mixiユーザー(id:44024462)

2021年09月09日22:21

132 view

眞子様の結婚を非難する人達に

眞子様の結婚問題で、秋篠宮家への風当たりが非常に強いのですが、そんな皆さんに言いたい事が有ります。
1・結婚反対の方が言う『止めれば必ず良い方が見付かります。』との言葉に対して、では『貴方が年頃の男性だとしてプロポーズ出来ますか』と問いかけたいと思います。
一般人ならば、そんな勇気は絶対に持てないと考えます。
小室氏に対する多様な報道を見て、腰が引けて当然だと思います。では、名家や大企業の御曹司ならどうか?
無理でしょう。
私が、身元調査に手抜かりが有った宮内庁や警察官僚に対して、怒りを覚える事がご理解頂けますか?
内定会見をした時点で、既に結婚しか選択肢は無かったのです。

2・眞子様の結婚問題で、相手男性の選択がいかに大事かという事が判りました。ならばその教訓は、当然ながら、愛子様にも当てはまらなければなりません。が、懸念する事は、秋篠宮家への批判・非難の勢いで、女性天皇・女系天皇への賛成が増えている事です。『天皇家の愛子様は受けている教育が違う』『愛子様に限って』など、根拠が有りそうで無い理由で賛成している事です。
私は小室氏のジゴロ体質を書きましたが、そのような人間なら、愛子様を落とす事など容易いと考えています。
また、そんな体質の男なら、韓国や中国、それこそ世界中に沢山居ますし、ある程度の期間案内役になった外国人男性に、心を奪われるかも知れません。
女性には申し訳無いと思いますが、女性には何処かに『白馬の王子様願望が有る』と私は考えています。そしてこの願望は、地味で堅実に見える女性ほど強い。
眞子様の以前の評価を改めて思い出してみれば判ります。
では、愛子様は?

3・皇室は、憲法遵守が絶対命題です。そして憲法には、婚姻は成人男女の合意に基づくと明記されています。
ご自身が秋篠宮様だと想定して考えて下さい。どのような解決策が有りますか?

内定会見の前でしたら、皆さんが指摘する事は可能です。
が、会見後では条件的に不可能に近いのです。

昭和天皇は、現上皇御夫妻の結婚には、最初は反対だったと聞きました。しかし、現憲法に従って認めるしかなかったとの事です。が、未確認情報ですが、上皇様のアメリカ人女性家庭教師の事を悔いていた。とも漏れ聞きました。
上皇様に天皇陛下に秋篠宮様は、全て恋愛結婚です。
ご自分が恋愛結婚をして、恋愛結婚をするな!と言えるのでしょうか?
昭和天皇は、見合い結婚でしたが、香淳皇后とは本当に仲睦まじい御夫妻でした。
皇室には、見合い結婚後の慈しみが最適だ。とお考えだったと思いますが、それでも憲法に従って恋愛結婚を認めました。これをどう皆さんは考えますか?

4・女性宮家創設前の結婚
秋篠宮家は、眞子様の結婚に対して、秋篠宮家としては最大限の恥辱を堪えて決断をしたという事です。
皇室の伝統行事を全て行わない結婚とは、世間で言われる勘当と同じです。そして最も重要なのは、女性宮家創設の前の皇籍離脱であり、眞子様と小室氏の子息が、天皇の継承権を持たない・持てないという形になるという事です。
女性宮家創設の動きが始まる前に、このような決断を下す必要が有った。と冷静に判断した結果なのです。
私は、皆さんの評価とは異なり、秋篠宮家はベターに近い選択をしたと考えています。
1に書きましたが、早目に身元調査を知らされていたら、小室氏は眞子様のお相手としては、排除されていたと思いますが、宮内庁にはその程度の知恵も無かった。そしてその責任感の無さを非難する声は無い。
説明責任は、秋篠宮家ではなく小室氏が果たすのが当然の務めなのに、その不誠実さを秋篠宮家が代わりに受けている。これもおかしな話です。
そして私が、最も解せないのは、元婚約者という男性の言動です。私なら、このお金は良い授業料だと考えて、請求などは致しません。
小室母子との様々な話が出回っていますが、その全てが情けない話ばかりに思われます。元婚約者の方には申し訳ない言い方ですが、そんな方だからだよ。と言いたくなります。しかし、そんな声は一向に聞こえてきません。
言い方は悪いですが、性悪女に手玉に取られたモテない男の、世間にはありふれた話なのです。が、そんな論調は何処にも有りません。小室氏の恩知らずぶりも、確かに誉められた話ではありませんが、そんな人間はそれこそ掃いて捨てるほどいます。勿論、小室氏が眞子様に相応しとは考えていませんが、破談に出来ない状況にしてしまった宮内庁の怠慢は、何故責めないのでしょうか?
私には、そこに底知れない悪意を感じてしまうのです。
秋篠宮家攻撃の裏には、マスコミを巻き込んだ女性&女系天皇派の思惑が有るのではないでしょうか?

