mixiユーザー(id:4318964)

2020年02月29日20:07

32 view

ガンダムマーカーエアブラシシステム

部分塗装よりも面積が大きい部品塗装をしようと思いましたが
手持ちの塗料はガンダムマーカー
こいつは乾きが早くてペン幅以上の面積を塗るのには不向き
普通の塗料で筆塗りも自信無し
缶スプも一本500円ぐらいするし

で、ガンダムマーカーエアブラシシステムは4000円ぐらいで買えるので
一度使ってみるかなと
こいつが使えるならガンダムマーカーは一本200円ぐらいなので
コスパは良いのかなと思ったのですが…

不可もなく不可もなくって感じ
主に二つの理由で扱いが難しい

一つ目は付属のエア缶
一分も吹くと缶に霜がつくぐらいに冷えます
冷えていくに釣れてエア圧が下がって安定せず数秒の間に
塗粒の大きさが激変して均一になりません
さらに缶に霜がつくとエアーは出るものの
ガンダムマーカーのペン先から塗料を飛ばす力はなく
ペン先を乾かすだけになってしまいます

二つ目がガンダムマーカー自体の構造
ガンダムマーカーはポスターマーカーのように
ペン先を押し込む事で塗料が充填される仕組み
つまりペン先に充填された分の塗料だけで一回の吹きをすることになるため
十数秒ぐらい毎にペンを外してペン先を押し込み
塗料を充填してやる必要があります
さらに充填直後は大量に塗料を飛ばすので実際に塗れるのは
塗料が大量に出る吹きはじめと飛ばす塗料の少なくなる後半以外の時間

結局
エア缶の問題は適正圧力が吹き始めにあり
ガンダムマーカーのペン軸の塗料の適正量が中盤にあるという
エアブラシのおいしい所がかみ合ってないという感じ

コンプレッサーにつなげれば使えるかもしれませんが
5cm四方の面席を塗るのがやっとなのかなぁと思います
マスキングしての部分塗りに
ちょいちょい吹く感じの使い方なんでしょうかね

コンプレッサーがあれば
エアブラシ本体は1万もあれば買えるみたいなので
ガンダムマーカーエアブラシシステムはエアブラシを使ってる人の
補助というかそんな感じに使うのが良いんじゃないでしょうか
子供や初心者や向けの商品なのに、という矛盾

普段からエアブラシを使ってる人はまた違う感想があるかも(^^;
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する