ホーム > mixiユーザー(id:427482) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:427482)

日記一覧

 "Burning Man"に来ている人達の衣裳は米国人にとってはハロウゥインやクリスマスのパーティに近いのかもと思える映像があった。 パーティのための仮装や変装のアイテムを売っている店があって、そこで気に入った物を選んで組み合わせて"Burning Man"の衣裳

続きを読む

緑茶に香りを着ける
2014年09月29日20:56

 伊藤園のぶどうのお茶と栗のお茶。どちらも緑茶に着香してティーパックにしたもの。 どちらも、しっかりと香りはあるが、味は緑茶。しかし、香りに釣られてか甘味を感じた。 お店の人に「お茶は凄い保守的で香りを着けるのは珍しい。」と言ったら「伊藤園

続きを読む

 会話をしていて、応答が悪くなっている。 とっさに返せなかったり、考えてしまうことが多くなっている。 だからと言って、より良い受け答えをしている訳ではない。 また、発音が変になってしまう事もある。 人との会話が減っているためだろう。 しかし

続きを読む

 70年代までの内容が多く、子供の頃の想い出を追体験するような展示であった。 やっぱり、SFに育てられたのだと思える。 星新一氏の草稿の文字の細かさには驚いた。若いがゆえの文字だろう。 『SF作家クラブ会報』の実物に、親睦団体であったのが表れて

続きを読む

【料理】晩御飯にリンゴ
2014年09月27日22:25

 リンゴを切って、オリーブオイルでソテーした。 やっぱ、果物も火を通すのが美味しいよね。 まぁ、1個39円だったので、なんでもやれたのだけれど。 リンゴカレー、リンゴと鶏肉のソテー、リンゴとかぐら南蛮と茄子のソテーなどもやってみる予定。

続きを読む

 体重がまた増えていた。最小だったと思われる頃から3kgは増えている。 食生活は変わっていなくて運動量が減っていると思っていたが、食事量が増えている時があるのに気が付いてしまった。  それは帰省時であった。帰省している間は食生活が変わってしま

続きを読む

【料理】お赤飯のおはぎ
2014年09月25日20:40

 お彼岸の帰省でお赤飯でおはぎを作った。 おはぎの餅を作るのと、餡を作るのを途中まで兼てお赤飯と餡にしたからだ。 まぁ、豪華版のおはぎになった。 餡は甘さ控えめの仕上がりになった。●小豆の下拵え。 小豆を30分浸水したのち、固めに茹でた。●

続きを読む

 千秋楽。 美しい姫君達のの競演。 ストリングスでやってみたかったんだろうな。 ゲストを招いて、そのコラボを楽しむというより、サポート・メンバーがいる浩子さんのコンサートである日。

続きを読む

秋の彼岸の帰省
2014年09月22日12:07

 秋晴れ青空。 しかし、台風はどう動くか。

続きを読む

 "Burning Man 2014"の衣裳の電飾。 写真:Masanori Sasaki 衣裳の中から照らして、タイの布を透かしたぼんやりとした光り方を意図していたのだが、概ね狙い通りの灯りとなった様だ。 夜の衣裳をこれまでは作れていなかったのだが、この照らし方も生かせ

続きを読む

お彼岸帰省
2014年09月20日22:51

 お彼岸に合わせて帰省する。  昨年、"Burning Man"の後、正月まで帰省しなかったのが申し訳なかった。 後悔しても何にもならない。 と言う訳で22日(月)から25日(木)にかけて帰省しています。 しかし、21日の朝から出掛けて、『猫森集会』に行っ

続きを読む

 "Burning Man"での浜崎健さんの茶会は16回目になる。 今年も砂嵐の中の茶会でもてなされた。 もてなされている写真を頂いた。 写真:Masanori Sasaki 背中から風に煽られているのだが、背筋が伸びていて良かった。 これが曲がっていたら様にならない

続きを読む

またもやマウス調子悪い
2014年09月18日19:24

 電池換えても駄目っぽい。 たかだか左ボタンのスイッチ不良だろうに、ヘキサのネジを使っているので開けて修理出来ない。  取敢えず、有線のUSBケーブルマウスを使っている。 ケーブルが邪魔な上にUSBを一個占有してしまうのが面倒。

