mixiユーザー(id:44024462)

2021年09月14日23:16

55 view

私は何故皇室が必要だと考えるのか

皇室に関しての想いは、最も交わる事が無い。と、そう考えていますので、私の考えている事を一方的に書かせて頂きます。ご笑覧下さい。

現状の日本で、大切だと考えられている事について、極論を含みますが先ず書いていきます。
1・自由について
極論すれば、殺す奪う犯すの全ても認める事が、本当に自由を認める。という事になります。
私達人間は、実行するかしないかの違いは有りますが、そんな感情や考えがヨギル瞬間は持っていると思います。
が、民族や国家の歴史、慣習に宗教、倫理観等で、この自由は制限されて来ました。
それが法律であり、民族的無意識とも言える、常識と言われる存在が法を補助します。
つまり、完全な自由は無い。という事になります。

2・平等について
地球上の生物の全てが、平等では無く、不平等な中で生きていますし、時間軸を拡大して語るならば、宇宙の全ても平等ではありません。平等とは、私達の観念の世界にのみ存在する。と認識しなければなりません。
私達が平等を語る場合、不平等が基本であり、それを如何に埋めるのか?という認識から始める必要がある。という事になります。
唯一、不完全な形ではありますが、民主主義国家と言われる国家では、法の下での平等が保証されている。という事になっています。が、それは権力の恣意的な運用により、簡単に覆りますし、忖度により、中々権力者には適用されません。故に、不完全な形だという事になります。

3・民主主義について
民主主義とは、多数決を善とするだけのシステムです。現在の日本で行われる自民党の総裁選も、この原理に従って実行されます。
専制君主制や独裁制に比較して、平和的に権力の委譲が可能という事だけが長所です。
国民の声を聞く事を最優先すれば、様々な意見が乱立し、収拾が着かなくなり、結果として何も決められない。という事もあり得ます。ですから多数決を善とするわけで、金科玉条とするような、完全無欠のシステムでは無い。という認識が必要です。
少しでも完全に近付けたいなら、民主主義の名の下に権力を得た人間達を、平和裡にそして速やかに交代させるシステムが必要だと思います。
私達は、政権与党が、いとも簡単に選挙公約を廃棄し、逆の事を行う姿を見て、憤慨して来ました。しかし選挙が無ければ何も出来ないのが現状です。それに対する答えを私達はまだ持っていません。

4・人権について
1・2・3で書いてきた事を基本として、国家民族が各々で人権の範囲を決めていますから、人権とはお国柄で決まると言えそうです。
その中で唯一の共通項として存在するのは、人々の生きる権利だけで、其さえも危うい国家もあります。
信教思想の自由は、宗教国家ならば当然ながら制限されますし、司法も、裁判のシステムも国家により異なります。
つまり人権とは、法が定めた範囲だけに存在する。という事になります。

このように書いて来た理由としては、世界に普遍的な何かという物は無い。と、いう事を、皆さんに示したかったからです。
自由には責任が伴います。しかし、それを強調する新自由主義の考えは、平等が存在する事を前提にしている限り、誤りだと理解出来ます。
又、これらは全て、互いに絡みあっている事も判ります。
そして、全てが完全無欠では無いからこそ、個人の意識の持ち方で、簡単に差別が生まれる。と理解も出来ます。
十人十色とか百家鳴争は、それこそ人類が考える葦で有る限り、永遠に続くという事になります。
ですから自分の意見を押し通すのでは無く、他人の意見、少数の意見も聞く必要が有るのです。
それを辛うじて実行しているシステムが民主主義ですが、先に述べたように、結局は多数決に行き着くわけで、その多数意見が正しいのかどうかは、また別な問題を生む事になるのです。
以上の事柄を前提として、私は一方的だ。と、お断りをして、私が考える天皇論を書きたいとます。

