mixiユーザー(id:44024462)

2019年06月16日12:23

104 view

高齢者専用免許について

前回のブログで、定速運転の効用〓アクセルへの集中力上昇による踏み間違いの減少を書きました。

そして以前にも書いた事ですが、オートマチック車を運転するから、この間違いも生まれる訳です。
以前のようにミッション車だけなら、踏み間違いをしても直ぐ停められる訳です。

私は定速運転のアクセルワーク技術に、ミッション車を加えたら、かなり高齢になったとしても、このような単純ミスによる事故は激減すると考えています。

これは完全自動運転に変わったとしても、コンピューターの不調な時の対応で、かなり違いが出ると思う。
勿論、コンピューターの不調の時も様々な動きがありますし、マニュアル車でもフィンガーミッションのように、ニュートラルにならない事もありますから、最終的にはサイドブレーキを引く事になる訳ですが、これはコンピューターがエアの管理もしているからであり、エアの管理が無いタイプのガソリンエンジンの乗用車やピックアップやバンや小型トラックなどなら、ミッション車の特性としてギアをニュートラルに戻せば良いと考えます。
問題は、ハイブリッド車や電気自動車で、モーターが動力ですからミッションは不必要になるので、この場合には踏み間違い問題が更に浮上する上に、コンピューターの不調や故障によるリスクが加わるという事です。
私でも、フィンガーシフトの変調の時には、ニュートラルに戻す事に拘って、ブレーキを踏むのが遅れました。
この時は距離にしたら2メートルくらいでしたが、人間の対応とはこんな物なのです。
この時の速度は、本当に歩くより遅く、最初は動いている実感が無いくらいでした。
衝突防止装置があれば、この程度の異常は何でもない事になりますが、コンピューターの異常からですから、衝突防止装置が稼働しない事も考えなくてはなりません。
そこで前記のサイドブレーキという事になる訳ですが、ハイブリッド車や電気自動車の場合にはどうなんでしょう?

コンピューターが様々な場所で様々な状況に沿って制御しているのが現代の生活です。
しかし、コンピューターも急激な電圧の変化や、配線のトラブル等によって故障する事は、コンピューターを扱う方ならお分かりだと思います。
また、バグの存在も故障の原因になりますし、故障の記録に残らない事もあるから厄介です。
現在では高齢者の踏み間違い対策として、マスコミに取り上げられているシステムも、ハイブリッド車や電気自動車には、実は必需品なのだと私は考えます。
このシステムやサイドブレーキを使用した時には、必ずコンピューターから一旦は切り離すという必要もあるかも知れません。

話が少し広がりましたが、私は高齢者こそマニュアル車の運転が良いと考えています。
マニュアル車が運転できなくなったら、その時は運転免許の返納の時だと、そう考えるのです。
足の自由が利かない方向けには、昔のノークラッチミッション車という選択もあります。
昔は、トルコンと言われて馬鹿にされた技術ですが、今のフルオートマチックとは異なり、シフトはマニュアルだった技術です。
これならミッション車と同じシステムですから、せめてこのトルコン付きを推奨する事で、踏み間違いからの事故は激減する事でしょう。
このトルコンシステムのオートクラッチは、メーンのコンピューターシステムから切り離し、故障したらギアが入らない事にすれば、高齢者でも使いこなせるはずです。
これを読んだメーカー関係者が居て、トルコン付きを開発したとしても、それが発売されるまでのタイムラグはありますから、それまではやはりミッション車に乗るという選択が正しい。
私はそう考えています。
9 13

