mixiユーザー(id:4597260)

2017年05月23日22:12

814 view

バットマンカー〜ヒーロー(正義の味方)の乗り物〜流星号

〜ルーツは觔斗雲ではないかな?〜

5月12日の日記で、バイク(オートバイ)に触れ、
「まぼろし探偵」の乗り物はオートバイ、「少年ジェット」は
スクーターと書いたが、それを受けて、月光仮面(左画像)、
そしてワイルド7もバイクに乗っていたというコメをもらった。
ということで、今回のテーマはヒーロー(正義の味方と言った方が良いかな?)
の乗り物に付いて。

正義の味方は、事件が起きたら、
迅速に現場に向かわなければならない。
その元祖、スーパーマンは、宇宙人=超人→空を飛べる。
その系統は、ナショナルキッド、ウルトラマンに継がれているが、
生身のヒーロー(主に探偵)はやはり乗り物が必要だった。

アメコミのバットマンは生身の人間なので、
バットマンカーなる車を乗り回していたが、
これは格好が良かった。停車する時、パラシュートが
出てきたりして。これも時代によって型が違うらしい。
私が見たのは1966年頃のテレビドラマのもの(中央画像)。
007ジェームス・ボンドのアストン・マーチンも色々と
仕掛けがあったが、外見は普通の車だ。

テレビアニメになった和製ヒーローでは、
「スーパージェッター」(久松文夫作 少年サンデー掲載65〜66年頃)
主人公は、30世紀からやってきた未来人、乗っているのは
タイムマシン機能が付いた陸・空両用(水中も走れたのでは?)
のエアカー「流星号」←30世紀にしては古典的ネーミングだな!?(苦笑)
しかも、ジェッタ―が腕時計式の通信機で「
流星号、応答せよ!流星号、応答せよ!」と呼ぶと、自動的に寄って来る。

あまり有名ではないが、かくいう私もあまり読んだ記憶がないあせあせ
小沢さとる作のエムエム三太は小型ヘリコプターを操る。
フォト
この漫画も、65年頃、最初、掲載誌が少年サンデーだったのに、
少年マガジンに変更になったんだよな。

生身のヒーロー時代から、ロボットヒーローの時代になって
鉄腕アトムとかエイトマン、こういうの速く走れる空を飛べる。

その中で、サイボーグヒーロー(頭脳は人間の脳みそ、身体はロボット)
の電人アロー(一峰大二作、)は、「アロー号」なる空中スクーターに
乗って登場する。↓の3分30秒頃

これは初代アロー号で、跨って乗るタイプ。
フォト
そしてなにより特長的なのは地上から見上げると
アスパラのマークに見えること。アローの胸にもアスパラマークがある。
当初、この漫画は「アスパラ」の田辺製薬の提供でテレビアニメ化を
前提に「月刊・少年」に1964年連載されたが、技術的な問題もあり、
アニメ化が潰れ、田辺製薬もスポンサーを降りた。

そして、漫画では、初代アロー号が壊され、
アローも攻撃を受け、胸を負傷したが、誰かによって、
修理され、胸のマークは変わり、2代目アロー号が制作された(苦笑)。
フォト
2代目は、寝そべる様にして搭乗する。

手(パー)マグマ大使は、ロボットで、
ロケットにも変身できるのだが、当初の案ではロケットに
跨って登場するキャラクターだったようだ。
フォト

「少年画報」65年4月号の予告
しかし、大型ロボットがロケットに跨って来ると言うのも
しっくりいかないし、そのロケットも
敵と戦っている間、邪魔だろ?
交戦中にロケットを破壊されたら、帰れなくなるし(^^:

で、読者から漫画の題名を公募して「マグマ大使」になったのか!?
手塚治虫の漫画では「鉄腕アトム」の原型が「アトム大使」
だったのだが、アトムは「大使」の役柄だったが、マグマは違うと思う。

目ヒーローもので乗り物を駆使するルーツは
孫悟空の觔斗雲ではないかな?
フォト

日本のヒーローの元祖って、
戦前からある黄金バットだけれど、
これも何気なく空を飛べるんだな?
紙芝居での風貌は、どうみても悪役というよりちょっと危ない。
フォト
1967年に外見を変えてアニメ化されたようだが、
見ていない。(^^:
フォト

あせあせ仮面ライダーの時代から、
もうヒーローモノは分からなくなってきた。
フォト
ライダーというくらいだから、バイクに乗れないとね。
これも、サイボーグ改造人間だから、
速く走れる機能を付けてやれば良かったのに!

