mixiユーザー(id:44024462)

2021年09月27日11:57

71 view

下駄の勧め。正代関読んでくれたら良いな

私達団塊の世代は、幼い頃には下駄を履いていた記憶が有ります。
下駄を履いてカケッコをしていた時に、よく転んだ子供の多くは、私の記憶を辿ると、やはり運動神経が悪かったと思います。
私達の青春時代には、柔道や空手といった武道系の強い人間には、鉄下駄を履いて鍛えているという噂が多々有りました。(真偽は不明で、噂だけが多かったのですが)
暴走族は、私達全共闘世代が闘争に敗北してから生まれましたから、私達世代の、今で言うヤンチャ系人間の争いでは、武器を持たない喧嘩が主流でした。武器を持つ事は卑怯だとされていたからです。
そう言いながら、安保・学園闘争では、角材を使いましたけど、それは完全武装の機動隊相手だから………との事で、私は参加した友人から、仕方ないんだよ。と聞きました。

話を戻します。

子供時代の私の遊びは、夏は三角ベースの野球で、冬は相撲でした。そして、中学からは柔道。その合間に喧嘩。

下駄で走っても、余り転ばなかった人間は、やはり相手にすると強かったです。
私は子供の頃は滅茶苦茶相撲が強く、小学生の頃には、下駄でよく転んだでいた上級生相手には、相撲では投げ飛ばして勝っていました。
二学年違うと、身長は頭1つくらいは違いますが、それでも勝てました。そして負けた上級生は、余り下駄で転ばなかった人でした。
小学生になると靴で学校に行きますから、下駄は儚くなります。が、小学生時代には、お祭りには浴衣と下駄が主流でしたから、それで活発に動ける子供、動けない子供は判ります。女の子でも、やはり同じ姿でしたし、動ける女の子は、やはり運動神経も発達していました。
ですから逆に、下駄は、体全体のバランス感覚を養うのには最適だった。と、今は考えています。
体重移動が自然に行われるようになりますから、格闘技では特に、攻める時も受ける時も、自然に動くようになるからでしょう。

昔の力士は、下駄で電車に乗り、吊革を使わないで立っている。そんな訓練をしていたそうです。
体格は今の力士の基準なら、全て小兵力士に当てはまる程度でしたが、腰から下の安定感は、今の力士には殆んど見当たりません。
体の体重移動のバランスが良いから、のど輪などで顎が上がっても、下半身は腰が伸びていませんから、結果としての四つ相撲が多く、見応えが有りました。
現在の力士では、宇良関が最も昭和40年代までの力士に近いかと思います。が、現在の宇良関の体型ですと、当時としてはアンコ型(太ったタイプで、痩せた力士はソップ型と言います)になります。逆に言えば、宇良関の素晴らしい運動神経と反射神経に感心されられますが、宇良関がもう少し背が高くて、早い時期に現在の体型になっていたなら、膝を傷める事もなく、今頃は大関だったかも知れません。
下駄は、体のバランスが崩れると、先ず足首が影響を受けますが、その時に敏捷に膝の力を操作する事で、足首の骨折を避けられますから、これが身に付いていたら、宇良関も膝の怪我は無かったかも知れません。
私が今、一番下駄を勧めたい力士と言えば、大関の正代関です。正代関の欠点は、踵がしっかりと土俵に着いていない事です。しかし、一年も下駄を毎日使用していれば、かなり克服される。と考えています。
今の相撲の親方達は、下駄を知らない世代だと思いますから、こうして私が書いてみました。

相撲好きとしては、もう少し内容が濃い相撲を見たい。
それで書いてみました。

しかし新横綱照ノ富士関は立派な横綱相撲でした。この相撲を続けて欲しいですね。

投稿しようとしていたら、白鵬関が引退というニュースが入ってきました。
この横綱は、横綱としての心が無かったのだと、改めて感じました。
白鵬関は確かに、名古屋場所で全勝優勝をしました。しかし、照ノ富士関との相撲での白鵬関は、危険なかちあげという名の肘打ちを繰り出しました。
これが何故非難されるかというと、本来のかちあげは、相手の胸を、肘から手首までを平行にして当て、相手の体を起こす為の技です。が、白鵬関のかちあげは、首から上を狙い、肘を先に相手に当てに行きます。これはプロレスで言うエルボースマッシュで、かちあげと似て非なる技だからです。
先場所は、これを照ノ富士関に叩き込みました。そして何発も張り手を使いました。
今場所の照ノ富士関は、当然ながら、このような技は出していません。
これこそが横綱の姿で、私は照ノ富士関が、正々堂々の横綱相撲で、白鵬関に勝つ事を望んでいました。
私は、名古屋場所の相撲を再現しても、照ノ富士関は対策を考えてきて、しっかり組止めて勝つと想像しています。
白鵬関は横綱ですから、私がこうして書くまでもなく、本人が良く理解していると思います。が、引退すれば負けていないと言えます。
中身はともかく、記録は立派な全勝優勝ですから、勝てば良いと考える人達からは、素晴らしいと称賛されての引退だとなるでしよう。
再度、病気を理由に困難なコロナ対策から逃げた、あの安倍前首相と同じで、さもしい根性が透けて見えます。

