mixiユーザー(id:44024462)

2018年11月09日22:45

111 view

御巣鷹山に行きました

6日と7日に御巣鷹山の慰霊登山のお供の仕事でした。

慰霊の園は静かで、小雨が時折降っていた。
泊まった不二屋さんで出された熊と鹿と猪の肉は、血抜きが良い為か臭みも無く非常に美味しく頂きました。

御巣鷹山登山口の上の駐車場の先には、事故の現場が見え、美しい紅葉に彩られた静けさは、安らかに眠って欲しいという大自然の優しさかと思えた。

今年発売された日航のCAだった方の本に、様々な事が書かれていましたが、車内でも似た事を話していました。
墜落機の後ろに小型機が追尾していたという、小学生の作文がいつの間にか無くなってしまっていた事。
世の中に出たボイスレコーダーを持ち込んだという人物は、未だに不明な事。
事故調の記録の全ての原本は破棄された事。
その原本を収めたマイクロフィルムが提供されたが、それが役人だった事。
事故調の隔壁破壊による急激な減圧は、生存者の話しと矛盾するだけでなく、その減圧に耐える事が出来る人間が居るという実験結果がおかしい事。(これは坂井三郎の『大空のサムライ』などで確認できます。ゆっくり登る富士登山でも高山病になる人がいますし、坂井は搭乗員の3割頭と表現しています。10分程度をかけて6千メートルに上昇した慣れた人達でもです)
7千メートルで急激な減圧があったとしたら、素人の生存者が異常を感じなければ逆におかしいのです。
私は横田基地の近くに住んでいましたから、当時の噂を真剣に事故の真相に近付こうとしているお客さん達に伝えましたが、その噂は
横田基地を日航機が横切った飛んだ。という事です。
横田基地を横切って飛んだのをスクランブルしたという噂は聞きませんでしたから、それが疑問だったからです。
それと新たな噂を聞いていた人の話しで、日航機の後を追いかける戦闘機を見て、後を車で追いかけて、結局見失ったと話していた人が居た事も判りました。
これはスクランブルの意味を知っている福生市民だからの行動だと考えたら、あり得た話しなのです。
ボイスレコーダーに纏わる話しもありましたが、此処に書く事で影響があるかも知れませんから書きません。

私は何回も書いて来たように『軽井沢バス事故』の関係者であり、警察や検察の聴取を受けています。
そして、その度にあの事故の真相はミステリーだと答えてきました。
あの事故の当日に、当時のいい加減な運行管理者は、あのバスの帰庫を時間まで入れて捺印していました。
朝早く、警察はその運行記録簿を押収しましたから、安心?して事故車両を製造元の三菱ふそう整備工場に持ち込みました。
バス会社は中古車販売もしていましたから、半月ほど後に社長が事故車両の行方を警察に尋ね、抗議しましたから、警察は事故調査の為に科捜検?に持ち込みました。
疑惑が強まるのは、事故の半年後には、三菱ふそうが国交省との連名で車台番号付きダイレクトメールを観光バス会社に送付して、事故の危険があるからと、足周りの確認と整備要請をしているのです。
これをマスコミの人間に話しましたが、記事になる事はありませんでした。
事故の直後は、マスコミ各社が一斉にルート変更を危険な道路への変更だと書き立てましたが、上信越道が開通した後になっても、あの事故車のルートは、数十年も使われた夜行スキーツァーバスのルートであり、あの碓氷バイパスよりも、栂池や鹿島槍、菅平や斑尾の方が余程危険であり、それを言及するマスコミは無かったのです。
その後は、運転手の運転技量へのマスコミ各社の一斉バッシング。
あの坂道でブレーキを踏まないという異常さが、排気ブレーキが効いていなかったという話に転化され、通常のブレーキが有った事は無視される始末。
この件も私はマスコミに伝えたのだが、やはり記事にはなりませんでした。

この経験と、かっての仕事で知った事実から、日航機事故でのボイスレコーダーの流出経緯を考えますと、何等かの意図を感じざるを得ません。
軽井沢バス事故の場合は、報道されなかった事に真実があったと、そう言えるのですが、日航機事故では、情報を操作する事でグレーゾーンに押し込めるのが、闇の意図かと感じます。

インターネットで日航機事故と検索すれば、私がこうして書いている事を含めて、多種多様な意見が氾濫しています。
私は、日本の支配者はアメリカだと考えています。
戦後の占領時代から現在まで、マスコミは与えられた役割を忠実に実行しているのでしょう。
朝日は、東京裁判史観の擁護者として、左派リベラルよりの姿勢を取り、産経や読売は右派のスタンスを取る。
しかし、国家の根幹の部分では、一斉に同じ方向を向くのです。
それを承知して、私は情報をしっかり咀嚼して、真実を判断しなければなりません。
それには、個人としての好みや信条は棚上げにし、冷静に判断するべきなのです。

日航機事故と軽井沢バス事故は、私に様々な事を考えさせてくれました。
2つの事故の犠牲者の冥福を祈ると共に、日本という国とマスコミの事を、もう一度深く考えたいと思います。
12 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年11月09日 23:56
    123便の三十三回忌と中国の天津大爆発三回忌の日に納采の儀がありました。 もちろん意図的なものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年11月10日 09:03
    最近、とくに日航機事故について、世に言われている原因でなく、自衛隊機が尾翼にふれて、つぶし、それを米軍機が見ていた。それで、日本は、米軍に借りを作った、という説が、流布されていますね。ジャーナリストの森永卓郎さんなどは、ラジオで堂々と述べてました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する