皆さん、改めて冷静にしっかりお考え下さい。

最後に、眞子様の警備の問題等ですが、私は小室母子がガメツク無い限り、国費からの警備は必要無いと考えています。以前にも書きましたが、日本人は皇室の世界的な価値を過小評価しています。
アメリカでのメーガン夫人の報道を思い出して下さい。
成り上がりの二流女優でもあれだけ反響がありました。
眞子様は世界唯一の皇帝家の正真正銘のプリンセスで、将来の天皇の姉に当たります。
その女性が駆け落ち婚をしてアメリカに住む。これは非常に大きなニュースです。場合に依れば、純愛物語になる可能性も有ります。
そんなプリンセスの相手が、職を求めて来た場合、貴方が経営者なら断りますか?
多少の能力不足でも、雇う事で得られる信用は、莫大な価値が有ります。その判断が出来ないなら、それこそ経営者失格です。
その莫大な利益を生む正真正銘のプリンセスの安全確保くらい、利益から考えたなら安い物です。
メーガン夫人が100億円以上の価値ならば、眞子様も同様な価値が有りますし、その配偶者と契約する企業は、それこそ沢山有るはずで、警備費用が2000万円だとしても、十分にペイします。ですから国費での警備は要らない。私はそう考えています。
ただ、私は眞子様は離婚する可能性は高い。と考えています。
理由は簡単で、結婚は選択肢が無かったからで、結婚して離婚する事で、求めた自由?が始めて得られるからです。
数年で小室母子の経済感覚などの異様さに気が付き離婚。
もしかしたら、そこまで織り込み済みかも知れません。

これは余計な事ですが、陰謀論好きな方に一言。
田布施に絡んで八咫烏が語られています。が、そのような組織が有るのなら、皇統が変更されようとしている今、何故小室母子が無事なのかを考えて頂きたい。
秘密組織とはこのような場合に、処理をする為にあるのではないでしょうか?
陰謀論は、このような何気無い事で破綻するのです。それを御承知あれ!
9 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月09日 22:54
    この問題へのとても現実的な解釈になるほどと思いました。

    それから例の男性
    > 言い方は悪いですが、性悪女に手玉に取られたモテない男の、世間にはありふれた話なのです。

    これも誰も言わなかったことで、実に情けない男だと思います。

    全ては秋篠宮家と眞子さまの世間知らずが引き起こしたことなので、交通事故に遭ったと諦めてください、というのが私の本音です。
    宮内庁がだらしなかったのは言を俟ちません!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月09日 23:05
    こんばんは。眞子さまに関して記載されている内容はよく分かりました。今日の日記に小室さんが米大手事務所から断られていた事を書いているのですが、昨年の秋に小室さんの昨年の秋ごろ、A氏の事務所に、働かせてほしい、と小室さんの「経歴書」のようなレジュメが別の弁護士を通じて届いたそうです。A氏と言うのは全米で「トップ100」と呼ばれる大手弁護士事務所(ビッグロー)のパートナー弁護士です。A氏がそのレジュメを見て思ったのが「小室圭さんの実力では無理だと思います」と最初に言った言葉です。A氏は小室さんのレジュメを見ながら数々の疑問点を指摘しながらこのように言いました。「こう言っては何ですが、彼の経歴に目を見張るモノはありません。あるとすれば眞子さまのフィアンセという一点。それでも奨学金を取得できたり、JDへ編入したり、弁護士が出てきて仕事を探したり。知恵をつけている人がいるんでしょう」そしてA氏は最後にこう言いました。「詳しいことは申し上げられませんが、彼の『経歴書』を見る限り、とても“権威”が好きなんだと思います。M&Aも彼からすれば格好良く見えるんでしょうけど、実際は相当厳しい世界です。パートナー弁護士になるのは10年後くらい。それまで生き残っているのはわずかです。彼がそもそも弁護士という職業に向いているのか……。野心家だと思うので、ベンチャーのような起業家とかが向いているような気がします」もっと他にもたくさん言っているのですが日本の報道では小室さんは法律事務所に就職をする。と断言をしていました。まだ、試験の結果も出ていないのに不思議で仕方がありませんでした。何かのコネでもあるのかしら?と思っていました。ところが、この記事を見て驚きました。既に就職は断られているとは...鑑定士さんは眞子さまの婚約者、あるいは夫となる人ならば就職を依頼されれば断らないだろう、と書かれています。米国では断られた事になっていますが、これはA氏が日本の皇帝の姪っ子だと知っていても断った、と言う事になりますね。
    小室さんは又、仕事を探すでしょうけど、同じような目に遭う可能性は大ですね。レジュメに数々の疑問点がありましたから。その点を教えて頂きたいとお願いします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月09日 23:22
    小室と眞子さんの結婚に反対するのは当然で、これは庶民の家庭でも大抵の人達がやらない。今度の秋篠宮家の決断は秋篠宮家だけで解決できない事情があったからだろう。勿論、皇室廃止や女性宮家を画策してる者達によるものだろう。

