mixiユーザー(id:4597260)

2017年05月05日22:21

1515 view

キングコング〜 黒人俳優の扱い〜地球空洞説〜Hレイス見参!!

〜館内飲食物持ち込み禁止ですって〜

先月、映画「キングコング 髑髏島の巨神」(2D)を見たので、その感想を。
しかし、こういうテーマは映画に興味のない人にはつまらんし、これから
見ようとしている人にはネタばらしになるので、内容については極力避ける。
まぁ結末がどうとか、意外なオチがある、という映画でもないけれどね。

まず、渋谷の某劇場で久々に見たのだが、
「飲食物持ち込み禁止」になっていた。
私はそれを知らず、また館内の食い物は高いと思ったので、
チーズパンを1枚を持参して、
フォト
上映前にこっそり食った。
まぁセンベイを持ち込まれ、バリバリ音を出されたり
匂う食い物も周りに迷惑ふらふらだろうがね。

ドリンクは自販機があると思ったが、なくて、
売店のコーラやコーヒーが、チラッとみたら
360円って高すぎるだろ!?

手(パー)さて、「キングコング」
私は、1933年の第1作を小学低学年の時にテレビで見て痺れた。
フォト

怪獣映画の最高傑作だと思う。その前後に東宝の「モスラ対ゴジラ」
を見たが、やはり特撮ではアメリカに勝てない!と痛感した。
「第1作」は、その後、池袋の文芸座や小竹向原で続編「コングの復讐(33年)」
との2本立て+水野晴朗の生解説や、レンタルビデオでも数回見た。
ついにはDVDを購入。

「第2作‘76」は、テレビで見たが、一番の駄作だな。
コングは怖くないし(美女がコングに心を許す)、他の怪獣との対戦も少ない。
実際に不評で、その反省に立ち、第二作の続編「キングコング2』が1986に公開。
これは劇場で見た。これも今一つだった。

第3作(2005年)は、テレビで見たが、特撮や怪獣同士の格闘シーンは一番。
ただ2作同様に怖さが希薄。
で、今回の「 髑髏島の巨神」だが、
ストーリー的には今までの3作とは違う。
時代は1973年、しかし、また美女が同行する。
総合的に評価すると、☆5つが最高として、☆☆☆だな。
目アトランダムに感想を言うと。
○コングが一番格好良く描かれていた。
従来のストーリーは、第1作では、美女アンには嫌われ、
全作、人間に捕らわれ、ニューヨークで見世物にされ、
最後は殺されるという、まぁ惨めと言えば惨めだよね。

○特撮とか、格闘シーンは、2005年版から12年経ったけれど、
特に進化した、凄い!という印象はない。
○想像していたより、コング他の怪獣登場シーンが少ない。
(前評判で次から次に出てくるようなことが書かれていたが、
2005年版と同様だろ)
中には温和な怪獣も出てくるし。
フォト

○髑髏島でのコングの活躍も良いが、
やはり都会での破壊シーンが見たかった。
今回の映画は、最後に髑髏島でコングを捉え、ニューヨークに連れて行く続編が
つくられるのかと思った。

手(チョキ)コングと関係のないことを書けば、
○いきなりハーリーレイスが出て来て驚いた(^^:。
フォトフォト

○舞台となっている1973年の時点で、
過去に戦争をしたがアメリカと日本はもう友人である
というメッセージが読み取れる。
戦前のアメリカの日本人に対するイメージは今の北朝鮮に対するものと
同じだったんだろうね。
■「米韓が金正恩氏の暗殺計画を主導」 北朝鮮の秘密警察
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4559096