グッド(上向き矢印)時代はぐっと上がって、といっても1980年代。
もうこの頃は、少年雑誌に正義の味方は出てこないが、
「熱笑!花沢高校」(どうくまん作、週刊チャピオン掲載)
これに出てくる戦闘バイクは凄かった。
この漫画、タイトルに「熱笑!」とあるように、
最初は「嗚呼!花の応援団」と同じギャグ漫画だったが、
主人公の高校生がだんだん、強くなり花沢高校の番長になり、
正義のツッパリを宣言する。↓のようなイジメをも撲滅し、
位置情報■同級生に「虫食べろ」=強要容疑で少年逮捕―警視庁
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=4585228

近隣の不良を懲らしめだんだん勢力が大きくなり、

大阪いちの不良というより犯罪組織「北大阪の虎」と対峙する。
彼等の乗り物は最初は、せいぜい弾丸を発射するバイクだったが、
フォト
段々ヘリコプター、ホーバークラフトまで登場し、
フォト
空を飛び、弾丸どころではなく、ロケット弾まで発射する。
フォト
1980年代、こんな兵器、当時のアメリカ軍でも
持っていなかっただろ?

大阪の高校生の抗争だが、もう近代戦争、
いやSFの世界だった。ふらふら





19 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月23日 22:44
    仮面ライダーからは分かりますが、その前は曖昧な記憶です。
    アニソンが好きなので、ジェッターの歌は分かりますが、ストーリーとかはよく知りません。
    再放送とかあれば見たいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月23日 23:07
    > mixiユーザー 
    仮面ライダーも放映された時、中学生で
    私は見ていなかったけれど、同級生では見ていた奴もいます。
    時々「キエーーー!」とか奇声を上げたり、「変身!」とか
    「ライダーキック!」とかやっていましたよ。あせあせ

    ジェッタ―はもろ直撃の小学校の時で、
    そのアニソンはいまでも覚えています。
    ♪ジェッタ―、ジェッタ―、スパージェッタ―、
    マッハ15のスピード―だ〜ですね(^^:


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月23日 23:10
    バイク乗りで印象深いのは月光仮面とワイルド7というコメを差し上げた者です。

    それを乗り物全般に広げて乗ってるのが「正義の味方」限定とすると、僕もスーパージェッターが代表選手じゃないかと思います。

    蟹座さんが「ヒーロー(正義の味方と言った方が良いかな?)」と書かれたのは、意味深いと思います。

    絶対的な正義の味方というある意味ファッショな存在は、スーパージェッター時代から少しすると成立しなくなってしまいましたからねえ。

    代わりに人類の敵みたいなのと戦うのが主軸になりましたが、それは人類にとってのヒーローであっても正義の味方とイコールではないように思います。

    典型的なのがウルトラマンで、怪獣や宇宙人たちにとっては降参しても逃げても必ずとどめをさしにくる屠殺者ですよ、あれ。 

    子供の頃は彼がスペシウム光線で相手をバラバラにするのを見て大興奮してたんですが。^^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月23日 23:33
    「流星号、応答せよ!」がなつかしい。
    流行りましたわ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月23日 23:41
    > mixiユーザー 
    「正義の味方」というフレーズは
    月光仮面の主題歌にあるんですね。
    ♪月光仮面のオジサンは正義の味方の良い人よ♪
    (作詞は原作の川内康範)
    この言葉も昭和30年の半ばまででしょうね。
    雰囲気的に、もうエイトマンはヒーローという
    イメージでした。

