mixiユーザー(id:44024462)

2019年04月21日05:11

95 view

術後の朝に

昨20日は、退院の予定日でしたが、バルーンはそのままで抗生物質の点滴も続いています。
それを少し書いてみます。
担当医は学会に出席との事で、17日にバルーンを外したのも、又挿入したのも別な医師でした。
18日の朝に、又別な医師から、膀胱の検査をさせて欲しいと言われ、10時半にこの検査をしました。
病棟の看護師さんが見学させて欲しいと言って見学した訳ですから、余りしない検査なのだと思われます。
検査はバルーンを利用して膀胱に炭酸ガスを注入していきます。
最初に尿意を感じた時。
これならトイレに行くという時。
我慢の限界で漏れる寸前。
これを教えるだけという簡単な検査ですが、2回目は検査をする看護師さんが代わり、限界を教えた後も注入があって、かなりな衝撃でオシッコが漏れた感じがし、右腹の方にズンと痛みが走りました。
傷口全体の痛みは、2日前の状況に近くなり、昼飯後には高熱が出る前のぞくぞくした感じがあり、朝は7.0度以下だったのが夕方には8.1度に上昇し、抗生物質の点滴が始まった訳です。
19日の朝も昼も、大体7.6度くらいで推移して、昨20日の朝は6.7度。
日中は7.5度くらいで夕方が7.7度と、前日と全く同じでした。
耐性菌の存在もあるとの事なので、此れで耐性菌に負けたという事になったら、躓いて転んで打ち所が悪かったと同じような話で、それはそれで私らしいとも思いますが、流石にそんな事はあり得無いでしょう。

退院が見えないのが困った物です。
5 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月21日 06:11
    大変な状況だったのですね。お見舞い申し上げます。お大事にです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月21日 17:53
    大変ですね。がんばってください。(そんなことしか言えずにごめんなさい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年04月22日 01:28
    ↑↑↑了解指でOK22日・月曜日に、行きます病院病院病院病院
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月01日 02:26
    日々が初体験の連続。刺激的です。先々の不安を探検家のフロンティア精神に変えて道を切り拓いてください。闘病と皆が思いますが、当の本人は未踏の地を踏む冒険家であり日々が昨日と異なります。見慣れた病室の天井の模様にも気づかなかったシミを発見したり、そのシミが過去の忘れていた記憶を呼び起こしたり。闘病中の記録は宝物です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月04日 23:19
    > mixiユーザー 
    退院できましたが、残尿の量が多い為に、自己導尿をしています。
    夜トイレに行った時と行かない時では、残尿の量が100cc位違います。
    詳しくは又日記に書きますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月05日 00:36
    よろしくお願いいたします。ご無理なくマイペースでお願い致します。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する