○冒頭に出てくる日本兵士が、全然日本人らしくない。

○髑髏島の原住民は良い人。それまでは白人女(女優アン)を
さらって、コングの生贄にするといった野蛮人だったが。

◎黒人俳優の役柄
これについては多く語りたい。
作中にパッカード大佐という黒人軍人が出てくる。
フォト

悪い人ではないが、軍人魂の塊で、やや単純、粗野。
コングに部下を殺されたこともあり、復讐に燃える。
それを、冷静な白人の研究者や案内役に止められるが暴走する。

誤解を恐れずに書けば、彼の野性的な風貌は、その役柄、
キャラクターに適している。

しかし、1960年代、アメリカで公民権運動が盛んな時は、
黒人に損な役はやらせなかった。
一連のシドニーポワチエ主演映画とか、ゾンビ映画の草分け、
「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(68年)でも、
勇敢な黒人青年が描かれている。かたや白人はダメな役柄や
人種差別主義者で黒人の足を引っ張ったりする。
あと、題名や主演俳優の名は失念したが、黒人ヨイショのアメリカ映画は
他にもあった。

プロレスでも、ボボ・ブラジルはベビーフェイスで、悪い白人の
バディ・ロジャースやバディ・オースチンに正義のヘッドバッドを
お見舞いしていたんだな。

それが、、徐々に風向き変わって、ショーン・コネリー『理由』(95年)とか、
黒人でも悪い奴は悪いと言う風に描かれるようになった。数年前公開の
トム・クルーズ主演のアクション映画とだけ言ってい置くけれど
その中に出てくる黒人刑事が、
フォト
「夜の大捜査網」のシドニーポワチエ扮する刑事にそっくりなのだ。フォト
で、この男、胡散臭いと思ったら、最後に悪い奴だったことが判明。
「夜の大捜査網」のパロディか!?というのは裏読みすぎるかな?
で今回のパッカード大佐に黒人俳優を当てたのが
本当の意味の平等ではないかな?と思った。

目あと、おや?と思ったのは
「地球空洞説」が出て来たなぁ。これ確か、日本では1973年に
大陸書房から出て、私の高校のクラスメートでも本気で信じていた奴がいた。
要するに、地球は、中が空洞で、その中に小さな太陽があり、
また別の文明が栄えているという説。まぁファンタジーなら面白い。
フォト

フォト

大陸書房は、よくこういうトンデモ話の本を出版していた。
今で言うと、学研の月刊誌、『ムー』 みたいなもんだな。

野球そして、バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2でも出てくるのだが、
シカゴ・カブスが優勝したとかしないとか、
この辺は日本人の感覚ではピンと来ない。
まぁ阪神タイガースみたいな存在なのか!?

あせあせ関係のない話だが、
世田谷区の三軒茶屋と下北沢を結ぶ茶沢通りには
キングコングの像がある。(右画像)
祖師谷大蔵のウルトラマン像、成城のゴジラ像、はまだ分かるが、フォトフォト

三茶も下北もコングとは関係ないだろ!?
ついでにいうと、ゴジラもウルトラマンも誕生したのは
隣町、砧町の東宝撮影所と円谷プロダクション。
砧町出身者として、祖師谷のウルトラマン像は許せん!
「みのもんた像」か【木梨 憲武像】を建てれば良いじゃないか!?

東宝撮影所は、敷地の大部分が砧町だが、正門が成城町にあるので
住所が成城になっているだけ。
またこの話です。何度も聞いた人にはご勘弁あせあせ

25 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月05日 23:09
    『キングコング』は第1作と2005年版は確かに観たと思いますが、後はごちゃごちゃで何とも言えません。第1作は同時代の日米の特撮技術の差は歴然だったと思います。今回の評価が高かったら映画館とも考えていましたが、DVD待ちにしようかな。(^_^;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月05日 23:32
    > mixiユーザー 
    >第1作は同時代の日米の特撮技術の差は歴
    1933年時点では無論のこと、
    私にすれば1965年の日本の特撮も、
    キングコング第一作に、勝ってはいなかった
    と感じました。
    ちなみに、私は東宝撮影所と円谷プロがあった
    東京世田谷区砧町で育ち、
    この2社は誇りに思っていますけれど。
    「ゴジラ」も第一作はともかく、66年の「怪獣大戦争」等では、
    ゴジラ―が「シェー!」をやったりして、
    もう怪獣の怖さや特撮以外で受けようとしているのが
    子供心にも分かりましたよ。

