ホーム > mixiユーザー(id:42625996) > mixiユーザーの日記一覧 > 二人の銀座〜恐喝こそわが人生〜。

mixiユーザー(id:42625996)

2017年08月28日22:54

210 view

二人の銀座〜恐喝こそわが人生〜。

8月28日(月)。

フォト


8/18
8月-7 恐喝こそわが人生
1968年 松竹 90分。
脚本 神波史男 長田紀生 松田寛夫
監督 深作欣二
出演 松方弘樹 佐藤友美 室田日出男 城アキラ 丹波哲郎

仲間を得て恐喝稼業に精を出す村木。
それはことごとく上手くいったが、やがて政財界のスキャンダルを手に入れて大物に狙いを定める。
そして…。

初見。
「仁義なき戦い」以前の深作欣二作品。
ここでもストップモーションを使って過去を簡単に説明したり、そのスピーディな展開は健在である。
物語は強いて褒める様なものでもない凡庸だ。
仲間との成功の美酒とほろ苦い別れ。

しかし、ラスト。
そうか、これがやりたかったのか?
銀座、日劇前。
大勢の通行人でごった返している。
お金を受け取りに出向いた村木に小走りに駆け寄る男。
一瞬でコトを済ますと男は雑踏の中に消える。
男はプロの殺し屋だった。
残された村木は血を吐き、路上に倒れる。
周りの通行人は何が起きたのか全く分からない。
犬死。なしくずしの死。
主人公はいつでも犬死にだ。

その昔、TBS に「七人の刑事」と言う刑事ドラマの元祖みたいなシリーズがあった。
その中の確か「ふたりだけの銀座」と言う一編。
房総の海の町に不良グループがやって来て、カップルの女の子だけが連れ去られてしまう。
残された男は心配して警察とともに彼女の行方を探すが、銀座の街角で見つけた彼女は、あの不良グループと仲良く楽しそうに歩いている姿だった。
カッとなった男は、見も知らぬ通行人をナイフで突き刺す。
全編、山内賢と和泉雅子の舌ったらずな甘い歌声、ベンチャーズのテケテケが軽やかに流れる中での苦い結末。
カメラは手持ちでグラグラ揺れていた。
演出は後にテレビマンユニオンの設立に参加する今野勉。

山下毅雄の音楽と男性のスキャット。
「七人の刑事」は良く見ていたはずなのに覚えているのはこの一編のみ。


和泉雅子 山内賢
「二人の銀座」

https://m.youtube.com/watch?v=9I8l2OEkwSc




7 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月29日 06:05
    「七人の刑事」は僕も見てましたが、見てたという記憶しかないので。 またしても前回ネタのことです。

    昨日話題になった黒沢のり子が主役を張ったテレビドラマがあります。 木枯し紋次郎の一遍、「峠に哭いた甲州路」です。 これは「市川崑劇場」の中で実際に巨匠がメガホンを取った数少ない1作でして、シリーズの中でも1,2を争う傑作です。 なので、当時中学生だった僕も今でもよく覚えています。

    これが共演した若かりし頃の原田芳雄。 リンチで自分の片腕をもいだ村人たちへの復讐に燃える男。 こういうぎらついた役を演らせると天下一品でした。

    https://www.youtube.com/watch?v=44tQfAY60xg

    で、これが黒沢のり子。 幼少期に事故で片脚を失くして、村を出ることができなくなった薄幸の女。 ラストのワンシーンなので、ネタばれ御免exclamationです。

    https://www.youtube.com/watch?v=cfFb0aBy4VU

    僕はこれをテレビで見たリアルタイム当時は黒沢のり子という名前すら認識していませんでしたが、多くのスターがゲスト出演したシリーズの中で一番印象に残る女優さんでした。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月29日 12:49
    > mixiユーザー 
    おっ!中村敦夫と原田芳雄。この二人を並べると、アウトロー木枯らし紋次郎というだけでなく、実際の反逆者の感じがします。
    当時、二人とも俳優座という名門の新劇の劇団に所属していたのですが、市原悦子らと共に脱退。まだ無名だった阿藤海もつられて行動したはずです。
    随分騒がれました。

