ホーム > mixiユーザー(id:42625996) > mixiユーザーの日記一覧 > 困ったときの・・・。

mixiユーザー(id:42625996)

2016年02月13日09:08

262 view

困ったときの・・・。

2月12日(金)。
フォト


夜、BS-TBSでNHK朝のテレビ小説「あさが来た」のモデルになった広岡浅子女史の一生についてやっていた。
かたや一日15分、半年かけて毎日やっているのと、僅か一時間弱、内容にも差はあるがそれでも見応えがあった。

本家テレビ小説の方では女実業家の部分だけではなく、周りの人間の恋模様とかサイドストーリーが多くて、肝心の部分がさっぱりわからないところがあった。
例えば、炭鉱の話。
本家では、主人公がピストル持って単身北九州の炭鉱に乗り込み荒くれの男どもとやりあい、炭鉱から炭を掘り出し事業を軌道に乗せたことになっている。
しかし、掘り出したたけでは成功ではないだろう。
この掘り出した石炭を、お金に変えなければ。
売らなければ、軌道に乗ったとは言えないだろう。
本家では、その売る部分がスッポリ落ちていてずっと疑問に思っていた。
それが夕べやっと分かった。
北九州で掘り出した石炭は、九州の門司から中国に輸出しようとしていたこと。
なるほど。
でも、それも上手くいかなかったらしい。笑。
その間、夫の新次郎が設立した紡績会社が利益を上げていたとのこと。
本家では、石炭で成功してそれを元手に銀行もやり紡績会社もやったことになっている。
順番が違うんだ。
やっと納得した。

史実と違うと細かく指摘する人がいる。
いいじゃないか、所詮、ドラマなんだもの。笑。
面白ければいいんだよ、退屈しなければいいんだよ。
愛あり、笑いあり、涙あり。
今のところ「あさが来た」は絶好調じゃないか。

実在の浅子女史は女子大を創設して、その後生命保険会社を作って引退したらしい。
今、本家は女子大の創設に賛同した所だ。
後二ヶ月、楽しみ楽しみ。

しかし、波瑠ちゃんはますます美人で可愛くなっていくなあ。
後二ヶ月で見ることが出来なくなったら、それは淋しい。
早くも波
瑠ロス。笑。







15 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月13日 10:07
    あささんのモデルってたしか三井か住友だったかの財閥の人ですよね。

    こないだ週刊東洋経済が財閥特集をやってて、その中で紹介されてました。

    ところで、ぜんぜん違うんですが。

    「困ったときの神田飲み」という言葉があります。

    あそこの西口は安い居酒屋が多いので。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月13日 10:23
    鶴瓶の「家族に乾杯」でゲスト出演した波瑠さんを見ましたが、「あさが来た」に出演する前の段階なので、周りの人が誰も彼女を知らなくて(私も知らなかった)、初々しくてよかったです。でも彼女のプロフィル見ると、もうベテランの域ですね。だから度胸がいいのも当然ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月13日 11:12
    > mixiユーザー あささんの実家は三井財閥みたいですね。邸宅なんてテレビのセットとは質感も奥行きも全然違う。あ〜、大金持ちなんだと思います。

    アハハ。「困ったときの神田飲み」いいなあ。
    実はボクも神田でマジメに一年間ほどサラリーマン生活を送り、神田で呑んだことがあります。
    安くて美味しい店が多いですよね。

    新橋がサラリーマンのメッカの様に良くインタビューに使われるのは、あのSL広場がインタビューしやすいからですよ。
    正真正銘、サラリーマンの味方はなんだかんだで神田です。笑。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月13日 11:23
    > mixiユーザー 鶴瓶との「家族に乾杯」ご覧になりましたか?北海道を旅した回ですよね。あの時、牧場で馬を見て涙瑠ちゃんが「玉木さんみたい」と笑ったのが印象に残ってます。
    鶴瓶とは「A-stdio」でアシスタントを務めており、その時は背筋伸ばして手を前にきちんと揃えて、ただ頷いたり笑ったりしてただけなので、まさかこんなにセリフを言えるとは。笑。
    でも、毎朝ハラハラしながら見ています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する