    >今回の評価が高かったら
    最新作「キングコング 髑髏島の巨神」どうでしょうかね?
    まぁ私は☆5個が最高で、3個ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 00:02
    > 世田谷区の三軒茶屋と下北沢を結ぶ茶沢通りには
    キングコングの像がある。(右画像)

     茶沢通りですね、今度ウォーキングで茶沢通りを昼間に通ることがあったら、確認してみます。
     http://photo.mixi.jp/view_photo.pl?photo_id=2233970800&owner_id=62077202
     ところで、これは世田谷通り、世田谷区と狛江市との境界付近で見つけたのですが…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 00:09
    > mixiユーザー 
    世田谷通り、世田谷区と狛江市
    にもキングコングがいるんですか!?
    このコングの方が怖そうですね。
    これも、いつ出来たんだろ?
    狛江のあたりは、以前世田谷区に
    住んでいる時も行かなかったし。

    しかし、茶沢通りのコング、2009年に実際に見に行って
    写真も撮ったんですが、いつのまにか削除されているんですよ!
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1297061072&owner_id=4597260
    ネットから勝手に引っ張った画像ならともかく
    なぜ削除されるんだろ?がく〜(落胆した顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 00:53
    この映画メチャクチャ面白かったですが、確かにビル群でのシーン観たかったです!

    ハーリーレイス似は、真壁刀義に似てると思いました。

    黒人俳優の扱いもですが、中国人女優の無理矢理な起用が気になりました。
    中国マーケットを見越してなんでしょうけど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 05:06
    ふと思ったんだけど、キングコングって単なる巨大なゴリラだよね。それより生きている恐竜の方が珍しいじゃん。持ち帰るならそっちだろ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 10:57
    > mixiユーザー 
    >ビル群でのシーン
    まぁタイトルが「髑髏島の巨神」とあって
    予告編とかにも、都会で暴れるシーンはないので
    期待はしていなかったんですが。
    やはり、それも見たいものでした。

    そう!
    キングコングの異名を持つ真壁 にも似ているし、
    彼は、日本語吹き替えもやったんですね。
    私は字幕版で見ましたが。

    >中国人女優の無理矢理な起用が気になりました。
    案内役に東洋人が出ていたのは気づきましたが、
    ストーリーにはあまり絡んでおらず、
    本当に付けたしという感じでしたよね。
    数年前は、ハリウッド映画でも「中国押し」が激しく、

    2年前、ヒットした「オデッセイ」もそれが顕著と聞いて、
    見るのを止めたくらいですよ(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 11:03
    > mixiユーザー 
    その前に「ロストワールド」(1925年)で
    ブロントサウルスを生け捕りにしましたが、
    輸送途中で逃げ出され、ロンドンだったかな?
    街を破壊されたので、恐竜はもう懲りたんでしょう(^^:
    まぁ巨猿も変わりがありませんでしたが。
    学習能力ないですね。
    それで、さすがに今回は生け捕りをやめたようですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 11:08
    学生時代のときアイドルから映画へ趣向がかわりまして、池袋の映画館にはお世話になりました。あのころは持ち込み大丈夫だったはずですよ。映画の楽しみの一つでした。どっちかというと私はキングギドラのファンだったけど。あの独特のテーマソングが大好きでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 11:57
    ハリウッド映画は、その時代時代ごとに
    黒人や白人、有色人種の扱いが変わるから面白いです。

