぎ きいて♪
アグネスの曲って、これと「ひなげしの花」くらいしか印象に残っていない。
これも、ヒットしている時に36年公開のエリア・カザン監督の
「草原の輝き,だと聞いたが、見ていないし、ストーリーも知らない

翌49年頃は、もう洋画の題名ばっかり
ムード「さらば友よ」 森進一作詞:阿久悠/作曲:猪俣公章 49年4月

映画としては 昭和43年フランス、監督ジャン・エルマン、
アラン・ドロンとチャールズ・ブロンソンの2大スターの共演と言われるが、
まだこの時はドロンの方が遥かに格上だったと聞く。
逆にブロンソンがこの作品で頭角を現したとも。
しかし日本では公開時にブロンソンはまだ無名。
それが45年の「マンダム」のCMで大ブレイク。
それを受けて、森進一の曲の前にテレビの名画劇場で見た記憶がある。

るんるん「黄色いリボン」桜田淳子昭和49年5月
作詞:阿久悠/作曲・編曲:森田公一
映画はジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン主演の西部劇
日本公開は1951年。これもテーマ曲が有名。



ムード「追憶」沢田研二 昭和49年7月
作詞:安井かずみ/作曲:加瀬邦彦

追憶という言葉は普通名詞だが、これも同年4月に日本公開された
バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォードの作品。
一応見たけれどそう印象に残っていない。

ジュリーは昭和52年「勝手にしやがれ」でレコード大賞を受賞したが、
これもし同名の映画がある。昭和34年、フランス映画、
ジャン=リュック・ゴダール 監督、ジャン=ポール・ベルモンド主演。

あと、映画とは全く同名ではないが「カサブランカダンディー」は戦前の
ハンフリー・ボガート主演「カサブランカ」をモチーフにしている。

手(パー)昭和49年に戻って
ムード10月「甘い生活,」 野口五郎 作詞:山上路夫/作曲・:筒美京平
野口五郎は、この曲くらいから好きになった。
映画「甘い生活」はイタリア、 フェデリコ・フェリーニ監督、
昭和35年公開だが、見ていない
私にとって最初に「甘い生活」というタイトルを聞いたのは、
昭和44年頃永島慎二の「漫画家残酷物語」から。

るんるん「夜の訪問者」 小川順子 作詞石坂まさを 作曲城賀イサム昭和50年


昭和50年も後半は、家を出てテレビが見られない環境にあったので、この年の
歌謡曲は疎いが、この人の♪夜の訪問者〜」の独特の節回しは覚えている。
小川順子は〔年齢サバ読みしていないとすると〕、私と同じ昭和31年度生まれ。
分類としてはアイドルではなく演歌なのかな?
一応昭和50年のレコード大賞新人賞の5人の中に食い込んだが、
その後、ヒットがなく引退。
小川順子という名前はありふれているし、外見もどこにでもいる女性
という感じで個性が不足していたと思う。
作詞の石井まさをは、藤圭子の一連の曲を手掛けた人だな。
「新宿の女」「圭子の夢は夜ひらく」「命預けます」と。

映画「夜の訪問者」の方は、昭和45年、イタリア・フランス合作
これもブロンソン主演でテレビで見た。
フォト

「青い珊瑚礁, 松田聖子」 作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎55年7月
これは、アメリカ映画「青い珊瑚礁」の、もろ肖りだと思ったが、


日本公開の方が遅いんだな(8月),とにかく主演ブルック・シールズ の
映画とこの歌がともに大ヒットして相乗効果を産んでいた。
この時、15歳、美少女の代名詞だった。確かに美女だが、
日本人から見ると180cmはデカすぎる。

聖子にとっては2曲目の歌、デビュー曲「裸足の季節」も
そこそこヒットしたが、これでスターダムに乗った感がある。
歌詞の♪二人きりで流されても良いの♪は映画のストーリーをなぞっているね。


目まぁ名画の題名がそのまま歌謡曲のタイトルに適するとは思えない。
「地上最大の作戦」とか「猿の惑星」
↓「ラプチャー 破裂』なんかも、今後もこういう題名の曲は
リリースされないだろねふらふら

位置情報一番嫌いなモノを与え続ける人体実験の模様を公開!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=14&from=diary&id=4591559
23 31

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 22:35
    街の灯りは、チャップリンもマチャアキも大好きです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 22:52
     禁じられた遊び、黄色いリボン、青い珊瑚礁…は観ました。やはり、ブルック・シールズが印象的だったなぁ〜僕より年下なんですよあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:02
    僕もこの問題を日記にしたことがあります。

