mixiユーザー(id:4597260)

2017年05月03日21:38

1472 view

プロレスクイズ正解と解説(チャピオンベルトのこと)

〜1969年の秋、週にプロレス中継が6本あった!〜
4月30日に突然出したプロレスクイズ!
左画像、G・馬場が締めていたインターナショナルチャンピオンベルト(右画像)
に酷似したベルト、これをなんのタイトルで保持者は誰だ!?

正解は「IWWA世界ヘビー級」ベルト(女子プロレス)、
保持者は小畑千代です。
フォト

(写真はゴング(日本スポーツ出版社)1969年5月写真増刊号P50)
団体は「日本女子プロレス協会(以降日女)」、後年のビューティ・ペアや
クラッシュ・ギャルズの全日本女子とは別団体。

このタイトルは、1968年暮に王者ファビュラス・ムーラが
浜松で小畑に破れ日本に定着したが、どうやら日本の
「お手盛り王座」あせあせのようだ。
だから、当時、プロレスの象徴でもあるG・馬場の
インターナショナルベルトを真似たんだろう。

日女は、68年11月に東京12チャンネル(現・テレビ東京)が
特番として中継し、高視聴率を出したのに気を良くして、
12月よりゴールデンタイム(19:30〜20:00)にレギュラー放送。
私は69年の夏頃から見ていた。

IWWA世界選手権は、王者、小畑に覆面のアストロエッティマスク(外人)
が挑戦。他の外人選手の乱入もあったと記憶しているが、
小畑が破れ王座移動!(7月24日放送)
リターンマッチ(8月14日)で奪回。フィニッシュはスリーパーホールド、
それも相手の首を左右に大きく揺さぶるモノ。
こういう動きがあれば観客にも分かりやすいんだろうと感じた。

日女のテレビ中継は70年で終了。72年に解散。
(当時、全女もあったがテレビ中継なし)
その後、全女は1974年マッハ文珠の入団が話題になるが、
逆に、日女は、その年の秋、小畑千代、佐倉輝美、千草京子の3選手は
国際プロレスの女子部所属として試合をして、そのリングでも
小畑はIWWAの防衛戦を行っていたが、76年解散。

1969年の秋は、空前絶後のテレビプロレス中継ブーム。(東京だけだが)
○日本テレビ=日本プロレス中継→金曜日の20:00〜1時間
○TBS=国際プロレス→水曜日の19:00〜1時間
○NET(現テレビ朝日)=‘本プロレス(但し、馬場抜き、猪木がエース)
→水曜日21:00〜1時間、日プロの前座を放映(ヤングプロレス)、
日曜日の6時頃、30分。
○東京12チャンネル、‘女、木曜日19:30〜30分、
▲廛蹈譽好▲錙次1950年代のアメリカプロレスのビデオ、
曜日はいつだったかな?とにかく1時間。

というように、週に6本、5時間放送していた。
凄いぞ!1週間のうちに、馬場、猪木(2回)、s小林、小畑千代、
日プロ前座の高千穂(後のグレートカブキ)のタイガースープレックス、
テーズ対カーペンティアやガニアの世界戦が見られた。

あとTBSかな?「ヤングファイト」という番組で、プロレス、ボクシング、
キックの若手の試合を深夜(と言っても0時頃)に流していた。

手(パー)似ているベルトと言えば、
インタータッグ
フォト
と60年代終わり頃、ロスのアメリカス・ヘビー級ベルトがある。
フォト

これは日プロがロスにインタータッグのベルトの製造を頼んで、
(これまた日本のお手盛りタイトル)、その鋳型からロスのWWAが
同じデザインのベルトを作ったんだな。

また、その後1970年代初め、アメリカでは鷲のデザインのベルトが流行した。
NWFベルト(71年〜)
フォト


インタータッグスタイルの後のロスのアメリカスベルト(72年頃から)
フォト


WWWFベルト(72年頃から)
フォト




↓も似ている(^^:
■近藤春菜にしか見えない! 芸人・ジーニー堤の「ものまね」完成度が高すぎる

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=202&from=diary&id=4556904
13 21

