mixiユーザー(id:4426270)

2018年03月03日18:55

242 view

米気象破壊・地震兵器HAARPの一連の対日攻撃のあと 天罰でそのHAARPが米東部の大暴風雨を起した

米気象破壊・地震兵器HAARPの一連の対日攻撃のあと
天罰でそのHAARPが米東部の大暴風雨を起した 
米西部でも起きる
2018.3.3  前田 進
  今の北日本の大暴風雨は米トランプ政権のHAARPによる新たな対日攻撃である。
  1995.1.17神戸・淡路大地震、2011.3.11東北大地震と3.14福島1原発の核爆破、放射能災害の継続、これまで度重なる北日本と日本海側の大暴風雨による米政権の対日攻撃国際犯罪の繰り返しが起きてきた。これに対して、創造主らによる天罰が下された。
  それが、今の米気象破壊・地震兵器HAARP自体による自国東部での大暴風雨の襲来である。
  これに次いで、創造主らからのお知らせによれば、間もなく米西部でもそのHAARPによる大暴風雨の襲来が起きる。



2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する