ホーム > mixiユーザー(id:42625996) > mixiユーザーの日記一覧 > 満を持しての二十穀米。

mixiユーザー(id:42625996)

2016年02月20日07:55

268 view

満を持しての二十穀米。

2月19日(金)。
フォト


かねてより懸案だった二十穀米を初めて食した。
満を持して食べた。

以前、この日記でご飯について書いたら赤米や黒米やら穀米を混ぜて食べると美味しいですよとマイミクさんに勧めて貰った。
うん、食べようと思いながら腰の重い自分は動かずにいたら、マイミクさん、というより人妻←(ここ重要笑)がわざわざボクの為に←(ここ更に重要笑)買って来てくれた。
それから凡そ一週間。
フォト


キャベツたっぷりカレーをかけて頂きました。
写真写りは悪いけれど、ご飯はもちもちしてて美味しかった。
付け合わせはフルーツサラダ。
勧めてくれたマイミクさん、買って来てくれた人妻。有難う。
これからも大切に食します。

フォト

2月-9 白い肌の異常な夜。
1971年。米ユニーバーサル。105分。
出演。クリント・イーストウッド
監督。ドン・シーゲル。

南北戦争の時代。
負傷した北軍の兵士が南軍の女性しかいない神学校に助けられて軟禁されてしまう。
男性を見たことのない女性たちの間に色々な感情が起き、兵士は甘い言葉を囁いて神学校からの脱出を試みるが・・・。

ストーリーを書いていても、タイトルからしても、日本だったらピンク映画、アメリカだったら無名の俳優が出るB級C級映画っぽいが、出ているのはクリント・イーストウッドだし、NHKで放送だし、それほどの駄作ではないだろうと思って見た。

駄作ではない。でも珍品だなあ。笑。
出演者は男がほとんどイーストウッド一人、後は女性。
甘言を弄して女性を次々に翻弄する兵士の嘘がバレた時からが怖い。
今思い返してみても、何かが残ったか心に響いたかと言えば、何も無くやっぱり珍品だなあの感想しかない。




12 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月20日 09:02
    昔地上波でこの映画を見ただけですが、クリント・イーストウッドとドン・シーゲルが新たなサスペンスを描こうとしたけれども、大した話題にならなかった。この邦題もまさに異常。まあ、女性の狂気を描いた作品として記憶しています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月20日 11:44
    二十穀米、気に入って頂けて良かったです。
    いろんなおかずで楽しんで下さいませ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月20日 11:44
    > mixiユーザー ご覧になったんですね。いやあ、タイトルも酷いし内容もなんだか。
    クリント・イーストウッドとドン・シーゲルの名前がクレジットされてなければトンデモ映画ですね。笑。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月20日 11:56
    > mixiユーザー わあ!人妻降臨。笑。毎日の食卓が楽しくなるように色々アレンジしますね。有難う。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月20日 12:04
    人妻降臨てΨ( ̄∇ ̄)Ψ(* ̄∇ ̄*)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月20日 13:17
    > mixiユーザー わあ!人夫(にんぷ)降臨。これから長渕剛のインタビュー録画します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月20日 14:35
    これ、中学生の頃に封切られました。

    で、当時僕はマカロニ・ウェスタンにハマっていて、クリントイーストウッドの大ファンでしたし、ドン・シーゲルと組んだ「マンハッタン無宿」と「真昼の死闘」も好きだったので、どうしようかなとは思ったんですが。

    さすがに映画館に行くことはなくて、見ないままにしてしまいました。

    ダーティハリー以前、イーストウッドがほんとのハリウッドのドル箱スターになる前の作品ですね。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月20日 17:31
    > mixiユーザー 詳しい解説有難う。
    ご存知の様に洋画には全く疎くて、ただイーストウッドだけで選んでしまいました。

    見始めてすぐにこの設定は、ああピンク映画だなあと思いましたね。
    この手の映画はハリウッドのメジャー級じゃくて、二番手三番手の俳優、スタッフによってたくさん作られてるんでしょうね。
    スタローンもポルノに出てたとか言われてた気がしますが、そういうランクの作品かなあ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する