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月03日 23:28
    プロレスの方は おじ3が知らないチャンピオンベルトなので〜近藤春菜の物真似さんの方のコメントをします。

    しかし〜世の中に自分に似ている人が7人いるとか!?・・・聞いた事がありますが〜髪型とか着ている服等を同じ様にすると〜より一層と似て見えちゃいますねぇ〜〜ウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月03日 23:32
    何と日本女子プロレス界レジェンドの小畑千代さんだったとは。
    気が付きませんでした。10年近く前になりますか、浅草で小畑さんと佐倉輝美さんがやられているスナックでオフ会があり、その店であの伝説の「小畑千代vsファビュラス・ム−ラ」戦を皆で観戦。両者の鍛えられた肉体、派手な動きの少ない堅実なレスリング、ちょっとした動きで大観衆を手玉に取るム−ラの見事なショ−マンシップ、子供の頃にテレビ観戦した記憶がありましたが、今見返してみてもまごう事なき名勝負でした。小畑さんも「この頃は今の女子プロと違ってマットが硬くて。だから派手な技は使えなくて。」と言われた様に思います。だからしっかりとしたレスリングの実力がなければ通用しなかったのでしょう。私は小畑さんに両方の肘関節をガッチリと極められ、「あなたの両腕を折る事なんて簡単よ」と言われて、ギプアップするしかありませんでした。小畑さんも佐倉さんもお二人共70才を過ぎておられましたが元気いっぱいで、その闘志は現役時代の儘でした。昭和のレスラ−は男子も女子も本物でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月03日 23:42
    > mixiユーザー 
    コメどうも!
    日本女子プロレスの話は、昭和プロレスファン、女子プロレスファンに
    とってもマニアックでコメしづらいと思いますよ。
    なら、後半のベルトのデザインが似ていることでも反応してくれたら
    嬉しいんですが、前半を読んで引いたのかな?(^^:

    それはさておき、ジーニー堤という芸人、
    私は知りませんでしたが、男性なんですね。
    近藤春菜自身、角野卓造やマイケル・ムーアに
    似ていることをネタにしていますが、そっくりですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月03日 23:48
    > mixiユーザー 
    おっとっと!あせあせ
    ↑のNおじさんのレスで
    >日本女子プロレスの話は、昭和プロレスファン、女子プロレスファンに
    >とってもマニアックでコメしづらいと思いますよ。
    と書きましたが、小畑千代さんの店に行かれて、
    「小畑千代vsファビュラス・ム−ラ」を
    見られたんですか!?目
    ということは東京12チャンネルでビデオを取っておいて、
    それを小畑さんに贈られたんでしょうかね!?
    残念ながら、私は、その一戦はテレビで見ていません。がく〜(落胆した顔)

    小畑さんのお店に「IWWAベルト」は飾っていませんでしたか?
    佐倉選手とのタッグで持っていた「太平洋タッグベルト」は
    JWPに寄贈したんですが、その後、どうしたんだろ?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 00:17
    蟹座さん、こんばんわ。その一戦ですが、どういう経過で小畑さんの所に渡ったのでしょうか。私にも良く分かりません。ちなみに実況は杉浦アナで解説は田鶴浜弘氏と言う「プロレス・アワ−」のコンビです。この時に店では流さん、小泉さん、BI砲さんやその他お馴染みの方々がズラリと揃い、皆で食い入る様にテレビを観ておりました。 ベルトですが覚えておりません。覚えてないので飾ってなかったのかも知れません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 00:27
    > mixiユーザー 
    そうですか!?
    日本女子、それも小畑選手の試合は
    その後の全女とは違い、ある意味、
    オーソドックスなスタイルだったと
    記憶しています。
    まぁ日本女子の中継も、結局1年半で終了して
    その後はすぐに2年くらいで解散の憂き目にあったようですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 07:15
    日女ってあったんですね。
    ニューワールド女子プロレスについて、知りたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 08:45
    1969年というと僕がプロレスにどっぷり浸かってた頃ですが、女子プロレスはほとんど見てなかったです。 どうしても、イロモノに見えちゃったので。

