ホーム > mixiユーザー(id:4475081) > mixiユーザーの日記一覧 > 父親が死にました

mixiユーザー(id:4475081)

2019年06月19日12:16

22 view

父親が死にました

本日、西成の警察署から「父親が死んだ」との連絡がありました。
父親に関しては兼ねて「死ねよ」と思っていましたが、死因が喉に食べ物を詰まらせた窒息死ということで、あっけないもんです。
父親方の両親などにも連絡をしたらしいのですが、どちらもお亡くなりになっており、
兄弟も亡くなっていたそうです。
次男は生きていますが、痴ほう症で受け答えできないそうです。
最後くらい葬式をしようと母も思っていたようですが、そんなお金はありませんでした。
ということで、無縁仏で施設に任せることにしました。
どこのお墓に入るとかはわからないようなので、墓参りすらできません。

父親に関しては僕も子ということで、僕と似た感じがあり、
「俺は頑張っているのになんで報われないんだ!」という感じで、
結果、酒に逃げて頑張ることを諦めたケースが父親ということになります。
父親の死から学ぶことは、
諦めずに頑張り続けることの大切さです。
僕も父親の子なので、父親と同様の感情が湧き上がってきます。
しかし、それに流されれば父親と同じ運命です。
酒におぼれ、のどに食べ物を詰まらせて死ぬ運命とかいやです。
ホームレスになって、死んでもお金が無いから葬儀も無しとか嫌です。

父親の死を受けて、それを心に刻み、頑張ることの大切さを学びました。
この人は最後まで僕の反面教師でした。
尊敬できるところがなにもない!
しかし、「こんな風に生きてはいけない見本」でした。
そんな父なので、死んだから悲しいという感情はなかったです。
ただ、「死」というショックと、「喉に食べ物を詰まらせて死ぬ」というしょぼさ。
家族をめちゃくちゃにし、世間に迷惑をかけまくった結果だと思います。

とはいえ、死んでも恨む、ということはあんがいなくなるもので、
僕は死んでも恨むと思っていたのですが、
今は「死んだときくらい祈ってやろう」という気持ちです。
あと、少し寂しい気持ちにもなりました。

ちょっと長くなりましたが、「死」とは誰にでもやってくるもの。
「いかにして死ぬか」という本があるように、それは本当に考えなければなりません。
父のようにならないように、しっかり頑張って「生きよう」と思います。
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月20日 00:40
    杉yさんはいつも頑張っていて、努力家だわ〜と感心しています。その背景にお父さまの姿があったのを初めて知りました。お父さまは杉yさんよりもずっと弱い人間だったのね。最期ぐらい祈ってあげてください。どうしようもない人間なんて、お父さまだけじゃなく、どこにでもいますから。完璧な人間なんていない…みんなどこか欠けているもの。そこを誰かが補いつつ、みんなで助け合いながら生きていけたら良いよね。
    ご冥福をお祈りします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月20日 23:37
    父は弱いしビビりでした。だからそれを補うために酒におぼれてアル中になってたわけですね。自分の弱さを認めて強くなろうとしなかった結果が父ということで。僕も弱いですしビビりで小学生に怒られてビクってしちゃうレベルですよ?でも、だからって酒に逃げて強くなった気分になってはダメです。しっかり自分を鍛えて強くもたねば、父のようになります。25年も会ってないし尊敬なんてできるはずもない父ですが、それでも最後くらいはってなりました。ほんと、早く死ねってずっと思ってたんですけどね、実際死ぬと寂しいですね。
    なお、ここに来て母がやっぱりうざくなってます。
    創価学会なのですが、宗教介入がやばい。
    やっぱり母も頭おかしいです。
    まともな人が誰一人いない家庭なので、せめて僕だけは一般的なレベルには生きたいものですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する