白鵬関は、相撲の普及の為に白鵬杯という、子供相撲大会を主宰しています。それは誠に素晴らしい事ですから、私もそれは立派だと思います。
が、だからこそあの相撲が許せないのです。あの相撲が子供達のお手本になるのか?と声を大にして言いたくなるのです。
白鵬関も、以前は良い横綱でした。白鵬杯は、その良い横綱の時代から始めました。
東日本大震災の時の土俵入りも、私は嬉しかった。が、そこからが違う。
良い事をしたり、優勝記録を更新したりすれば、何をしても良い。と、いうわけではありません。相撲は古代からの神事でもあります。
江戸時代に、神社仏閣の勧進興行の相撲と神事が結びついて、吉田司家が横綱を認可する事になりました。それが現在の横綱に繋がります。

それが白鵬関には理解できないのか、理解させられなかった師匠と、相撲協会の責任は重いと考えます。
横綱は、神のヨリシロとして綱を張っているのです。ですから、横綱は正々堂々と受けなければならないのです。
本来ならば、横綱には立ち合いの待ったも無いのです。
膝が悪い照ノ富士関が、呼吸を合わせて立つ。これはかなり無理難題ですが、それを希望して終わります。
10 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月27日 13:13
    私も大きい下駄を必ず一つは持ってます。あなたが言うようにサンダルとは違う効果があります。残念なのは最近の下駄は下にゴムを履かせていたり、昔と違う柔らか素材がよく見られます。それらは履いても底がすぐ減ります。昔のような一枚もので同質素材で作られたものを選ぶしかないのです。下駄も高くなったもんだ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月27日 16:06
    下駄ね・・・久しくはいたことないですね。たしかに、日本人の下半身の強さは、これから来ている面がありますね。
    もちろん、畳習慣もおおきいですが、、、今の力士は、身体だけは大きくなりましたが、足腰が弱く、よくけがをしますね。白鵬引退ですか・・・照ノ富士一人横綱は、ちょっとかわいそうですね。かれも膝が悪いし、それにしても、大関以下から綱を張れるような力士が早く出てきてほしいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月27日 16:23
    > mixiユーザー 

    確かに下駄も変わりましたね。

    ただ、昔のような下駄も残っていますし、歯を替えて高下駄にすれば、より効果的なんですけどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月27日 16:28
    > mixiユーザー 
    可哀想です。

    私は、白鵬より照ノ富士の方が膝は悪いと考えていますから、その部分でも不満は有ります。
    根拠は、白鵬の方が蹲踞に入るのが早くて膝も曲がっています。
    膝に金具を入れる事が有る照ノ富士は、両膝ですしね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月27日 19:11
    下駄と言えば、私の出身高校の応援団幹部(母校では応援団は生徒全員。他の学校でいう応援団は応援団幹部といいます。)は下駄でした。そう。バンカラです。外は下駄で校内は雪駄で歩いてました。
    高校総体の開会式前日夜には、鑑定士さんは分かるかな?幹部は花巻から盛岡の競技場まで下駄で歩いて行くんですよ。
    引き継がれたボロボロの学生服着て、下駄でカランコロンて。
    今の時代、あまり目にすることのないバンカラ。今でも後輩達はカランコロンてならしながら通学してるんでしょうか?
    もう一つ。私は高校3年間、いやそれ以降も母校の校歌の伴奏を聞いた事がありません。
    校歌は団長が一ふし歌って全員歌い始めるのが習いで、いつかその伴奏がない校歌を全国放送で観たいと思ってますが、同じ地域に花巻東というおしも押されぬ野球の常連校がいるんじゃダメですねあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月27日 19:38
    > mixiユーザー 
    花巻から盛岡はキツイねぇ。まじで無理だと思いますよ。東北人だからできる事です。
    私達もバンカラが応援団でしたが、東海では聞いた事がありません。
    凄いなぁ。
    応援団にブラスバンドが合体していますから、団長は腕を開いて、校歌斉唱とか応援歌とか、声を出して腕を振ると、演奏が始まりました。
    凄いなぁ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月28日 11:45
    昔は近所に下駄屋がありましたね。父親は普段お風呂屋さんなんかに行くときは雪駄や下駄を履いてましたね。自分もお祭りや花火大会見に行くとき、あとお盆の「ローソク出せ」(Wikiローソクもらい)なんかの時は浴衣に下駄でしたね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する