    ので、チェックしてみました。 

    小畑千代という人は「1955年1月、フランス座で知られた東洋興業によって旗揚げされた東洋女子プロレス(媒体によっては東京女子プロレスとも表記)でデビュー」した人なんですね。

    東洋興業というと、つい最近、共通マイミクさんから教えられた伝説のボードヴィリアン、パン猪狩が思い浮かびます。 あそこを拠点にしていたそうなので。 

    彼の妹の猪狩定子(リリー猪狩)は初代女子プロレスチャンピオン。 創成期は兄妹でキャバレーを巡業していた由。

    小畑千代も1950年代から活動していたそうですし、しかも東洋興業とくると、猪狩兄妹の直系なんじゃないですかね。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 13:03
    > mixiユーザー 
    「日女」って、私が今回、便宜上略しただけで、
    当時は言っていなかったかも知れません。
    とにかく、テレビ放映されたのは「日本女子」だけで、
    これが一般に言う「女子プロレス」でした。
    「日女」とは、東京では「日本女子大」ですね。
    いや「ポン女」の方が通じやすいかな?

    >ニューワールド女子プロレス
    これは私もよく知りませんあせあせ
    当時は旗揚げしたことにも気づきませんでした。
    結局1シリーズ、興行しただけらしいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 13:12
    > mixiユーザー 
    まぁプロレスは69年当時、人気があったジャンルでしたが、
    やはり、野球や大相撲からみれば、一段も二段も
    低く見られていましたね。
    そして、それが女子プロとなると、やはり「色物」ですよ。
    その後の女の子が熱狂したビューティペアやクラッシュギャル
    とは違い、おっさんが鼻の下を伸ばしてみるモノでした。あせあせ

    パン猪狩が始めた女子プロレスは1948年で、力道山の日本プロレス
    (53年)より古いんですね。
    まぁその前に昭和初期にアメリカからプロレスラーを
    招いて興行が行われたと言う記録があるそうですが。
    そのパン猪狩の女子プロレスから東洋女子を始め、
    多数の団体が乱立して、67年に一旦、「日本女子プロレス」
    として統合され、テレビ中継も決まった時点で、
    また「日本女子」から後のビュティーペアの
    「全日本女子」が分離独立したとか。
    この世界は集合離脱が激しいんですよ(^^:

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 16:22
    そうでしたか・・・。回答する前に、念のため小畑さんで画像検索したんですが、この写真は見当たらなかったので半信半疑でしたが。「TVでも放映した」で、希少性のあるものだと思ったのと、やはり「水着」で直感しました。やったぁexclamationexclamation
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 20:48
    > mixiユーザー 
    ネット上にこの画像はありませんでしたが、
    正面からポーズを取っているモノがありましたよ。