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月16日 12:43
    高齢者による逆走や車一台が通れる歩道の歩道走行、車線跨ぎ走行も問題ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月16日 12:55
    > mixiユーザー 
    その通りなのです。
    高齢者だけではありませんが、逆走や車線またぎは、定速運転に必要な目の使い方で激減すると思います。
    それと正しく座る事も重要ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月16日 13:12
    運転技術については、15年3月の日記を参考にして下さい。
    コピーしようと思いましたが出来ませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月16日 15:31
    今年はこの高齢者の事故のニュースが多いですね。心配になります。有名人が免許返納とかのパフォーマンスもありますが、実際問題、自分で運転以外の移動手段がある人はそれで良いと思います。代替の移動手段が難しい地域の方々には本当に車自体の技術が向上するか、お付きの運転手が必要くらいの選択肢しかないと思います。
    鑑定士さんみたいに70過ぎてもプロの運転手さんをやってる人もいますから、一律に制限を加えるのは乱暴な事だと思いますし、個人でどの程度自分の運転能力を見極められるのかも難しい所です。
    高齢化社会になる、なると言われて来ましたが、こういう所から現実問題が、露わになるもんだな。と思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月16日 17:18
    > mixiユーザー 
    前回も書きましたが、漫然と運転をしてきた方々では、衰え始めたら運転は急激に劣化すると私は考えています。
    しかし残念な事に、漫然と運転してきた方々には、その劣化に対しての自覚は無い。
    マニュアル車なら、運転技術が劣化したら動きませんから、マニュアル車が一番だとは思います。
    が、車が無いと生活出来ない地域の人達も増えていますから、私はトルコン車を提唱した訳です。
    トルコン車は、クラッチが無い以外はマニュアル車と同じですから、自分でギアを選択する訳ですし、ギアの選択が出来れば、車は動きますし、間違えたならそれは判ります。
    昔はコラムシフトと言って、ハンドルの柱にシフトレバーが付いていました。
    その復活は効果が在ると思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月16日 22:34
    いち早く75歳以上の自動停止機能付き自動車専用免許って、『池袋母子死亡事件犯人の飯塚幸三の持病経口薬の薬害が、足筋肉や足先神経への副作用が原因である』と言う懸念の追及にフタをして医薬品業界の利権を守ったという見方は、偏見か?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月16日 22:35
    脳味噌がうずくニュース(2019/06/13)
    http://blog.livedoor.jp/dobojicchi/archives/19104177.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月16日 22:37
    なぜ、免許更新制度に、足筋肉と神経の危険認知と反応速度や適格なペダルの踏み込み確認テストを検討しないのか?
    いきなりの自動ブレーキ装置付き自動車へ論点をもっていってしまうのか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月17日 07:14
    > mixiユーザー 
    多分偏見では無いと思います。
    表に出る理由だけで、法律は作られるものでは無い事は、様々な事例で明らかです。
    私が見た薬害エイズ事件でも、当時の厚生省が緑十字に依頼した部分や、危険性をかなり認知していた部分は隠されていました。
    軽井沢バス事故でも情報操作は行われていますからありうる事です。
    運転不適格者の記事も読みましたが、これも免許取得後に変貌する人間もいますから、それを考えますと難しいかと思います。
    私は、部分的なところを少しでも改善するしかないと考えて書きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月17日 10:31
    > mixiユーザー ご返答ありがとうとうございます。あらゆる可能性を提示してその可能性を公の場で吟味する場所が欲しいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月17日 12:59
    車の運転免許証の交付のたやすさや、車の購入値段や、維持費などが
    「ほんの少しがんばれば」届く範囲であること。
    国民全員に車を運転してもらいたい、所持してもらいたい。という意図を感じます。
    つまりは、ある特定のグループが儲かる仕組み。
    この頃は、自分が享受している豊かさについて、感謝はしますが、疑ってもみます。

    なぜ、いつまでも運転させるのか。
    保険に入れ、とすすめられる。
    車検も2年に一度、半年点検もさせられる。
    運転しやすい車であること。
    スピードがやたらと出る車を作っておきながら
    速度制限をかける国。
    なぜスピードメーターは200kmとかあるのでしょうか。
    都合が悪くなると「自己責任」とか、企業のせいにする。
    許可してきた責任も感じて欲しいです。

    私は免許をとってから、今まですべてミッション車に乗っています。
    いまでは、ミッション車を探すのに苦労をしています。
    オートマ車がキライなのは、「自分の意志に反して動く」ところです。
    足元には、クラッチとブレーキとアクセル。
    踏み間違えるのか?
    一瞬の時、間違えてしまうのか。自分だったらどうだろう。と
    常に頭に置いてます。
    免許更新の際の運転テストを義務化した方がいいのではないでしょうか。
    車産業からものすごく反対されると思いますが、
    「運転不適合者」救済制度として交通機関の運賃を半額にするなど、
    (その際の財源はどうするかは、みなで考える)
    してもいいのでは。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月17日 16:39
    > mixiユーザー 
    仰る通りですが、貴方が書いていたような話を、公にしたく無いから、難しいかと思います。
    ですから、遠回りでも皆さんが消極的でも賛成できる方法が必要だと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年06月17日 17:03
    > mixiユーザー 
    免許更新の時に運転技術のテストをする案は、時間と人手が膨大になりますから無理です。
    ミッション車は本当に探すのが大変になりました。
    観光バスにもオートマチック車が標準装備に昨年からなりました。
    観光バスの運転手でも、私のように自家用車もミッション車だという人間は少数派です。
    便利さに胡座をかいて、漫然と運転する事になれてしまうと、それか踏み間違いの遠因になると私は考えています。
    確かにミッション車でも漫然と運転する事が皆無だとはいえませんが、ミッション車ならそれはエンストやノッキングという形で現れます。
    下手な人間が楽に運転できるシステムがオートマチック車だと考えた時に、1つの答えが見付かります。
    下手な人間に合わせたから、当然のように踏み間違いは起こるのです。
    だって下手な人間が漫然と運転して、長い時間が過ぎて、緊張感も無いのですから、踏み間違いも当たり前。
    酷な言い方ですが、私にはそう思えるのです。
    不適格者の救済の件に関しては、それこそローカル専用に無人のミニバスを走らせる事だと思います。
    そこから、バス路線に繋いで鉄道にも繋ぐ。
    これは、身体の自由度の減ったお年寄りにも嬉しいシステムでは無いでしょうか。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する