    皇族の結婚は女性の場合恋愛は無理ですから、これまでお見合いにより成立させてきたのです。それで後に破談したり離婚した人は居ないのですから、女性皇族はお見合いで決めてきたのが正解だったのです。今回、眞子さんにはなぜお見合いができなかったのか、これが秋篠宮家だけでは解決できなかった点なのです。

    さて、元皇族の警備費用については、国内では必要ないでしょう。地方の神社に嫁いだ元皇族も警備はつけてないものと思われます。首都圏に嫁いだ元皇族の警備は知らないが、あなたの言う年間2,000万円だと眞子さんに降りる費用は5年しかもたないし、ましてNYなら日本よりはるかに治安が悪いのですから、警備が必要になって来るでしょうが、NYでの警備料金は年間で最低1億円かかりますから、眞子さんが貰うカネは一年で消えるでしょう。

    眞子さんは米国で暮らす決意で居るようですが、米国にはこうした事例が過去にもあります。おおかたは幸せな生活とはいきがたい結末になってるのです。だから小室と眞子さんとの結婚には、特に海外在住の日本人のほうが、反対してのです。

    メーガンは暴露本を始め多大な金儲けをした結果、現在数十音円は持ってると推測されています。今回、小室のカネは全くアテにならないが、眞子さんには皇族としての費用が払われますが、これは海外ではメーガンのような富裕層には入らないのです。ですから、あなたの話には同意できないのです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月09日 23:41
    特別な環境は、自身が望んだものではありませんから同情はします。

    しかしながら、批判の少なくない部分は、彼が彼女との結婚を望んでいる動機への疑念ではないかと推察しております。

    彼女が本当に幸せになれるかという観点から心配している方が多いと。

    まあ、そもそも、現代はもはや「世襲」の制度なんていうものがふさわしい時代ではありません。

    制度を廃止して、平等な自由を、彼らに保障してあげたく、あたしなんぞは考えます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月10日 00:24
    皇室廃止論者が早速でてきたね。皇室に世襲を無くすのは日本国と民族の解体だな。数百年続いて居る酒蔵や建築業などもたいていは世襲だ。最低なのは政治家の世襲だが、これが無くならないのは、世襲が大事だと考えてる人達が勘違いして政治家の世襲も応援してるからだ。世襲は我々が生きてる時代では無くならない。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月10日 07:45
    > mixiユーザー 
    交通事故とは、言い得て妙ですね。

    私は本音ではこの結婚には反対です。が、どう考えても秋篠宮家から破談は出来無いのです。
    宮家から破談するという事は、様々なネガティブ報道が有りますから、極論すれば、秋篠宮家が小室氏母子を人非人として認定する事になってしまいますから、皇室としては絶対に出来ません。
    選択肢は仕方がないから結婚。という結論にしかなりませんでした。
    ですから、本当に宮内庁や警察官僚には腹が立ちました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月10日 08:19
    > mixiユーザー 
    その内容は、現時点では正しいと思います。理由は、本当に結婚するのかしないのか、破談になる可能性も有りますから、私でも断る可能性は有ります。が、それは現時点の話で、実際に駆け落ち婚をしたら話は別です。
    『現代版王冠をかけた恋』の再現として、センセーショナルな話題になるでしょう。
    ヘンリー&メーガン公爵夫妻は、我が儘というネガティブは面が有りますが、眞子様の場合は、日本中が反対するダメンズに対して、純愛を貫くお姫様として、ダメンズ好きには特に人気が沸騰する可能性が大いに有ります。
    向こうの大富豪や経営者は、パーティーが大好きですが、そこにヘンリー夫妻とは異なり、弁護士という知的イメージの夫妻が参加するわけですから、引く手あまただと考えるのが普通です。
    この氏がどのような仕事をしたいかは別にして、顧問弁護士としてクライアントを集める積もりなら、それこそパーティーが本業の弁護士が誕生するかも知れません。
    駆け落ち婚をする、しないだけで、状況はガラッと変わるという事になる。そういう事です。

