ホーム > mixiユーザー(id:42625996) > mixiユーザーの日記一覧 > トキワ荘の青春〜マンガのことなど〜

mixiユーザー(id:42625996)

2016年02月02日09:27

261 view

トキワ荘の青春〜マンガのことなど〜

2月1日(月)。
フォト


早くも2月。
これで気温が下がれば雪が降りそうな曇り空。
フォト


1月-13 トキワ荘の青春。
1996年。日本。110分。
本木雅弘 阿部サダヲ 古田新太出演。
市川準 監督。

昭和30年代、マンガの神様手塚治虫に憧れてその周辺に集まった寺田ヒロオ、石ノ森章太郎、藤子不二雄、赤塚不二夫ら後に有名になる漫画家たちが一つのアパートに移り住み、悩みを共有し、漫画の道を切磋琢磨して成長する様子を描く。
そして一人は挫折して姿を消し、リーダー格の寺田ヒロオは筆を折る・・・。

薄暗い画面、抑制された台詞回し、物語もあまり起伏がなく淡々と進んで行く。
ああ、いいなあ。これが市川準の作法だなあ。
まだ何者でもない若者たちに過度に寄り添うわけでなく、一定の距離を持って接している。
見る側にも媚びたりおもねることもない、市川準標準がきちんとある。

作品の冒頭、寺田ヒロオを中心とした若き漫画家たちはグループ名を「新漫画党」と名付けてこれから活動しようと決起集会を開くところがある。
「新漫画党」。この名前には覚えがある。
ボクが漫画を読み始めた頃、この名前を目にした。
こうして何十年も経って見てみると、この時期はまだまだ漫画の創世記だったのだなあ。
自分が漫画雑誌を読みながら大先生と思っていた人たちはみな若く、新しい漫画を生み出す為に七転八倒していたわけだ。

この映画の主人公、本木雅弘演ずる寺田ヒロオは今はもう忘れられた存在だが一時期は人気があった。
この映画の中では「いい漫画」と「売れる漫画」の間に揺れて、結局筆を折ることになる。

寺田ヒロオが引退してから数年後。
ボクは彼の住む湘南の海辺の街に引っ越して興味津々、彼の家を見に行ったことがある。
映画では薄暗いアパートに住んでいたが、実際の家は立派な門構えの白い大きな家だった。














14 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月02日 14:03
    こんな映画あったんだなあ 知らなかった
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月02日 14:52
    > mixiユーザー アハハ。知らないことは教えあいましょ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月02日 19:29
    >「新漫画党」。この名前には覚えがある。
    ああ!そうですか!?
    「新漫画党」名義で合作した作品もあるそうですね。

    私が少年雑誌を読み始めた昭和30年代終わり頃、
    SFの石森、「おばQ」の藤子不二雄、「おそ松くん」の赤塚不二夫が
    新進漫画家として脚光を浴びていました。ちょっと遅れてつのだじろうが
    いましたが、私は判官贔屓もあるけれど、彼の漫画は好きでしたよ。
    そしてベテラン漫画家の
    寺田ヒロオ、子供心にも彼の漫画は絵もストーリーも古臭いなぁ、
    と思っていたら、やはり徐々に連載がなくなりました。

    寺田をリーダーとしてこれらの若き漫画家が同じアパートに住み、
    ずっと後年のことでした。
    どこで知ったんだろ?藤子Aの「まんが道」を
    読む前に知っていたような気がします。

    以前、寺田ヒロオの息子さんと電話で
    話をしたことがあります。
    声、喋り方は寺さんを彷彿としましたよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月02日 20:54
    > mixiユーザー 「新漫画党」。合作があるかどうかは分かりませんが、寺田ヒロオ以外にも石ノ森章太郎も作者名の後に集団名をクレジットしてましたね。でも、その時期はそれほど長くなくて直ぐにスタジオゼロとか、各漫画家のプロダクション名義になりましたね。だから実質本当に短い活動だったんだと思います。

    ボクが漫画を読み始めたのが、昭和30年代初めだから、蟹座さんと凡そ10年の開きがあり、ボクが読み始めたとき、彼らは本当に新進ではなく、駆け出しのペーペーだったんだと今回感慨深く見ました。

    漫画家の交友関係って、別に一冊の書籍じゃなくとも目にする、耳に入ってるもんじゃないですかね。例えば読者のページとか、ちょっとした最後のコマとか。
    ボクもトキワ荘に集まった漫画家のことは、まとめて知ったきはなくてなんとなく情報が集まった気がします。

    寺田ヒロオ、古くさかったですか?今振り返ると確かにのらくろと同じ長閑さがありますね。のほほんとしたユーモア。寺田ヒロオにとっていい漫画とは、夢の様なユートピアの世界を描くことだったのかもしれません。時代は大きく変わり、寺田ヒロオが推奨した新漫画の波から彼自身が取り残されたのかもしれません。
    息子さんと電話で話して彷彿とさせた。
    ボクは寺田ヒロオは漫画を通しての印象と今回の本木雅弘演ずる寺田ヒロオしか知らないので、分かりませんが誠実な感じでしたか?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する