mixiユーザー(id:4318964)

2020年05月30日07:05

10 view

RCP検査を拡大しない理由

武漢ウイルス騒動初期から、今でもちらほら出てくる
出来る限り大人数にRCP検査をしろという意見
日本は検査数が少なすぎるので問題だと言う意見が
かなり強力にメディアで吹聴されて来ましたが
自分はこれに否定的
RCP検査を全くなしにすることも問題ですが
出来る限り大人数に、というのは否定

まずRCP(に限らず武漢ウイルス確定するための)検査を
出来る限り大人数に適応出来る状況というのは
条件を満たすという前提はありますが二回あると思っていて

1回目は病床の確保など武漢ウイルス検査、感染者の隔離体制が整った時点
2回目は完全に治療法と症状緩和方法が確立され、ワクチンの接種する時点

1回目は感染拡大初期に必要ですが
隔離体制が整っていないと検査のために病院に行き
検査に行ったことで武漢ウイルスに感染し
検査結果が陰性でも二週間後に発症し
その二週間の間にウイルスを拡散させる危険があるため
「隔離体制が整っていること」を絶対条件として検査が出来ると思う
理想は検査希望者は病院に検査を受けに行った時点で隔離され
何ヶ月の間に複数回の検査で陰性が確認されれば解放されるようにする
まあ現実的ではないですね
ただ奇しくもダイヤモンドプリンセス号がその理想モデルだったというのは皮肉的

2回目は収束期からその後
インフルエンザと同じ脅威度になった時点で適応されるべきだと思います


出来る限り大人数に武漢ウイルス確定検査をしろというのは
単に自分は感染していないという
非科学的で無根拠な安心を得たいがためのわがままでしかない
発症していない人が検査のために病院に行くことで
感染するリスクと同時に拡散させるリスクを発生させるので
害悪でしかない

初期に38℃以上4日という条件で
検査を受けられないということはありましたが
騒動初期で武漢ウイルスの確定情報が少なく個別対応が難しい時点で
その後の医療体制を崩壊させないように留意しつつ
1億人以上の国民に適応する条件の選定がどれだけ難しいことか
冷たい言い方をすれば
検査数を絞ったことで感染拡大を阻止した側面もあると思っています
どっかのライブハウスで感染拡大した記憶があると思いますが
検査数を増やすことで
全国の病院でそのライブハウスと同じことが起こっても不思議じゃなかった


メディアの言う検査を拡大させるための理由も
「外国では」「黒沢、ミッツが」というものがほとんどでした
自分は頭が良いわけではないですが
これが検査拡大させるという正当な理由だとは思えません
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する