    ウルトラマンも、正義を守っているわけではないんですね。
    闘う怪獣は地球を征服に来た悪でもなく、ただ地球に紛れ込んで
    きただけのが多いんですね。
    その中でもジャミラは気の毒ですよ。
    もと地球人の宇宙飛行士の成れの果てですから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月23日 23:41
    いや〜♪蟹座さん、おじ3こんなに〜恰好よくバイクを傾けて乗っている「月光仮面」の画像は初めて見ましたよ〜♪♪♪\(*^□^*)/♪♪♪
    何しろ〜おじ3は今バイクに夢中なんですから〜〜ww自転車ー(長音記号1)るんるん

    この型のバットマンカーなら〜ブリキ製でも〜ミニチュアカーでも結構な【高額】で販売や買取りがされていたのですが〜今現在では人気の方はどうなんでしょうねぇ〜〜?。。。おじ3はブリキ製のが欲しくて〜以前ヤフオクで狙っておりましたけど〜金額が次第に上がってくるばかりなので〜諦めちゃいましたが〜今思えば良かったのかなぁ〜wwあせあせ

    スーパージェッターの流星号は復刻版のプラモデル(蟹座さんが一番上の右側に載せた画像と同じヤツ)を買って、今でも持ってますよ〜〜(^_-)-☆
    エムエム三太は、結構子供の頃だったか!?忘れましたけど〜よく読んでいた気がする割りには、深く覚えていないのですよねぇ〜w

    おじ3の年代の前の方たちが子供の頃には熱狂したろう「黄金バット」は おじ3あのガイコツの顔で衣装も何か奇術者っぽくて〜とっても正義の味方には思えなかったのデスよ〜〜 ((^┰^))ゞ テヘヘ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月23日 23:58
    > mixiユーザー 
    ジェッタ―の腕時計式の通信機ですね。
    小学生だから、腕時計なんか
    持っていないんですが、
    みんな腕を口に寄せて、見立てて
    そのセリフを言っていましたね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月24日 00:05
    > mixiユーザー 
    バットマンカーは、プラモか
    外国製のミニカーにありました。
    小さなミサイルがバネで飛び出す
    仕掛けがありましたよ。

    >流星号は復刻版のプラモデル
    それもありましたか?
    当時のプラモは雑誌の裏広告でチェック
    していましたが、気づきませんでした(^^:
    同じく、電人アローのプラモもあったんだな。

    黄金バットは、戦前の紙芝居〜戦後すぐの絵物語、
    その後のアニメでのリメイクですから、
    私の前後の世代の方が馴染みはあるでしょうね。
    私なんかエアポケットですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月24日 00:06
    蟹座さん

    バルタン星人なんかも故郷の星がダメになったので地球に移住しようとしてきた宇宙人です。 

    最初は地球人と交渉しようとしたんですが、数が多すぎるので無理と拒否されちゃいましてねえ。 

    そこから侵略者になって、最後はウルトラマンに八つ裂きにされました。

    なんか現代の移民問題そのまんまで、絶対正義が絶対悪をやっつけるという昭和30年代的素朴な世界とは様相を異にしている。

    昭和40年代にはすでに「正義の味方」は成立しなくなっていたことを示す典型的な例かと思います。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月24日 00:34
    > mixiユーザー 
    1966年バルタン星人の回、覚えていますよ。
    宇宙なん民バルタンの代表の一人がウルトラ警備隊のハヤタ隊員(
    だと思いますが)に地球に移住させてくれ、と頼むと
    ハヤタは「地球の法律を守るなら、それも良かろう」と答えますが、
    「どれだけバルタン星人の難民はいるのか?」という質問に、
    「約30億」と答えたと思います。
    いずれにしても、その時の地球の総人口と同じくらいなので、
    「そんなに大勢は無理だ」と断られて、
    暴れるんですね。
    なんか、今の難民問題みたい。
    で、、その後、50年経って今、地球の人口は
    倍以上の74億人になりました。(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月24日 02:06
    マグマ大使は、子供のころロボットだと思っていましたが、ロケット人間だと聞かされて驚きました。ロケットに乗るマグマ大使、初めて知りました。オートバイに乗るヒーロー、仮面ライダーが私も最後です。その後の戦隊ヒーローものは、全く知りません。
    黄金バットのアニメは見ていました。
    スーパージェッターの流星号は、地面の中もドリルなしに掘り進んでいったような気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月24日 19:24
    この中ではマグマ大使ですね。印象にあるのはマグマではなく、やけに色っぽいマグマ妻の應蘭芳さんでした。それとマモル役の江木。黄金バットはアニメで見ました。今見るとどうみても悪役の顔。とても正義の人とは思えないですね。仮面ライダーは残念ながら見てませんでした。最後に見た特撮は好き好き魔女先生でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月24日 21:27
    > mixiユーザー 
    マグマ大使は、ロボットでも良いと思思うんですがね
    、、まぁ作者の手塚治虫が、「ロケット人間」だと
    言っているので、それに従いましょう。あせあせ
    同じく「魔神ガロン」もロボットではなく
    「組み立て人間」と説明されています。
    この頃、ロボット漫画が多く出たので、
    差別化しようとしたのかも知れません。