1・国家民族、人種が存在する限り、日本は国家として独立を保つ為にも、日本の歴史や習慣、それに根ざす無意識的な思考の傾向等の象徴として、皇室は必要なのです。
国家や民族・人種という考え方が古い。私は世界市民だと言う方も存在しています。がそれは個人の意識の範囲であり、現実には外国旅行の際には旅券が必要ですし、貴方は世界市民ですか?と他の人に声を掛けてはいないと思います。つまり、自分は世界市民という意識を持つ進歩的な人間なんだ。という自己満足に過ぎないと考えます。それは最も重要な事ですが行動が足りないから………
私はこうだ!とアピールする事が多い人間は、得てして口先だけの事が多く、言わないで実行している人こそ、私は本物だと思います。
話が少しそれましたが、現実を直視して、それを少しでも理想に向けて変えて行く。そんな努力が出来る方に向けて書いています。天皇が必要だと何故私が考えるのか、以下にその理由を書いていきます。
2・名家名族、老舗に家元等の存在は、庶民の私達に安心感を与えてくれます。それは長い年月の間、信用に応える商売や生活を続けてきた。という実績があるからで、その伝統や実績の頂点が皇室という事になります。
そして伝統が持つ安心感は、権威にも繋がります。
3・権威とは
面白い物で、私達の観光バス運転手業界では、権威は存在しません。権威が存在するのは、学問の世界のような、目に見えない部分を多く含む分野です。そしてこの権威の分野でも皇室が最高位です。
日本では、長らく権威は権力と分かれて存在していましたが、明治維新から80年ほど、権力と権威が一体化した時代がありました。が、現在は又分離しています。そしてこれまで述べて来たように、権威の頂点が皇室・天皇です。
例えば、何らかで表彰されると考えて下さい。
賞の名前は同じでも、〇〇協会長より知事、知事より大臣で、大臣なら総理大臣からという方が賞の権威、有り難みが異なります。そして日本ならば、天皇からが最高位だと感じる事でしょう。
天皇制反対の方でも、その賞を受けるか受けないかは別にして、内心では満足感を得る方が多いと、私は考えます。
ノーベル賞は、過去の功績が重視されますが、やはり権威があり、学者の目標でも有り続けるわけで、権威とはそれだけの重みがあるのです。
4・平和と非暴力
世界では今現在でも、何処かで戦闘地域があり、何処かで暴力を受けている人達が居ます。平和と暴力反対は、内心はどうであれ、全員が口にする言葉です。
しかし、前に述べたように、世界はそれを1日たりとも実現した事はありません。
国家は、国民の安全確保の為に、警察という組織を運用していますが、警察とは国家が認める暴力に対抗する暴力組織でもあります。が、必要な事は国民全てが納得しています。勿論、犯罪に対抗する組織でもあります。
この警察組織が、対外国との争い・戦争に対する場合が軍隊という事になります。
そして、この戦争という事になった場合に、誰が宣戦布告をするのか、誰なら自衛隊の士気が上がるのか?という問題が生まれます。
今現在ならば、菅首相でしょうか?
私は日本の歴史と精神風土からは、天皇の詔書が相応しいと思います。但し、これは戦前への回帰という意味ではなく、このような最悪な詔書を天皇に出させない。という意味を含めて、なのです。
明治から終戦までの期間を除いて、皇室は計6百年近く、権力の無い権威として過ごして来ました。そしてその殆んどは、祈る存在としてです。
それを改めて、平和を祈る存在として規定する事です。
平和の象徴が宣戦布告をするとしたら、これは悪い冗談ではなく、国際的な恥です。
が、その為に必要な事は、天皇が国民の安心と安全の祈りの象徴であるという、共通認識が存在する事が前提です。
日本という、権力と権威が並立した歴史が存在する国だからこそ、これは可能な事なのです。
5・名誉と誇り
これも様々な議論を呼びそうな問題です。が、敢えて人間としての………と書きます。
信・義・孝等の並べますと、古い倫理観かと思われるかも知れません。が、人間としての倫理は、古いとか新しいとかは無関係だと思います。
そして、人としてこれらの倫理を守る事が、誇りである人生でありたいと思います。
私事になりますが、私はダブル不倫を繰り返して来ましたから、その部分では全くのダメ人間です。しかし、だからこそ、それ以外の部分では、真摯に向き合って来ました。
騙すより騙されろ!で知りながら騙された事も有ります。それは愚直な生き方を選んだからでもあります。不倫をしていたら愚直では無い!と弾劾されても、だから依り愚直に生きて来たのです。
それが私の誇りであり、名誉とは無縁ですが、こうして書いているバックボーンになっています。そして、自分の何らかの行動が皆さんの利益になるなら、それも誇りです。
名誉は、誇りを持って生活を続け、それが周囲に認められる事だと考えています。
勿論、権威からの表彰も名誉ではありますが、それ以上に名誉なのが、周囲から認められる事。という共通認識が出来たら世の中変わります。

私は、天皇の直属という形での、権力から切り離された機関の設置を唱えて来ました。
17年10月12日の『私の理想の未來の日本』をご覧頂きたいのですが、此処に書いた事は、その前提になる事です。
議会制民主主義を少しだけ改革する方法として、何回か書いた事の下敷きですが、その思考の源だとご了承下さい。

