mixiユーザー(id:4324415)

2021年01月14日17:26

12 view

☆1月3週分(その2)

☆今週の重賞☆
今週はハンデ戦の重賞が2つあっての計3重賞!波乱の匂いがします。
日経新春杯<G2〜ハンデ〜>(芝二四)は、今年は中京二二と距離も替わります。
ヴェロックスの取捨が最大のポイントとなりそうです。三冠で<2>・<3>・<3>着とその全てで馬券圏内を確保した実績はここでは抜けたものです。ここ2走が案外なだけに、ここは試金石となりそうです。
アドマイヤビルゴは、5戦4勝。3走前の京都新聞杯の1戦しか負けていません。二二でも勝っていますが、二千より良いかどうかは微妙に感じます。そこがポイントでしょう。
サトノインプレッサは、日本ダービーで<4>着。二四にメドを立てただけに、この二二は許容範囲内でしょう。『前々で運びたい。』という陣営の目論みが叶うようならば楽しみです。
クラージュゲリエは、長期休養明け2走目となった前走のアンドロメダSでアドマイヤビルゴから0.1秒差・<2>着。当時は2キロのハンデ差がありましたが、今回はそれがなくなります。まだ状態面の上積みがあってもいいでしょうし、勝負付けは済んでいないでしょう。
サンレイポケットは前走のアルゼンチン共和国杯で0.4秒差・<6>着に敗退しましたが、二五の距離が長過ぎたと見て良いと感じます。二二へ距離短縮による巻き返しには注目したいところです。
ダイワキャグニーは、ここならば先行力が生きます。今回のポイントは2つ。二二の距離がそのひとつですが、ジャパンCで0.7秒差・<6>着というのがあります。こなせていいでしょう。あとは、トップハンデです。
サトノソルタス、ショウリュウイクゾ、バレリオ、ミスマンマミーア、レイホーロマンス、レクセランス、ロサグラウカ、ワセダインブルーあたりの食い込みが叶えば好配当も期待出来るでしょう。

愛知杯<G3〜牝馬ハンデ〜>(芝二千)は、貴重な牝馬のみのハンデ戦。大荒れまであって驚けません。
センテリュオは、牡馬相手のオールカマーを勝利し、前走のエリザベス女王杯も0.5秒差・<5>着と掲示板に載る末脚を見せました。直線の長いコースは向いていますし、決め手はここに入ると上位の存在。あとは、トップハンデです。
マジックキャッスルは、前走の秋華賞で0.2秒差・<2>着と好走。まだ1勝馬ですが、この内容は高評価に値します。この中京は初めてとなりますが、左回りも直線の急坂も問題ありません。ここでも。
シゲルピンクダイヤは、前走の中日新聞杯で0.1秒差・<2>着。桜花賞<2>着・秋華賞<3>着という実績がありながら不振に喘いでいましたが、復調を示しました。据え置きのハンデも好感が持てます。
ムジカは、この舞台のローズSでリアアメリアから0.2秒差・<2>着。前走の条件クラスの元町Sは勝ち切って欲しかったというのは本音ではありますが、追い込み一辺倒の脚質なので同情の余地もあります。その分ハンデは軽くなるという見方も出来ます。
レッドアステルは、前走の甲斐路Sを勝利してOPクラス入り。今回はコースが中京に替わりますが、同じ左回りの同じ距離。重い芝も既にクリアしています。直線の急坂も新馬戦の中山でクリアしていますが、プラス材料として働くかどうかはまだ何とも言えません。
サトノダムゼルは、千八実績が4−2−0−0に対して二千実績は0−0−0−2。ただ、2走前の新潟記念では0.3秒差・<5>着と悪くありません。ここに壁があるのかどうかが最大のポイントとなります。
アブレイズ、ウインマイティー、ウラヌスチャーム、カセドラルベル、サトノガーネット、サマーセント、デンコウアンジュ、ナルハヤ、ランブリングアレー、レイホーロマンスあたりの一発に注意を払いたいところです。

京成杯<G3>(芝二千)は、かなり混沌としたメンバー構成となっています。
グラティアスは、ルメール騎手が乗るだけに人気の中心となりますが、東京での新馬勝ちのみのキャリア。重い芝の小回りコースをこなせるかどうかは全く分かりません。調教師がその素質をかなり高く評価しているだけに、コース替わりにどう対応を示すのかは楽しみです。
ヴァイスメテオールも、東京での新馬勝ちの1戦のみ。こちらも、グラティアス同様に前半のペースは遅い流れとなり、そこから瞬発力勝負の展開となりました。中山にコースが替わることで全く質の異なるレースを経験させられる可能性があります。その対応次第でしょう。
テンバガーは、新馬戦で<3>着でしたが、先着を許した2頭がダノンザキッド・ワンダフルタウンでした。前者は東京スポーツ杯2歳S・ホープフルSを勝ち、後者は京都2歳S勝ち。続く、未勝利戦は順当勝ちでしょう。4ヶ月半振りの一戦となりますが、重賞でも楽しみな存在です。
タイムトゥヘヴンは、初勝利を挙げるまでに3走を要しましたが、前走の勝ちっ振りの良さが目立つもの。後続に1.4秒という大差を付けて圧勝しました。相手強化となりますが、前走と同舞台ならば楽しみが持てます。
アクセル、ヴェーロチェオロ、スウィートブルーム、タイソウ、タケルジャック、ディクテイター、プラチナトレジャー、ミヤビハイディ、ラカンあたりの食い込みに期待しています。

日曜日中山に40%という高めの降水確率が出ていますが、現状の予報ならば「良」で迎えることが出来そうです。予報の推移に注意しましょう。また、今週からは小倉が開幕します。得意にしている開幕週。しっかりと好結果を出したいと思います。最終結論をどうぞお楽しみに!!



☆お知らせ☆
【ムネヒロネット】では、毎週週中の地方競馬の見解もお送りしています。
「週刊競馬ブックに掲載されている重賞(土日は基本省く)」が対象レースとなっています。
毎回の振込の手間・手数料を省くために、『プール金制度』を採用しています。
先に預り金を入金していただくことで、使用したいレースにメール1つで対応出来ます。使用したくないレースはスキップすることが出来ます。
詳しくはこちらをご覧になって下さい。表題は「地方競馬」となっていますが、「海外競馬」にも使用可能となっています。
勿論、一般の【ムネヒロネット】のサービスの継続などにも対応します。ご要望がありましたら、メールにてご連絡下さい。
https://munehiro.net/chihou

『先週の全レース回顧』のYouTube配信、スタートしています!「毎週月曜日19時から」生放送で話します。その週の重賞展望にも触れます。皆さんのご質問にもお答えします。是非、ご登録・ご視聴お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCoBQgIdHNvmTKyhJNJQdt-A


◆ムネヒロネット事務局◆
MAIL:all@munehiro.net
URL:http://www.munehiro.net
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最近の日記

もっと見る