    >ロケットに乗るマグマ大使、初めて知りました
    当初の案では、そういうアイディアだったんですね。
    それがロケットに変身する形になりましたが、
    私はそれ以前に藤子不二雄の「ロボケット」という漫画で、
    ロケットにも変身するロボットを見ていたので、
    手塚治虫がその案をパクったと思っていたんですが、
    「ロボケット」の前に手塚治虫は「旋風Z」という作品で
    ロケットになる女性ロボットを描いていましたよ。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月24日 22:50
    > mixiユーザー 
    マグマ大使はモル役の江木が笛を吹いて「マグマ大使〜」
    と呼ぶシーンがありましたが、
    あれを縦笛で「ピロピロ〜」と同じように吹き、
    「マグマ大使!」と叫ぶ奴がいましたよ。

    このドラマも、テレビではマグマ対怪獣の対決で、
    ウルトラマンに似ていましたが、原作を後で読むと、
    宇宙人ゴアが地球人と同じ人間を送り込んで
    地球を乗っ取る話だったんですね。
    妖怪物の「悪魔くん」もテレビドラマでは、怪獣が出て来ました。

    で、マグマのモル役の江木俊夫ですが、その後、
    フォーリーブスの一員でまた再登場した時は
    驚きましたよ。目
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月25日 03:22
    やはり誤解が多いのですが、エイトマンは空を飛びません。
    超音速で疾走できるだけです。(まあ力はあるでしょうし、後付けで電撃や超高速振動装置なども装備しますが。)
    平井和正はアトムを暴力主義だと批判していて、その分エイトマンは大人です。
    大体、デーモン博士を何故殺してしまわないのかと子供心に不思議でした。

    流星号は好きでした。
    曲線ラインが好きになったのはこのせいか、はたまた曲線が好きだったから流星号が好きになったのか分かりませんが。
    昔のアニメの常として、流星号もカットによってプロポーションが変化します。
    ですから自分のイメージの流星号と合致しないフィギュアも多くて困ります。
    これは「マッハ号」にも言えることですが。
    まあ流星号の場合、絵に勢いをつけるためにあえて誇張変形させている部分もあって、余計ややこしくなってますね。

    仮面ライダーがバイクに乗るのは「疾走感を出すため」だったとプロデューサーが言っています。
    ここは最初から譲れなかったようです。
    それにしても初代サイクロン号(実写版)はカッコイイですね。
    今だにこれに憧れ続けてついに免許取ったわけですから、病膏肓(字合ってます?あせあせ(飛び散る汗))ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月25日 21:46
    > mixiユーザー 
    >エイトマンは空を飛びません。
    アニソンでも♪走れエイトマン、たまよりも速く♪ですもんね。
    いや、、私は、ちゃんと本文に↓のように記しました。
    >鉄腕アトムとかエイトマン、こういうの速く走れる空を飛べる。
    これ、修正していません。
    「こういうの」→「こういうのは」ですね。

    >平井和正はアトムを暴力主義だと批判していて、
    そうですね。元々アトムは愛玩用に作られたのに
    お尻から機関銃も出します。
    かたや、エイトマンは殺人兵器を内蔵していませんね。

    流星号って、アニメ上の演出かも知れませんが、
    形状がゴムのように伸縮したような気がします。

    仮面ライダーが放映された時は、
    もうヒーローモノから遠ざかっていましたが
    久々にバイクに乗ったヒーローだな!
    と感じましたよ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年05月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031