ホーム > mixiユーザー(id:44619120) > mixiユーザーの日記一覧 > 炭素の量は変わらない

mixiユーザー(id:44619120)

2019年10月22日12:47

82 view

炭素の量は変わらない

地球にある炭素の量は変わらないのでは?

炭素を燃やすと二酸化炭素に
その二酸化炭素が草木や動物になり
海にたまり
腐って染み込み石炭や石油に

二酸化炭素は軽いので
地球内部には沈まず

結局のところ
地球全体の炭素の量は変わらない

宇宙に放出されるわけではないので

放っておくと
どんどん地下や海底に蓄積されていってしまう
わけで

もし人類が石油や石炭を掘り起こさなければ
地球の上からは炭素が無くなっていたかも

火山の噴火で出てくるくらいかな

二酸化炭素がないと樹木も無くなるよ

■「子どもを産みません」 18歳、宣言は自然を守るため
(朝日新聞デジタル - 10月21日 17:38)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5834403
1 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 17:32
    設定条件が「二酸化炭素=温室効果ガス」なので、地中や植物などに固定されている炭素が二酸化炭素になって空気中に放出される量が、植物などによって固定される量を大幅に超えると……あら大変という理屈です。実際、待機成分中の二酸化炭素の割合は年々増えているようで。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 19:43
    二酸化炭素を圧縮するとダイヤモンドできるんですかね?(範馬勇次郎的な脳筋思考)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 21:18
    > mixiユーザー なるほど
    つまり段々固定化されていっちゃうのですね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 21:19
    > mixiユーザー 使わないとどんどん固定化されて地下にたまる一方ですよ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 21:21
    > mixiユーザー 間違ってないです
    ダイヤモンドになります
    もっとも、地下深くで、もの凄く圧力がかかった場合です マグマの活動付近です
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 21:24
    > mixiユーザー そして
    二酸化炭素の量は増え続けていますが
    恐竜のいた頃は数パーセント以上でしたが今は1%をはるかに下回り 全く話にならない程度の二酸化炭素量なわけです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 21:35
    > mixiユーザー 現状は、森を燃やす速度のほうが早い上に、化石燃料まで掘って燃やしているのでどんどん増えています。ジュラ白亜は今の5倍くらいあるし気温も10℃以上高いから、CO2が増えるから温暖化するのか温暖化するからCO2が増えるのかは微妙ですね。私は地球温暖化妄想にはけっこう懐疑的ですが、実際間氷期で寒冷化傾向にあると思われていた気候が、かなり上昇気味に変化したのは事実です。まあだからどうだってことじゃないんですけどね。ここ数万年でももっと劇的に動いているし。二酸化炭素に関しては、そういうビジネスだって話です。だからバイオマス発電はオッケーなんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 00:57
    > mixiユーザー 二酸化炭素のは明らかにビジネスですね
    地球温暖化が起こっているのは二酸化炭素によってなのか そうでないのか
    そうであると決めつけている節があります
    実際には説がいくつもあり、決定的ではありません
    私は関係ないと思っています
    200年前と比べて二酸化炭素の量は1.5倍になっているのに 気温はあまり変わっていないからです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 00:59
    ソーラー発電が大失敗したのに世間は知らんぷりです
    電機料金に上乗せされているのでみんなもっと怒った方が良いです

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する