以上、私の思考の根本的な部分を書かせて頂きました。
4 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月15日 04:51
    2017年10月12日の『私の理想の未來の日本』の日記の内容の紹介は、あの画面ではチェック機能がありませんでしたので、この日記と同時にチェックをして紹介をさせて頂きました。2017年の日記では恐縮ながら私の昔のHNの☆-poison-★でコメントを記載していますね。懐かしく思い出しながら拝見しました。丁度今現在、総理候補の人達が話題になっていますので、長年続いて来た政権、各自の政策、信念、我が国へ寄せる思い等などに関するコメントを記載していましたが、長くなりますので止めておきました。政権に対する不満は自分のmixi自宅で書く事にします目えんぴつメモ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月15日 08:30
    > mixiユーザー 
    ありがとうございました。
    こちらの思考が先で、私の理想とする未來の日本。は、その後から行き着いた結論です。
    こちらに書いた内容は、人々が大切だと言いながらも、そこで思考停止をしているという思いがあり、それを打破したいという気持ちからです。
    口先だけの理想論では、世の中は何も変わりませんから、考えるきっかけになれば、と思います。
    私が提唱した神聖民主主義は、皇室が無ければ成立しませんし、ヨーロッパの王室では、真似しようにも真似は出来ません。
    皇室や王室は、世界遺産と同じです。廃止してしまえば終わりです。
    私の提唱した事は、実現する事は無いでしょうが、それが議論の始まりになれば、と思います。
    自民党の総裁選も、抽象的な公約が飛び交っていますが、それを反古にしても何等罰則はありません。
    そして国民はそれに不満を言い、投票にも行かなくなる。本当に民主主義が大切ならば、それを何故何とかしようとしないのか?
    そんな怒りも有りますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月16日 09:35
    此処に書いた思考が先に有り、その時に、万が一にも戦争になった場合、宣戦布告は誰がするのか?と考えた事から、『私の理想の未来の日本』に考えが行き着いたのです。
    戦争学の必要性を痛感したのも、この思考からでした。
    皇室以外の事柄に関しては、様々な議論を致しましょう。私の理想とする未來の日本でも議論はしましたからね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月16日 10:36
    まったく同感で、私の思考回路と同じくするものです。
    「皇室や王室は、世界遺産」とは、まったく同感。
    日本の皇室は、伝説時代や欠史8代などを除いても2000年の伝統、血統の続く、地球遺産でしょう。
    その皇室が、明治神宮は参拝されない、の意義は重いものがあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月16日 12:16
    > mixiユーザー 
    私も、若い頃はかなり理想主義が強かったのです。
    が、現実どのギャップを痛感するに付け、次第に漸進主義に変わりました。
    そして、此処に書いた事を掘り下げて考えました。
    皇室に関しては、考え方が分かれていますから、私の理想の未来の日本。では、憲法を改正して天皇制の是非を問う国民投票を入れました。が、この問題では皆さん頑なですね。
    是非投票が有るなら、自分の意見と同じ人を増やす努力をすれば良いと思うのですが、反響はゼロ。
    この姿勢が他にも繋がるなら、世の中変わりませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月17日 21:20
    う〜ん。天皇と自衛隊の士気云々は関係ないと思いますね。 天皇の話が出るのは基本教練で天皇に対する敬礼くらいで、新隊員の頃基本動作の一つとして習うだけで、あとは一切出て来ないですからね。あくまでも国民主権を繰り返し教えられ、最高指揮官が内閣総理大臣であることを意識させられますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月17日 22:35
    > mixiユーザー 
    そうですか。貴方が仰るなら納得します。

    ただ、宣戦布告の問題はどうなんでしょうか?

    旧軍の流れからは、私には天皇が相応しと思いますが、それは印象の問題でもあります。
    重さが違うと感じますが?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月18日 00:41
    > 鑑定士さん

     宣戦布告自体は総理が出しても天皇が出しても自衛隊には関係が無いですからね。もうすでに布告を出す段階なら準備は完了し、上級部隊からの命令待ちですからね。のんびりテレビやラジオで天皇の宣戦布告なんて聞いているのは駐屯地の後方支援部隊だけですからね。

    だれがふさわしいかというと、これは現行憲法でどう規定されているのかですから、憲法に天皇となっている以上、天皇が布告するしかなく、憲法を改正し、天皇制を廃止し、現在と同じ議院内閣制なら内閣総理大臣、大統領制でも取るなら大統領になるだけですからその時の憲法次第ですね。

    まあ、個人的には天皇の家臣や臣民であったことは無いですから(先祖が代々藩士として仕えていたのは大藩の領主で天皇じゃない)、男系が続か無くなれば別になくなってもしょうがないですね(一夫一妻制で、妃の務めが子をなすことということを認識しない普通の考えの妃を娶る以上、先細りは見えてますからね)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月18日 08:31
    > mixiユーザー 

    ありがとうございました。

    現行憲法では、戦争放棄ですから宣戦布告の規定は存在していないのです。ですから宣戦布告する場合は、既に何処かに攻められている状況で、世界に向けて防衛戦争をする。と、そんな状況を想定してのものでしたが、その部分は行き違いが有った気がします。
    貴方はキリシタンですから、仮定でお聞きしたいのですが、聖戦という事ならどうでしょう?

    代々家臣だった大名家には、やはり特別な感情が存在すると感じられました。私は、それを権威と書きましたが、権威だけでは無い、絆とかも含まれる長い繋がりだと思います。
    この部分に関しては、私は権威に統一して書きましたが、それは何となくお分かり頂けましたか?

    確かに、第一線部隊は、既に交戦中でのんびり宣戦布告などは聞いていませんね。
    これはひとくくりにして質問した私の間違いでした

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する