mixiユーザー(id:4324415)

2019年12月11日17:11

76 view

☆12月3週分(回顧)

☆先週の振り返り<次走への注目馬>☆
【日曜日】
<阪神10R>
12番ビルジキール
5走前の猪苗代特別を「不良」の中、1.43.1でレコードV。軽いダートを得意にしていると見ていました。
前走の花園特別は「良」とはいえ軽いダート。そこで1.8秒差・<15>着と大敗を喫しただけに、距離が短縮した際に見直したい存在に見えました。
しかし、今回は控える競馬でしっかりとした末脚を見せての勝利。重いダートをこなしましたし、0.3秒差を付けた勝ちっ振りも強いものでした。
激走レンジ<range>(真の適性)がどこにあるのかまだハッキリと見えませんが、成長著しい3歳馬です。まだ強くなるでしょうし、まだまだ穴をあけそうに思えます。その適性を測りたいところです。

<阪神11R>
4番レシステンシア
テン3ハロン33.7秒・5ハロン57.5秒はハッキリとHペース。流石に止まるだろうと見ていました。
しかし、直線では後続を突き放すワンサイドゲーム。ハナを切りながら上がりタイムも何とメンバー中最速の35.2秒をマークして、0.8秒差を付けました。
走破時計1.32.7もレコード。全てにおいて、文句ない強さでした。決してメンバーレベルの低い年ではない中でのこの圧倒的なパフォーマンスには舌を巻きました。
瞬発力勝負になった際の課題は残っているだけに、年明けライバル勢の巻き返しがどこまであるのか。流れの違いと共に注目しましょう。



☆今週の注目3頭(重賞レース)☆
※【netkeiba】のコラムに今後掲載される運びとなりました。
こちらをご覧ください。
(PC)→ http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH46
スマートフォンのアプリでもご覧になれます。

お手数ですが『注目』ボタンをクリックしていただけると助かります。
よろしくお願いします。



☆季節・気候馬オプション回顧☆
(三宅誠氏担当)
【先週の気候傾向】
先週は日曜日阪神で小雨が降る時間帯があったものの、馬場コンディションは良好。
3場とも気候分類は「寒」中心と、本格的な冬競馬到来と共に冬馬の台頭が目立ち始めています。

<12月7日(土曜日)>
☆阪神☆
10R
7番メイショウタカトラ(△)
11番人気ながら<1>着と、3連単119万円の波乱の立役者となりました。逃げての快勝でした。
4連対全てが気候/寒〜涼と、季節的に十分狙えた一頭でした。

☆中山☆
10R
7番ヒデノヴィーナス(◎)
ハイペースを逃げて押し切る強い競馬。上位に差し馬が台頭する流れでした。
気候/寒【2−1−1−0】だったことも見逃せません。
【人気馬オプション】推奨馬でもありました。

☆中京☆
12R
18番ワールドフォーラブ(◎)
12月の中京で勝ち上がり、冬3勝の季節馬が一変を果たしました。
典型的な季節馬の変り身パターンで、この手の好走パターンは覚えておく必要があるでしょう。
【人気馬オプション】推奨馬でもありました。

<12月8日(日曜日)>
☆阪神☆
11R
4番レシステンシア(○)
このレース傾向から真逆の勝ち方、逃げてウオッカ超えのレコード。
10→11月と気温低下局面で連勝。2歳戦はこのような連勝劇が見られることは珍しくありません。

☆中山☆
11R
7番コパノキッキング(○)
トップハンデで人気過剰に思えましたが、昨年のこのレース勝ち馬。
寒い時季の適性は申し分なく、季節的な後押しもあったと見ます。
【人気馬オプション】推奨馬でもありました。

☆中京☆
2R
4番ウォークザライン(○)
デビュー5戦目、厳冬期に初勝利を挙げました。冬になって一変しました。
季節馬の適性は高く、この後も連続好走を注意すべき存在です。


【週末の気候予想】
今週末は最高気温14〜15℃と一旦冬の寒さは小康状態。
それでも季節馬に対するスタンスは変えず、陣営が冬を意識した使い方をしている点を気にするのがポイントと言えます。

☆先取り注目馬☆
リバティハイツ(土曜日中山11R ターコイズS登録)
気候/寒【2−2−1−2】と好走多数。
昨年のこのレース<2>着馬、季節適性を利したリピート好走を警戒します。


◆ムネヒロネット事務局◆
MAIL:all@munehiro.net
URL:http://www.munehiro.net
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する