続きを読む

 栗コーダカルテットがゲストの日。 舞台に6人いて、楽器も様々なので賑やかな日。 「ランランラン」と言うような擬音で形容したくなる明るさ。 「黒」な歌も明るく聴こえる。 浩子さんだと突き詰めて行く様なところが、栗コーダーだと解放されて行く様

続きを読む

 今回の"Burning Man"の前後に泊まっていたリノの街で食べたのはハンバーガーだ。 ファストフードではないハンバーガーなのだが、肉を食べた満足感があった。 日本のハンバーグはハンバーグという料理なのだが、これらはハンバーグの形をした肉だった。 

続きを読む

 Aプログラムのゲストは鈴木康博(Vo&G)。 浩子さん曰く、小室等さん以来の年もデビューも先輩の人。 なのに、花巻でサポートメンバーに入っていたのを忘れていて、舞台上で鈴木さん本人から指摘されてしまった。花巻でのFMの公録だったらしい。 ギター

続きを読む

 プラヤ生活の前、約54圓世辰燭里後でも変わらず、それから一週間で1kg増加して55圈  まさかの痩せなかったのうえに増加である。 "Burning Man"直前でも体重は増えていたが、プラヤ生活には肉が付いていても良いだろうし、プラヤで痩せるだろう

続きを読む

 今年の衣裳はテントであったので、その特徴が上手く働いた点と上手くいかなかった点がある。☆上手くいったところ◎日陰になった。 身体全体を覆うだけでなく、身体との間に隙間を作っているので日陰となった。そのため、身体だけでなく顔も日焼けが軽かっ

続きを読む

"Facebook"で教えて貰った"Youtube"の動画。 チラチラと風に煽られている私が映っている。 金曜、マンの前で浜崎健さんの"Tea Ceremony"が行われていて、そこに私もいたのだ。 10m先も見えなくなるような砂嵐で、映像でもマンが消えたりしている。 そん

続きを読む

 こんなにカラフルに見えるのかしらという位に綺麗な写真。 Photo:Ben Tang  砂が実物はもっと白いので、黄色味が強調されているようだ。 しかし、これだけカラフルになると、ピエロっぽく見える。 ちなみに、この腕を拡げた基本形は、ハグをしようの意

続きを読む

 "Burning Man 2014 Award of Excellence"の最優秀衣裳賞を受賞した。 写真:山本渉氏 火曜日(26日)にSOUKにいると呼び止められて、賞状と記章、ワッペンを貰った。 はじめは何のことやら判らなかったが、SOUKのオープニングセレモニーで踊っていたのが目

続きを読む

 プラヤをテントをキャンバスに描いてみた。 『仕上げはプラヤで』で描こうと思ったテントの絵である。  赤はプラヤから見える山並みの稜線である。 銀はひび割れた地面。 金は太陽。 プラヤを描こうと思い立った。 まず、周囲にある山の稜線を描いて

続きを読む

 逢魔が時、あるキャンプの前で声を掛けられた。 キャンプの前で写真を一緒に撮った。 特別にキャンプの中を見せてくれると言われて入ってみると、3人の裸の女性の背中にお菓子を並べて撮影していた。 "Burning Man"は真っ裸の人も沢山いるので裸は当た

続きを読む

 今年のプラヤには大雨が降った。 25日(月)の朝、テントを打つ雨音で目が覚めた。 雨粒は大きくなって、雷鳴も轟いて来た。 そうなると、もうテントの入口を開けられず、ただ閉じ籠っているしかなかった。 昼頃、雨音がしなくなったので外を観ると、泥

続きを読む

 "Burning Man 2014"開幕早々の26日(火)の夜。トイレに入るために衣装を脱いだ〜なんせあの衣装ではトイレに入れないのだ〜のだが、再び着込む時に、カメラ、プログラムブック、貰った名刺にノート等が入った鞄を身に着けるのを忘れてしまったようだ。 気

続きを読む

 3回目となった"Burning Man"。 "Burning Man Artist"として認められたと思う。  去年は、作品が認められたと思ったが、今年は私自身が認められたと感じた。 今年は"beautiful"や"wonderful"に加えて"amazing"という言葉をよく言われた。 違いは判り難

続きを読む

東京にいます
2014年09月04日22:57

"Burning Man 2014"が終わって、東京に来た。

続きを読む