    それを書いた方は、昨年の秋としていますから、実務研修の時の話だと思います。そこに尾ひれが付いたのだとも考えられます。私も読ませて頂きましたが、パーティーだけで、数億円以上になるとも書いていますから、それも商売として考えたなら矛盾です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月10日 08:26
    > mixiユーザー 
    小室氏母子に対する批判と心配なのは私にも良く判っています。ですから、これを書いたのです。

    世襲云々の話は、過去に貴方とやり取りをしましたから、此処で繰り返すと論点がズレますから、ここでは致しません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月10日 13:01
    > mixiユーザー 
    返事が遅れて申し訳ありません。
    ニューヨークで住む場所は、セキュリティはしっかりしている大きくは無いマンションだと思います。日用品や食料などの買い物は、デリバリーで賄い、どうしても外出する必要が有る時は、ガードマンを依頼する形になるかと考えています。
    他の方への返事にも書きましたが、現代版王冠をかけた恋としてセンセーショナルな話題になれば、クライアントに成りたがるガードマン会社は出てくるでしょう。
    ガードマン会社にしても、話題の夫妻をしっかりガードしている。という事になれば、宣伝効果は絶大です。務める弁護士事務所でも関連しているガードマン会社は有るはずですし、ヘンリー夫妻の豪邸で数億円ですから、外出だけなら2000万円は妥当だと思います。また、宣伝効果を考えたなら、小室氏が負担せず、弁護士事務所が負担する事もあり得ます。

    小室氏の収入ですが、私は数千万円は可能だと考えていますが、そこから代理人弁護士を通じて、元婚約者の方にお礼と共に返金すれば、眞子様の純愛ストーリーが一層輝く事になります。
    ただ、私が秋篠宮家のアドバイザーだとしたら、その後で離婚する事を薦めます。
    上記のような状況は、真の自由が得られるわけでは無く、離婚して帰国する事で、眞子様は望む自由を始めて得られると考えるからです。

    皇室廃止論者の中には、皇室が存在する事で、日本人の意識が形作られた歴史を理解していませんし、平等を唱える人達は、地球上の全ての生物が不平等だという事を無視しています。長い時間単位で考えれば、全宇宙が平等には出来ていません。遠い将来は判りませんが、老舗とか家元などは、安心感の拠り所でもあります。そして皇室はその頂点であり、日本という国にとり、外国との応対で多大な貢献ももたらします。

    女性・女系天皇派の人達は、法律を知らない人達かも知れません。何故なら、秋篠宮様が皇嗣として既に世界に発信されていますから、皇室典範を改正しても、法は過去には遡及せず。次の天皇は秋篠宮様で変わりません。一旦世界に発信した決定事項を変更するとなると、日本の信用は毀損します。そして、既に儀式が終わっているという事は、皇室の意志が、男系相続だという事です。
    それを考えもせず報道するマスコミには、呆れるほかありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月10日 17:36
    秋篠宮眞子とその子孫に永続的に皇位継承権がはく奪されることと、離婚しても出戻り(宮家創立)は許されないこと、離婚後は一国民としてその後も働いて収入を得て暮らすなり再婚するなり。

    警護については、国内居住ならば眞子氏一代限り(今上陛下が天皇位にある間及び東宮殿下が天皇位にある間(親子なので))。外国に永住・帰化の場合は国籍を離脱まで。

    あとはくっつくなり離れるなり好きにしたらよい(反社会的勢力構成員は除く(宮家から降嫁の時のみ、降嫁後は一国民なので法の範囲で))。

    そんな感じですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月10日 19:01
    > mixiユーザー 
    皇籍離脱の後は、再び皇室には戻れませんからね。
    離婚して戻れば、皇室と縁が深い研究所辺りで働く事になるかと思います。
    警護は見回り程度の可能性が有りますね。
    昔、駆け落ち婚をした方はそうでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月10日 22:02
    正直、興味はないですm(__)m日本国にとって、皇室が国民にとって必要不可欠なものかというと、現在は歴史的な意味合いにおいてのみの存在と存じる次第です。極右カルトの諸君の主張する皇族貴族王族の有り様は民主主義国家においては見直されるべき部分しかないと存じます。皇族の一員になるということが、ステータスだと思い込んでいるアホに国民の血税が使われることのない事が担保されるならいいのですが、特にこのコロナ禍の今だから強く思う次第です。
    ただ、主権者の血税が使われないという前提であるなら、すべて自分らの責任で婚姻し、自分の人生を歩むというならば、それは民主主義国家において自由だと存じる次第です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月11日 15:00
    > mixiユーザー 
    その為の決断を私が説明をした部分も有ります。
    皇室の事に関しては、論じません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年09月13日 19:10
    > mixiユーザー そうですね(^_-)-☆

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する