    日本の歌謡界のパクリはメロディが酷いですが、タイトルはもうやりたい放題で、洋画のみならず小説でもなんでもあんまりじゃないかと思っています。

    ゴダールの「勝手にしやがれ」や笹沢佐保の「六本木心中」、カミュの「異邦人」などをパクったタイトルの歌謡曲は名曲だったので許しましたが。

    ご指摘の「さらば友よ」が演歌にされたときはかなり頭にきました。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:03
    印象に残っているのは黄色いリボン・夜の訪問者・青い珊瑚礁あたりですね。映画・黄色いリボンはDVDを持ってますよ。淳子のデビュー曲でしたね。今聴くと昭和色のある曲です。そして順子のほうは一発屋でしたね。ちょっと華がなかった印象です。青い珊瑚礁はブルック・シールズの印象がありますね。たしかに大きすぎで日本人の好みからずれてしまったかも。彼女はプリンストン大だったかな?学業成績もよかったみたいですね。それにしても映画タイトルの曲がけっこうあったんですね。あと、エデンの東って歌を誰か歌ってたような記憶ありますよ。歌手名が出てきませんが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:06
    ジュリーの「時の過ぎゆくままに」は映画「カサブランカ」の主題歌「As Time Goes By」から
    付けたのかもしれませんね。
    「サムライ」というフランス映画もあったけど、あれは関係ないかなあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:08
    > mixiユーザー 
    小学3,4年の時に、少年マガジンの人気漫画「丸出だめ夫」で
    ボロット(というロボット)が盲目の少女と知り合い、
    お金を懸命に貯めて彼女の手術代を工面して、
    目を治すと言う感動的な話がありました。
    その時は、気付きませんでしたが、6年生の時、今度は少年サンデーで、
    「おそ松くん」の時代劇バージョンでイヤミが同じように盲目の花売り娘を
    救う話を読んで、これはチャップリンの映画から取ったんだな、
    と分かりましたよ。
    マチャアキの「街の灯り」はドラマ「時間ですよ」の挿入歌でしたね。
    浅田美代子が出演していた時でした。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:12
    > mixiユーザー 
    私は、今回、挙げた映画はまともに見ていないんですよ(^^:
    青い珊瑚礁は、映画も聖子の歌も両方ヒットしたのを強烈に
    覚えています。学生時代、最後の夏休みでした(遠い目)。
    ブルック・シールズって、まっしーさんからすれば
    2、3歳年下で、彼女が15歳で鮮烈に世に出たわけですよね。
    私にすれば、ちょうど山口百恵という感じです。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:13
    コムシンさん

    もちろんアラン・ドロンのサムライは関係あると思います。 かつ、あれは大藪春彦の小説「唇に微笑 心に拳銃」を持ってきてました。^^; 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:34
    > mixiユーザー 
    確かに日本歌謡界の洋楽のメロディのパクリは
    酷かったですね。誰とは書きませんが、昭和歌謡界の大御所とか。
    あまり露骨なのは、クレームが付きましたが。
    タイトルは著作権が発生しないので、OKらしいです。
    一言、二言の題名までは同じでも仕方がないと
    見なされるんでしょうね。
    逆にそれに縛られては、自由に題名が付けられなくなる。

    そうですね!映画というか、小説が元ですが「異邦人」もそうでした!
    「さらば友よ」は、節操がありませんよね(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:43
    おじ3が中学生の時に、同級生がギターを買って練習しだしたのです。おじ3もあの時に真似してギターを買っていれば今頃は・・・少しはギター弾けたろうに〜ww頑固な親父が怖くて実現出来ませんでしたよ〜^ww
    友達にギターを借りて最初に弾きだすのは「禁じられた遊び」でしたよ〜〜ムード
    しかし〜洋画の題名を日本で歌の題名にしたのは〜こんなに多いのですねぇ〜〜カチンコ映画矢印左右カラオケるんるん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:48
    > まるさん
    いや、淳子のデビュー曲は、天使がどうのこうの、
    という題名でしたよ(^^:。
    2曲目の天使が続いたなぁ。
    順子のほうは、本文にも書きましたが、私と同学年です。
    昭和50年、高校を卒業してのデビューでしょう。
    まぁ歌手は高校をでなくてもデビューできますが。
    やはり、昭和31年度生まれは大成しないなぁ、と思いましたよもうやだ〜(悲しい顔)

    そう!ブルック・シールズは、プリンストン大だとか
    一流大に行ったんですよね。
    しかし、あまりにも完璧すぎると、可愛げがなくなります(^^:。

    >エデンの東って歌を誰か歌ってたような
    あったかも知れませんが、
    あまりにも露骨な肖りは却って売れないでしょうね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:49
    堺正章の浅田美代子とのドラマ挿入歌は「昨日から明日へ」じゃなかったですかね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:51
    ブルックス・シールズって180僂發△辰燭鵑任垢諭B腓そうな感じはしてましてけどビックリです。女優としての「代表作」は青い珊瑚礁くらいでしょうか?日本の化粧品のCMにも出演してましたねるんるん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:51
    > mixiユーザー 
    「サムライ」については、
    なしごれんさんもコメしていますが、
    私は、直接、映画の題名とは結びつけませんでした。

