ホーム > mixiユーザー(id:42625996) > mixiユーザーの日記一覧 > 便りがないのは・・・。

mixiユーザー(id:42625996)

2016年02月26日08:28

227 view

便りがないのは・・・。

2月25日(木)。
フォト


今年は暖冬で雪を見ずにそのまま春になるのかと思ったら、そうは行かなかった。
雪が降った。
あっと言う間に白くなって、午前中には止んだ。
フォト


入院中に出来た友達から、去年の3月以来連絡が来ない。

それ以前は、退院したボクに入院中の彼が看護師さんと一緒に電話をくれたり、月に二度くらいマメに連絡をくれていたが、最近はいっこうにない。
でもガンの治療だったり、それ以外にも腰が痛くて温泉に行ったり忙しくしてるのだろうと思っていた。

ちょっと心配になって去年の暮れにLINEで電話してみた。
出ない。
しばらくしてLINEで「お元気ですか」と打ってみた。
返事が返って来ない。
そして今日。
携帯に電話してみると使われてないとのアナウンス。
慌てて104で家の電話番号を探し当てて電話してみると、矍鑠とした女性の声で「去年の9月に亡くなりました」とのこと。
うーん、うーん。
ボクと知り合った時は、二度目の抗ガン剤治療の時で、それが終わった後はもう進行を止めることが出来ないので入院しなかったらしい。
それを本人は良くなったと思い、聞かされた自分も喜んでいた。
電話に出た人はお姉さんで、凡そ15分程話しして電話を切った。

入院中仲良くしてくれて有難う。
心から御冥福をお祈りします。

フォト

2月-16 それから
1985年。東映。130分。
原作 夏目漱石。
出演 松田優作。藤谷美和子。小林薫。
監督 森田芳光。

定職に就かず、毎月1回、本家にもらいに行く金で裕福な生活を送る長井代助が、友人平岡常次郎の妻である三千代とともに生きる決意をするまでを描く。

なんとも美しい画面。
物悲しい静かな映画だ。
抑えに抑えた代助の心情を松田優作が好演。
それを受け止める藤谷美和子も儚げでいい。

言葉でうまく表せない、これぞ映画だと思わせる印象的な映像が幾つかあった。
忘れられない作品。面白かった。


8 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月26日 12:43
    > mixiユーザー 本当に、便りがないのは元気な証拠と言うのは若い時分、遠くで忙しくしている人に当てはまる言葉ですね。
    年を取ってて、病いに臥せってる人は油断が出来ませんね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月26日 16:19
    いいね、じゃ無いですね。知り合いが亡くなるのは悲しいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月26日 19:26
    > mixiユーザー 僅かな期間の知り合いでも、亡くなると一生残りますよね。悲しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月27日 09:49
    入院中にできた友人というのは、学校や仕事つながりとはまた違った味わいがあるんじゃないかと思います。

    なんというか、普通だったら接点ができるはずもなかった者同士が運命のいたずらみたいなめぐり合わせで同じ空間を過ごすことになったとでもいうか。

    退院後はまた別々の接点のない生活に戻っていくのが普通じゃないかと思いますが、その後もやりとりが続いたというのは、よっぽど気が合ったのだろうと拝察します。

    僕は長の入院はしたことがないんですが、母が相部屋になった同年代の女性と仲良くさせてもらってました。

    一方、僕も旧知の仲間で集まったら、その中の一人がガンを治療して退院したばかりでした。 幸い彼は完治したので、酒が飲めるようになったらまた皆で集まろうということになったんですが。

    ご冥福をお祈りします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月27日 12:39
    > mixiユーザー 亡くなった彼はボクより4才ぐらい年長でした。
    ボクが大腿骨骨折で入院してる時に、彼は二度目のガン治療で来たのですが、他の患者は大人しくて短期だったのですが、二人とも口は元気だから若い看護師さんを冷やかしたりしてそういう面でも気があったと思います。

    運命のいたずらと言うのか、もう一つ接点があって、彼の子どもの頃からの悪友とそれ以前にボクはやっぱり同じ病室になったことがあって、そうか、あんたが病院抜け出して映画を見に行ってたのか、ボクのことは悪友から聞いてたみたいで尚仲良くなりました。
    本当に奇妙なつながりですよね。

    重度の障害を抱えて自分一人では何も出来ない患者に比べると、比較的頭も口も元気な人が同室にいると時間が早く過ぎるしお互いに励ましあえるからいいですよね。お母さんとその病友の気さくな人柄が偲ばれますね。

    ガンから生還した友達を囲んで、ガンガンやっちゃって下さい。笑。


mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する