ホーム > mixiユーザー(id:44872505) > mixiユーザーの日記一覧 > 日本の軍事は日本で決められるのか?

mixiユーザー(id:44872505)

2015年06月01日23:15

56 view

日本の軍事は日本で決められるのか?

 今日の国会で、北朝鮮のミサイル基地に米軍が先制攻撃したときに、自衛隊は参戦するのかという質問が出て、あべぴょんは参戦しないと答弁したようです。

 大丈夫か?

 米軍は怒っているでしょう。

 この答弁は、まず、米軍にこういう場合どう答えるかを確認しないで、答えたら、恐ろしいことが待っています。

 昔、首相だった田中角栄さんがロッキード事件でつぶされ、民主党のリーダーの小沢一郎さんが「沖縄の海兵隊はいらない、太平洋の艦隊だけで十分」と発言して、政治献金疑惑でつぶされました。

 米国の意に反する発言をしたら大変です。

 実際に北朝鮮のミサイル基地を叩くと、生き残っているミサイル基地から、相当数のミサイルが発射されます。

 これの進路を予測するデータを観測するのが、日本海に浮かぶイージス艦です。

 米国のイージス艦より、自衛隊のイージス艦の方が多いのではないでしょうか。

 日本に向けたミサイルはイージス艦で見つけても、迎撃ミサイルを発射して、撃ち落す以前に、日本に当たります。

 つまり、イージス艦は北朝鮮については、日本の役には全く立たないのです。

 では、なんで自衛隊はイージス艦を持っているのとなると、考えるまでもなく、当然のことながら、アメリカのためなのです。

 アメリカ本土に向けて北朝鮮が発射するミサイルを太平洋上で撃ち落すためです。

 ああそれなのに、それなのに。

 自衛隊が参戦しないと答弁するのは、アメリカ本土にミサイルが届いてかまわないと発言しているのと同じです。

 やばすぎます。

 これは、どこが答弁を書いたのか分かりませんが、致命的な失敗でしょう。

 日本は軍事的には未だにアメリカの「占領下」にあります。

 これまで、アメリカに一緒に軍事行動を取れといわれても、憲法第9条があるので、それは出来ないと断ってきました。

 安保法制が変わると、自衛隊の行動範囲が広がりますが、自衛隊の行動は日本政府が決めるのではなく、アメリカ軍が決めるのです。

 世界中、どこにでも行くのです。

 もう一つ、致命的な失敗があります。

 最前線で「どんぱち」出来るのも、武器や食料などの「兵站」があって初めて成り立つのです。

 「兵站」の字のごとく、戦闘行為なのです。

 「後方支援」は今年の流行語大賞にノミネートされるのではと思うくらい、話題を呼ぶ言葉かもしれません。

 強い「兵站」があって初めて、強い軍なのです。

 最前線で、玉や、食料や、燃料が足りなければ、総崩れしてしまいます。

 後方支援を途中で止めれば、最前線は全滅です。

 この辺の答弁でも、米国は相当怒っていると思います。

 この先、どれだけ、問題発言を続けるか、気が遠くなりそうです。

 それを、米国、米軍が許すとは到底思えません。

 この法案の致命的なところは、ほとんど米国と摺り合せをしていないことです。

 それで、こんなことになるのです。

 野党は、米軍との関係で「戦闘をするか」という質問を連発すれば、あべぴょんは問題答弁を連発するでしょう。

 本当のことを答弁したら大変ですから。

 ここは、防衛大臣に質問でなくて首相に質問のところです。

 そうすれば、ごく近いうちに、あべぴょんはアメリカに政治家として抹殺されることになりそうですね。

 収賄だと思います。

 「諸行無常、盛者必衰」の世の中なのですね。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する