    、、、しかし、、
    ジュリーの曲も昭和49年の「追憶」から洋画にタイトルを
    取ったものが多くなりましたね。
    その前は、「危険なふたり」とか「胸いっぱいの悲しみ」とか
    オリジナルのタイトルだったんですが、
    なにか49年からやたらと増えましたよ。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:51
    あ、「さよならの向こうへ」だったかな!? 曲名が思い出せないあせあせ(飛び散る汗)がまん顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 23:57
    > mixiユーザー 
    この「青いサンゴ礁」の時は、まだ15歳で
    180cmもなかったかも知れませんが
    今、WIKIを見ると183cmになっていますよ(^^:。
    この人も、マイケル・ジャクソンと噂になったり、
    テニス選手のアンドレ・アガシと結婚したなど、
    話題が豊富でしたが、
    女優としては、いまひとつでしたね。
    アメリカ人女性としても、身長が高すぎて
    共演できる男性がいなかったのかも知れませんね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 00:14
    > mixiユーザー 
    レスの順番がちょっと狂いました。失礼!
    みんな、ギターを持つと「禁じられた遊び」にチャレンジしますが、
    もともと練習曲なので、普通に演奏する分には、特に左手は、
    そう難しくはないんですね。。
    右手は、第一弦(一番下の弦)を薬指、第二弦を中指、三弦を人指指で
    順番に弾きますが、主旋律の第一弦だけアポヤンド奏法(
    強く弾き上の第二弦にぶつけて指を止める)。
    第2、第3弦は、アルアイレ奏法といって、かるく弾く、
    これが難しいんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 00:18
    > mixiユーザー 
    仰りたいのは、「涙から明日へ」だと思います。
    これも「時間ですよ」の挿入曲ですが、
    昭和46年夏のリリースで
    天地真理ちゃんと歌った曲です。
    これも良い曲ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 00:23
    目からウロコです。失礼しましたあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 01:33
    本当に「ああ。そうだったのか!」です。よし、僕も漫画のタイトル、映画からパクろう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 02:07
    映画のタイトルと同じって、「禁じられた遊び」ぐらいしか知りませんでした。
    結構あるんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 02:47
    もう忘れていましたが、私も以前こんな題名勝手につけやがって、と思ったことがありました。なかには私の好きな曲も含まれていますが、こうして並べると、実に多いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 09:55
    こう見ると、映画タイトルと同じ歌謡曲は多いですね。
    まねをしたのか偶然なのか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 12:46
    > mixiユーザー 
    漫画の題名で「エデンの東北」とかありましたね。
    タイトルはともかく、チャップリンの「街の灯」は、
    小学校の時「丸出だめ夫」や「おそ松くん」が
    そのモチーフで描いていました。
    赤塚不二夫は、映画やOヘンリーの作品からストーリーを
    取ったモノが多いですね。
    後に元ネタを知ってちょっとガッカリしましたよ。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 12:47
    > mixiユーザー 
    やはり「禁じられた遊び」は、その主題のギター曲もあり、
    有名ですが、その他の「夜の訪問者」とかは、
    もう忘れらていますね。
    「追憶」なんかは、単なる一般名詞だし。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 12:47
    > mixiユーザー 
    特に昭和48,9年は多いですよ。
    一種のブームと言っても良いでしょう。
    類似したものまで挙げれば
    フィンガー5の「個人授業」は「個人教授」
    チェリッシュの「避暑地の恋」は「避暑地の出来事」

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 19:05
    映画に詳しくないので、よくわかりませんが、シンシアの歌でそういうのありませんか?
    「純潔」とか「夜霧の街」なんて映画、ありそうな気もするのですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 21:54
    > mixiユーザー 
    偶然もあるでしょうが、やはり、肖りのほうが多いでしょう。
    「夜の訪問者」なんか偶然というのは苦しいですよ(苦笑)
    まぁ内容的には、映画のストーリーとは無関係ですが。
    内容までパクったら問題ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 22:55
    > mixiユーザー 
    ムーミンパパさんからコメが来るとしたら、
    その質問になると思っていました。
    シンシアというか、有馬三恵子さんの作詞の曲には、
    少なくともシングルのA面、B面には映画の題名は見当たりませんね。
    「純潔」「夜霧の街」+映画で検索したら、「ピュア 純潔」とか
    「夜霧の南京街」という題名の映画はあるようでね。
    あと、ありそうなタイトルで「早春の港」「Good-bye My Yesterday」
    も検索しましたが、ありませんでした。
    「グッバイガール」は映画の主題歌だし、事実上の最後の曲「初恋」は
    同名の映画がありますが、シンシアの方が先だし、他の歌手も同名の曲を
    出しています。

    ただ、ちょっと映画に影響を受けたのでは?
    と思うのはシンシアの2曲目、「潮風のメロディ」、この1971年には
    マークレスターの「小さな恋のメロディ」が中・高校生の間で大ヒットしました。
    それに肖ってか、秋に小林麻美が「初恋のメロディ」でデビュー。
    「メロディ」という言葉がプチ流行したので、影響があったのかな?
    という程度です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 23:59
    懐かしいすねるんるん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月28日 00:46
    > mixiユーザー 
    初めまして。コメどうも。
    こういう日記を書いていますので、
    良かったら、またおいで下さい。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年05月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031