    平成に入ると、インディー団体が増え、
    聞いたことがない団体のタイトルマッチが
    行われましたが、あせあせ
    昭和ならまだ団体、タイトルも限られています。
    その中でテレビ中継されたとあれば、消去法で考えると、
    日本女子が残ると思います(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 20:50
    うーん、わからなかったですね、どう見てもインターのベルトにしか見えなかったし、ヒントの日プロではないに至ってはますますわからなくなり、女子プロで使ってたのは初めて知りました。1969年当時テレビのプロレス中継多くあったようですが、私の地域では日プロと国際の2団体のみで、女子プロとなると、1968年に中継あり、これは日本女子プロレス協会から別れてできた全日本女子プロ・レスリング協会という団体で、ミスZなる女子には珍しい覆面レスラーが来日していて、観た記憶がありました。覚えているのはそれのみで、日本人選手には巴ユキ子なんてのが居ましたが、翌1969年にはテレビ中継もなくなって、あまり女子プロは関心なかったです。フアビラス・ムーラも中継で観てたかもですが全く記憶なしで、1968年3月に来日してたようで、11月にも再来日して、日本女子の方ですが当時の写真見るとモジャモジャ頭に黒の水着姿は髭のないパンピロ・フィルポのようでした。難易度の高い問題に挑む皆さんの答えを見る程に私なんかよりレベルの高さを感じました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 21:27
    問題編の金蔵さんの書き込みで、あ!っと思い出しました。
    おかげで小畑千代さんのIWWAに気がつきましたが、書き込みは遠慮しました。
    ちなみに国際のIWAのベルトも鷲がデザインされていますね。
    あ、ビリー・グラハムから崩壊まで使われたやつですけど。
    ベルトのデザインは似たものが多いですね。
    UNもアメリカのローカルタイトルのベルトとして使われているのを雑誌の写真で見たことがあります。
    けっこう安く作れるのを知り、驚いたことがあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 23:07
    > mixiユーザー 
    昭和プロレスと言っても、女子、それも日本女子は
    当時のプロレス雑誌も記録を載せていないので、謎の団体ですね。

    67年に多くあった女子プロレス団体が「日本女子プロレス」に
    一応、統合され68年3月、同団体のエース巴ゆき子が、
    フアビラス・ムーラを大阪で破って世界選手権を一旦、奪取
    (リターンマッチで取り返される)。このムーラの世界王座は
    NWA認定のものらしいですね。NWA本部が認めていたかは疑問ですが。

    それで、東京12チャンネルが目を付け、11月に特番を組むんですが、
    その前に日本女子が、分裂、多くの選手が新団体全日本女子に行ってしまうと。
    そこで、フリーだった小畑千代が急遽、エースになったとか。
    それに、69年から始まった「日本女子プロレス中継」も、2,3度、
    「全日本女子(全女)」の試合を流したことがあるとのことです。
    それをゴールドチップさん見たのでしょう。

    私は、69年の夏頃から女子プロレスを見ていました。
    本文にアップした「ゴング」誌69年5月増刊号は、その後、
    通信販売で買ったんですが、その時に初めて「全日本女子」なる、
    もうひとつの団体がある事を知りました。
    まぁ日本プロレスに対する国際プロレスみたいなものだろう、と。
    それとテレビでは気づきませんでしたが、その増刊号の小畑のIWWAベルト、
    よーく見ると「インターベルトにそっくりじゃないか!?」
    と思いましたよ(^^:。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月04日 23:18
    > mixiユーザー 
    70年代のNWF,アメリカス、WWWF,国際のIWA,マスカラスのIWA
    みな、バックルの形が<>で、全面がプレート、皮部分が前から見えない。
    そして鷲のマークですね。でもデザインは多少変わっています。
    これは、真似た、パクったというより、ブームと言って良いでしょう。
    さすがにNWAとAWAは独自のデザインのベルトを使用していました。

    >UNもアメリカのローカルタイトル
    ロスの「パシフィックコースト選手権」でしょう?
    ↓の右側
    http://www.wrestling-titles.com/us/ca/s/la-pc-h.html
    72,3年頃、ラウルマタが締めているところをゴングあたりが
    大写しで載せていましたが、表面の「UNITED NATION」の部分を
    削り取ったのが一目瞭然(^^:。
    このベルトは、元はUNベルトで、結局71年春に猪木がJトロスを破って
    王座を奪ったものの、ベルトまでは移動せず、日本側が同じものを
    作ったんですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月05日 11:32
    > mixiユーザー 

