mixiユーザー(id:4324415)

2020年09月29日16:37

9 view

☆10月1週分(回顧)

☆先週の振り返り<次走への注目馬>☆
【土曜日】
<中京9R>
3番デュアリスト
新馬戦は千二での勝利でしたが、『距離が延びるのはいいかと。』と戦前から調教師は述べていました。
緒戦よりもダッシュ力が強化しており、ハナへ。それでも、引っ掛かるようなシーンは一切なく折り合いは完璧。そして、直線では軽く気合いを付けられた程度で後続をグングン引き離しました。
ハナを切りながらメンバー中最速の上がり36.6秒を使っているのですから、0.9秒という着差が付くのも納得です。走破時計1.23.6は従来のものを0.7秒更新するレコード。『ここから更に良くなっていくと思う。』とレース後の北村友騎手がコメントしているように、まだ伸びシロが期待出来ます。
レース振りからは更なる距離延長もこなせそうですが、どこまで問題ないのかがポイントとなります。

【日曜日】
<中京6R>
5番キスラー
先行していたレッドエランドール・ラデツキーの一騎打ちに見えましたが、直線で並ぶところもない迫力ある末脚で一気に差し切ってしまいました。
ただ、上がりタイムが37.9秒と平凡だったことから、展開が向いた印象は否定出来ませんし、また重いダートが合っている印象です。
『左回りの方が真っ直ぐ走る。』とレース後の武豊騎手のコメントは見逃せません。軽いダートでどこまで切れる脚が使えるのかを測りたいところです。



☆今週の注目3頭(重賞レース)☆
※【netkeiba】のコラムに今後掲載される運びとなりました。
こちらをご覧ください。
(PC)→ http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH46
スマートフォンのアプリでもご覧になれます。

お手数ですが『注目』ボタンをクリックしていただけると助かります。
よろしくお願いします。



☆季節・気候馬オプション回顧☆
(三宅誠氏担当)
【先週の気候傾向】
不安定な天候に見舞われた中山は終日渋った馬場での施行。
気候/暖中心だったこともあり、馬場の回復スピードも夏競馬のそれとは比べ物にならないほどゆっくりでした。
中京は気候/暑中心で、夏の暑さがやや残る気候条件。

中山は全体的に穏やかでしたが、日曜日午後の中京は西北西、最後の直線では右前方寄りから受ける風がやや強くなりました。


<9月26日(土曜日)>
☆中京☆
11R
12番シャンデリアムーン(◎)
昨年、気候/暑〜酷暑で連勝実績があった馬。
暑さが残っていた土曜日中京、6月函館の前走惨敗で見限るには早計でした。

☆中山☆
12R
14番ダンツエリーゼ(◎)
ダートでの馬券圏外3戦中2戦が7〜8月。
夏を越え、気温下降局面に差し掛かったタイミングで勝利を収めました。
気候/暖【2−0−1−0】を見るより、次走秋競馬なら再度狙えるでしょう。

<9月27日(日曜日)>
☆中京☆
12R
9番ホウオウスクラム(○)
このレースを含め、4連対中3連対が気候/暑の季節馬。
今後気温下降局面を迎える点を考えた時、ここが年内最後に狙えるタイミングと言えました。

☆中山☆
11R
8番カレンブーケドール(○)
戦前、気候/暖【0−4−0−0】と連対を外していなかった馬。
ローテーション面などから不安要素も囁かれていましたが、ここは季節適性が後押しした印象です。
また、【人気馬オプション】推奨馬でもありました。


【週末の気候予想】
週中は好天が中心も、ここにきて週末の気候が怪しくなってきました。
予報は日々チェックする必要があるでしょう。
朝方の気温は10℃台半ばの日もあり、すっかり秋らしい気候になってきました。

☆先取り注目馬☆
モズスーパーフレア(日曜日中山11R スプリンターズS登録)
秋の中山では【1−1−0−0】連対率100%。
凡走は夏競馬と冬競馬に集中している馬で、絶好の気候条件が見込めるここは陣営も力が入る一戦でしょう。



◆ムネヒロネット事務局◆
MAIL:all@munehiro.net
URL:http://www.munehiro.net
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する