    「ティファニーで朝食を」にメガネに出っ歯の背が低い日本人が出てきますが
    これが長らく日本人のイメージになってしまったようです。

    80年代の「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」では金持ち日本人が現れますが、
    バブルが崩壊し、それもなくなり、
    現在では中国マネーが露骨にハリウッド映画に影響を及ぼしてるようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 17:22
    おじ3も映画「キングコング 髑髏島の巨神」(2D)」はTVCMを見ていて〜怪獣映画好きですから〜是非見よう♪と見に行きましたよ〜。
    人気がある♪と思われる映画では〜地元のシネマコンプレックス内では〜一番大きなスクリーンの上映室から〜順に小さなスクリーン室へ上映されているのですが〜2番目に大きなスクリーン室でしたので〜音響効果も良かった〜耳るんるん
    内容については蟹座さんのおっしゃる様にまだ見ていない方への配慮とかもあり、おじ3も何も書きませんが、黒人の軍人役の俳優の存在感がありましたよねぇ〜。
    今となってはあの貿易センタービルへの同時多発テロの2年前位に最初で最後だろう〜アメリカはシアトルへ行ったのですが〜日本を出る前に会社の先輩が「向こうへ行ったら、黒人と白人の仕事の違いがわかるぞ!良く見てこい」と言われ、・・・確かにダーティーワークや社会的に低い地位!?の職種には〜黒人が就いてました。まだまだなんだかんだ言っても【人種差別】があるんだなぁ〜!・・・と痛感出来たのを覚えております。ww
    。。。で、肝心の映画の方はその後見たアクション映画よりも〜やはり良かったよなぁ〜〜うれしい顔手(チョキ)カチンコ映画ハート達(複数ハート)
    おじ3は怪獣映画はやはり〜大好きなんだ〜揺れるハートと再認識出来ました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 21:37
    > mixiユーザー 
    まぁたいていの映画館は、飲食物、持ち込み自由でしょうね。
    私は、映画館に行くとしてもロードショー劇場は、
    最近はあまり行かず、せいぜい目黒の名画座ですけれど(^^:
    名画座も三軒茶屋の2件の劇場が、3年ほど前に
    立て続けに閉館になりましたよ。

    キングギドラは、最初の「三大怪獣 地球最大の決戦」64年
    と自作の「怪獣大戦争』65年は、劇場で見ましたよ。
    ゴジラ、ラドンは元が恐竜、モスラも蛾が巨大化したものですが、
    ギドラは派手な格好で驚きました。
    しかし、それ以前の怪獣王ゴジラがギドラあいてに
    2,3匹で戦ういわばハンディキャップマッチを
    組まされたわけですね。屈辱だったと思いましたよ。
    いくら首が3っつあってもギドラは一匹ですから。
    怖くて強い怪獣の座を奪われた感がありました。
    そのうっ憤晴らしか、平成になって1対1のシングル戦が
    実現しましたが「ゴジラvsキングギドラ」1991年。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 21:55
    > mixiユーザー 
    >メガネに出っ歯の背が低い日本人
    子供のころ見た、アメリカのアニメ「ディック・トレイシー」
    に出てくるヤマダ警部もそんな風貌でした。
    http://www.suruga-ya.jp/product/detail/122014185001
    まぁ警部(正義の味方)なんですが、やはり気分は
    良くありませんでしたよ考えてる顔

    80年代のアメリカコメディ映画「ポリスアカデミーーシリーズ」
    のノガタも良い奴ですが、カンフーをやったりヨガをやったり、
    中国人とか他のアジア人と混同しています。

    「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」(85年)は、
    このままでいけば、将来、アメリカは日本企業に乗っ取られ、
    日本人の下でビクつきながら働くかも知れないという
    予言がありましたねぇ。威張る日本人の上司の名が
    「フジツウ」というのが笑えましたが。
    あのシーンも複雑な気持ちで見ていましたよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月06日 22:53
    > mixiユーザー 
    やはり、キングコングと言えば、髑髏島で他の怪獣と
    戦うシーンもさることながら、ニューヨークと言う大都市で
    暴れて、最後にはエンパイアステートビルなり
    ワールドトレーディングセンタービルに登って、
    墜落して欲しいものでした。あせあせ
    それだと、今までと同じでストーリー的には
    面白味はないか、、

    まぁパッカード大佐は存在感が大きく、
    あの映画には欠かせない役柄でしたね。
    全員が白人というのもまたバランスが悪いでしょう。
    あまり意味がないアジア人女性も出て来ましたがね。

    どんなに映画で黒人をよく描いても、
    映画は映画。現実は現実ですね。考えてる顔

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年05月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031