ホーム > mixiユーザー(id:44024462) > mixiユーザーの日記一覧 > 投票前に読んで頂きたい本

mixiユーザー(id:44024462)

2019年07月17日13:37

21 view

投票前に読んで頂きたい本

私は以前、皆さんに読んで頂きたい本として
徳間書店・西尾幹二著『保守の真贋』をあげました。

保守とか革新、リベラルだとかのご自分の立場を一旦離れて、この本を一読した後、ご自分の立ち位置、思考の出発点を精査して頂きたいと思います。

西尾氏と言えば保守の論客である。そんな認識だけの人達は多いと思います。
桜井よし子氏が代表する安倍応援団との仲間割れの話だろうと、そう考える方が居るかも知れません。
百田某のような、軽薄な右翼もどきや、ヘイトスピーチを繰り返すネトウヨの親玉かと思う方も居るかも知れませんが、私には真の保守・真の民族主義者に近いと思われるのです。
私は何回も書いて来ました通りの民族主義者です。
縄文以来の信仰心を根幹に置き、自然と共生し自然に感謝して、自然を大切にしながら生きてきた日本人を心から愛し、日本の風土をどう守り、どう暮らすかを考えてきました。
この私の考え方は、今の時代では保守になると思います。
しかし、現実の政治を考えた時、私は多くの場面で反対する人間になりました。
私の基準から考えたら、余りにも違う事が多いからです。
私はそれを是々非々だと表現して来ました。
また、グローバル優先だと考える方々は、余りにも現実から解離していると思われるのです。
理想は掲げても良い。
しかし、ではその理想にどのように近付いていくのか?
その明確な回答がありませんから、日本ではリベラルが勢いを失くしてしまった
リベラルの方々は怒るかも知れませんが、ソ連が崩壊し、共産主義や社会主義が資本主義に破れた時、それを信じていた左派と言われた人達は、人権派に変わった人達も多いのですが、その人権派じたいが平気でダブルスタンダードを犯す。
暴対法を人権を犯していると言った人権派の人達を、私は寡聞にして聞かない。
いくら暴力団員であっても、銀行口座は作らせ無い、リースは認め無いというのは、人権無視そのものだと私は思うのですが、人権派の人達はそうは思わないらしい。
確かに暴力団対策は必要だと思いますが、それは別な形で実行するべきで、基本的な人権をこのように制限するべきでは無いと私は思う。
このような人権無視ではなくて、このような場合はこうでこのような場合にはこうだという、行動に対する法の整備をするという、対案を出して反対するべきだったと、私などは考えてしまうのです。
ヘイトスピーチ反対でも同じです。
私は以前書きましたが、在日韓国朝鮮人問題が低流にあると考えています。
勿論、これは徴用工問題や慰安婦問題にも繋がる話なのですが、敗戦後日本は沢山の人達を朝鮮半島に返しました。
しかし、その反面では、沢山の朝鮮半島からの入国者もいました。
私の父親が参加した敗戦直後のそれら無法入国者との市街戦は、浜松だけでなく、日本各地に多発しました。
この無法入国者を含めて、朝鮮半島人や中国人達は、当時『三国人』と呼ばれていましたが、いつの間にかこの言葉は差別用語だとされてしまいました。
しかし考えてみて下さい。
戦前は酷い差別があったと言われていますが、その差別されていたという人達が、駅前の一等地を僅か10年少しで何故所有できたのでしょうか?
市街戦は、当時は警察も手が出せなかった三国人の横暴に対して、それに怒った日本人の兵隊帰りとか、今は暴力団と言われている人達が戦った話なのです。
驚いた占領軍(GHQ)は、慌てて隠匿物資の摘発に乗り出します。
この時に出来たのが、今の地検特捜部の前身であり、当時は何も出来なかった警察〓国家権力は、どの都市でも不名誉な市街戦の記録など、僅かでも残していないでしょう。
血のメーデーと呼ばれた事件があった当時、私達庶民の親世代は、食べるのに一所懸命でデモに参加などしていませんでした。
当時のデモに参加した人達とは、やはり戦後に解体された大企業の従業員か、当時の国鉄とか郵便局の職員だったのだと思います。
確かにそれら全てが、戦後史の一幕ではありますが、この市街戦の記録の抹消こそが、リベラルの支持が少ない原因だと私は思います。
先ほどの市街戦の後は、どうなったのか?
不法入国者達はそのまま日本に居座りました。
更に朝鮮戦争が始まると、日本に逃れて来た人達も沢山居ました。
この人達も当然不法入国者ですが、その不法入国者は強制送還される事もなく、日本に住み続けています。
現在の在日の人達の父親やら祖父母が、戦前から日本に居たという人達は、多分1割か2割程度でしょう。
そして、またここからが問題で、彼等には届けるだけで通名〓日本名を使う事が許されているのです。
勿論、彼等にも言い分はあります。
それは差別されているから。
差別されるから。
何故市街戦になったのか?
それは彼等が、三国人として日本人から無法な事を沢山したからです。
不法占拠は当たり前、今でいうみかじめ料も取りました。
そんな不法を認め、彼等の言い分を鵜呑みにして、今の状態を作ったのは、まだ占領下の日本であり、時の首相は大宰相と言われた吉田茂その人です。
リベラルの人達に私は言いたい。
人権派の人達に私は強く言いたい。
彼等が、何故通名を要求したのか。
それが創氏改名と同じだからです。
創氏改名とは、法律で認めた通名の事で、満州に進出した朝鮮の人達が、対中国人相手に強く出る為に求めたのが最初だと言われています。
その原因が万宝山事件で、これが満州事変から太平洋戦争に繋がりました。

差別されない為には判りますが、それならば他の方法で差別を失くす努力をし、自らのプライドの為に通名は止めましょう。
そう言って力を貸す事こそが人権派ではないでしょうか?

自民党は吉田茂氏を大宰相とし、派閥のルーツにもしていますから、これら在日の問題には関わらないでしょう。
しかし、リベラルとか人権派とかの人達でも、共産主義や社会主義を礼賛した過去があり、その立場がこれらの問題から目を背ける原因になっています。
だから幼稚なヘイトスピーチは失くならない。

私が紹介したいこの本は、保守を自認する西尾さんが安倍政権を批判した本です。
安倍政権は偽物の保守だという弾劾の本であり、真の保守の気概に満ちています。

私が先に書いた人権派に対するダブルスタンダード批判と同じです。
揺るがない信念とは?

保守とか革新とかリベラルとか人権派とかの枠を超え、是非とも読んで頂きたい。

薄っぺらなネトウヨ諸君はよもうとしないだろうが、それでも読んで頂きたい。

そう強く思います。

6 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年07月17日 14:11
    附記。
    この本をお薦めするのは、私がたじている事を違う観点から論じている事です。
    そして結論だけなら似て来る事なのです。
    私は西尾氏ほどの保守ではありませんが、天皇家を大切に思うという意味では保守であり、新しい民主主義を作る為の改憲論者という意味でも保守であります。
    この本とは意見の根本が異なる部分が多々ありますが、それでも結論は似てくる。

    それはリベラルな人達でも同じ部分があるのではないかと思えたのです。

    また、保守を自認する人達には、改めて、保守とは何かと考えて欲しいと思ったからです。

    従米だけの保守は保守では無い。

    保守の中の保守だと考えていた著者の声を、私は素直に聞いた後で、触れていない事を書き足して、敢えてお薦めしました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する