    >日本側が同じものを作った

    そうなんですか。
    UNは、私はてっきり日プロが猪木のためにロス側にタイトルとベルトを新設で作ってもらったのかと思ってました。
    日プロというよりTV朝日かな?
    トロスは「とりあえずチャンピオン」だったのかと思ってました。
    アメリカのファンはあまりそのへんのこだわりはないだろうし。
    「パシフィックコースト」はベルト制作時のサンプルを再利用したのかと・・・(^^:

    それにしてもチャンピオンベルトって面白いですね。
    小畑千代さんのが「IWWA」っていうのも、なんだかなぁ・・・
    東京12チャンネルがらみだからかなぁ。
    でも時期が違うしなぁ。

    私は国際プロレスのファンですが、国際のベルトの使い回しは呆れてしまいます。
    タイトルの底の浅さが見えてしまい興ざめになります。
    それでも国プロファンはやめられませんでしたけどねウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月05日 19:55
    > mixiユーザー 
    UN選手権は、猪木が奪取する前にロスでデール・ルイスや
    パンテラ・ネグラが王座に就いていたらしいですね。
    そのチャンピオンベルトを付けた写真はあります。
    まぁNETとしては、猪木にシングルタイトルを取らせたかったんでしょうね。
    その相手、時のUN王者は、レイ・メンドーサだったが、軽量なので
    Jトロスに変更させたと聞いています。

    で、そのベルトは譲渡されず、日本側(NET)が新たに作成したんでしょう。
    それが、UNITED NATION、Championの下に☆印が2個付いたもので、
    元のUNベルトは星ナシなので、区別が付きます。
    なんでわざわざ区別が付くように☆をつけたのか不明。
    オリジナルUNベルトは、ロスに残り、その後、パシフィックコーストヘビーベルトに
    改造(というのはあまりにもお粗末ですが(^^:)
    日本の☆ありUNベルトは、猪木が追放され、日プロで坂口→高千穂に渡り、
    日プロ崩壊後、全日で76年に鶴田がまた巻きますが、NETとしては自分たちが
    作ったベルトが日本テレビに映るのは許せん!とクレームを付けて、
    返却させたとのこと。で、また日テレがUnベルトを作り直し、
    それはオリジナルと一緒の☆なしのモノで、確認できるのは
    1980年2月、Dマードックが奪取した時は付いていません。

    1974年、国際プロレスで、男子、R木村がIWA世界王者で、
    女子部の小畑がそれに合わせてIWWAという「W(ウーマン)」を
    ひとつ付けたしたタイトルを設定したと、後年90年代にある
    プロレスムック本に書かれていたので、私はクレームを付けて、「
    そんなモノを知らないライターではなく、私に書かせろ!」
    と主張しました。まぁその主張は通らなかったけれど(^^:。

    日本女子がIWWAを創設した(日本で防衛戦を行った)のが1968年の11月。
    国際プロレスがIWA初代世界王者を認定するワールドシリーズを
    開催したのが同年11月ですが、これは全くの偶然でしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月05日 22:47
    ワテクシが女子プロレスを見た時は、モンスターリッバー・レイラニカイが、来日して怪物ぶりを発揮してました。モンスターリッバーは、ジャガー横田と名勝負してましたし。ルーシー加山・マミ熊野も見ました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月05日 23:02
    > mixiユーザー 
    >モンスター・リッパー
    日本人対決がメインだった全女の中でよく聞いた外人選手でした。
    初来日は79年とのことですが、私が見始めた91年にも
    久々に来日したのはプロレス雑誌にも載っていましたよ。

    レイラニカイも80年頃の来日ですね。
    ちょっと名前を小耳に挟んだ程度です。
    やはりデカイ外人選手はプロレス興行に欠かせませんね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月05日 23:08
    モンスターリッバーは、日本を凄く気に入っており、引退は日本のマットでやりたいと言ってましたが、それを果たせず急死されました。生きていれば、ダンプ松本と同じ年ですが、レイラニカイもダンプ松本と同じ年です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年05月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031