    梶芽衣子だけじゃなく原田芳雄も、黒沢のり子も出演していた野良猫ロックシリーズ。
    その中にちょび髭を蓄えた前野霜一郎と言う役者がいて、彼が児玉誉士夫邸にセスナで突っ込んだ事件には驚きました。
    更に驚いたのは、黒沢のり子と前野霜一郎が結婚していたこと。
    今、wikiを見てみると黒沢のり子は結婚して女優業を辞めたらしいとのこと。

    先日、亡くなった「龍馬暗殺」「恋人たちは濡れた」の中川梨絵同様、黒沢のり子も70年代と言う時代に一瞬の光芒を放った忘れられない女神だったのでしょう。

    日曜日、図書館で週刊新潮、中島貞夫と高田宏治の対談を読んで来ました。
    タイムリーに夜桜銀次のことが触れられていましたね。
    世の中に偶然はないなぁ、何処かで繋がっているなぁと思いました。(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月29日 21:43
    > mixiユーザー 

    この回、私録画して持っています。黒澤のり子さんですか。覚えていませんでした。
    このお話は、この人だけが紋次郎に好意を寄せていたので、紋次郎の怒りが爆発、悲しい物語でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月29日 21:45
    一話だけでも覚えていればすごいです。テーマ意外覚えていること、全くありません。まだ子供でしたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月29日 23:48
    > mixiユーザー 

    その録画はおr宝映像です。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月30日 09:15
    「恐喝こそわが人生」は昔見て、途中のいろんなやりとりはあまり覚えてなかったけど、ラストシーンは印象に残ってます。「仁義なき戦い」以前の深作映画は後追いで見たけど、だんだんバイオレンス化していきますね。「人斬り与太」シリーズ、好きでした。

    原田芳雄と中村敦夫の2人で思い出すのは、原田芳雄の初主演作「復讐の歌が聞こえる」で、映画としてはそれほどでもなかったけど中村敦夫が敵役を演じていて、彼らもまだ知名度がない頃(俳優座にいたころ)こういう映画に出ていたのかと思いました。

    テレビドラマの「七人の刑事」は祖母が見ていたので、私も時々見てましたね。テーマ曲も好きでした。その後の刑事物と違ってすごいシリアスで、出演者も芦田伸介など渋い役者が多かったような。余談ながら「ゲバゲバ90分」かなんかで「七輪の刑事」なんていうギャグもあったぐらい人気のある番組だったと思いますわーい(嬉しい顔)
    内容はほとんど覚えていません。「二人の銀座」が流行ったこともまだやってだんですか?その頃はもう見てなかったな。「二人の銀座」は山内賢の奇妙なハイトーン・ヴォイスが私のキーに合ってるので、50歳過ぎて高校の同窓生の女性と何回かカラオケで歌いましたるんるん

    https://www.youtube.com/watch?v=07FjJbDva-o
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月30日 11:29
    > mixiユーザー 
    この頃、歌謡曲を取り入れる番組が流行っていて、これもその中の一本です。
    後々、今野勉が有名になり、再放送でしっかり覚えました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月30日 20:55
    > mixiユーザー 
    「恐喝こそわが人生」。深作流の早い話しの展開、ズームの速さ、編集のカッティングの小気味良さ。でもその割りに話しはタイしたことなくて、やっぱりラストシーンは印象的でしたね〜。
    「人斬り与太 狂犬三兄弟」では人を刺すのに、しょんべん垂れ流したのに、この殺し屋は鮮やか。川津祐介は儲けものですね。
    「狂犬三兄弟」の渚まゆみが大好きです。(^^)

    「七人の刑事」。「ふたりだけの銀座」をこの流れの中に置いたのは、銀座、雑踏、真昼の事件、手持ちカメラ。
    「恐喝こそ」が1968年、「銀座」が1965年。
    深作欣二が「銀座」をヒントにしたんじゃないかの推論です。
    平岡正明ならあちらこちら寄り道しながら断定しますね〜。(^^)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する