ホーム > mixiユーザー(id:42625996) > mixiユーザーの日記一覧 > 龍鳳さん。

mixiユーザー(id:42625996)

2019年09月20日23:09

49 view

龍鳳さん。

9月20日(金)。
フォト


マイミクさんが映画「みな殺しの霊歌」を巡って映画評論家斎藤龍鳳と映画監督大和屋竺の論争の日記を書いている。
どうやら斎藤龍鳳が批判して大和屋竺は擁護しているらしい。

「みな殺しの霊歌」は高校生時代、その頃人気のあった松竹女優中村晃子の映画を見に行ってその併映だった。
そのショッキングな映像、物語の構成、倍賞千恵子の白い割烹着姿、大袈裟に言えば魂の震える映画で、今も我が生涯ベスト10に入っている。
監督の加藤泰の名前もその時初めて知った。
その後、映画雑誌「映画芸術」などを読み漁るうちに天才少女金井美恵子が「みな殺しの霊歌」を高く評価しているのを知って嬉しくなった。

斎藤龍鳳と大和屋竺の論争も「映画芸術」誌上で繰り広げられたものらしい。
若くして亡くなった斎藤龍鳳の遺稿集「なにが粋かよ」は加藤泰の名作股旅映画「遊侠一匹」の主題歌から取られ、加藤泰評価の一角を担った人なので、批判に回っているとは意外だった。

斎藤龍鳳が亡くなって暫くしてから龍鳳の墓地がある小平霊園に友達と二人で行ったことがある。
その頃、根城にしていた信濃町のマンションを出て夜中に歩いて行く算段。
青梅街道をテクテクテクテク、今思えば山手通りを越えて中野辺りで路地から出て来た車にぶつけられた。
今だったら大袈裟に騒いで見舞金ぐらい要求したかもしれないが、その頃は知恵が回らない。とにかく龍鳳の墓へ、小平霊園に気が急いていた。

墓を見つけたかの記憶はない。
信濃町に戻ったのはもう陽が高く昇っていた。

青梅街道沿いに南阿佐ヶ谷の駅がある。
そこから住宅街にちょっと入ると「龍鳳飯店」と言う中華料理屋があった。
そこのレバニラ定食が美味しくて良く通った。

好きだったな、龍鳳さん。

10 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 06:07
    なにが粋かよ増補版、図書館にあるようなので、次回借りて読みたいです。皇軍のこと、日本映画・外国映画。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 09:18
    1972年の大学入学の年、高校時代の先輩が「なにが粋かよ」という本を貸してくれて読みました。これが斎藤龍鳳を初めて知った時で、亡くなった後に出た本だったから、遺稿集みたいなのだったと覚えてます。
    京都の映画館で「みな殺しの霊歌」を見たのはその数年後、気になる変わった映画でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 09:21
    そういえば「遊侠一匹」も同じ頃に見て、「なにが粋かよ」という言葉はここから来たのかと、やっとわかりました。フランク永井が歌ってましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 18:03
    > mixiユーザー 龍鳳節を堪能して下さい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 18:08
    > mixiユーザー 
    1972年と言うとまだ龍鳳熱が覚めやらなかったんですね。
    「みな殺しの霊歌」も普通のプログラムピクチャーなのに、何年か経って上映されるのはそれなりの意味や価値のある作品だったのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 18:10
    > mixiユーザー 
    フランク永井の唄を耳で聴いて覚えるのは凄いですね。眼で覚えるのがやっとです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 06:09
    > mixiユーザー 
    覚えてるのは「何が意気かよ 気が付くときは みんな手遅れ 吹きざらし〜」というフレーズだけですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 09:04
    > mixiユーザー イヤ、それだけ覚えているので充分でしょう。耳で聴いたものを眼で何度も確認してそれだけ覚えるのがやっとです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する