ホーム > mixiユーザー(id:42625996) > mixiユーザーの日記一覧 > 白熱〜山下洋輔〜。

mixiユーザー(id:42625996)

2015年09月05日07:51

293 view

白熱〜山下洋輔〜。

9月4日(金)。

3日の続き。

小雨に濡れながら、向かったのはライブハウス、公園通りクラシックス。

フォト

向かってる途中、ロフトの横で紀伊国屋書店を見つけて、懐かしさのあまりコーヒータイム。
東急プラザが取り壊しになって、紀伊国屋書店はどうしただろうと気になっていたから、嬉しくなった。

さて、時間も迫ってクラシックスに辿り着く。
ここは元、ジァンジァンと言うライブハウスだった。
昔何回か来たことがあって、ダウンタウンブギウギバンドの前座の所ジョージを見たのも、ここが初めてだった。
今日のお目当は山下洋輔。
フォト




山下洋輔のことは昔の日記に書いている。
2013年3月18日。
暴風雨。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1896249778&owner_id=42625996

8月21日(金)
夜風。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945330111&owner_id=42625996

以前は男だらけのパワフルな編成だったけれど、今回はベース、ドラムの男性陣にうら若き、それもフルートの美しい女性の参加。
会場は200人規模の小さな場所。
フォト


演奏する4人が良く見える位置に陣取って開演を待つ。
7時半をちょっと過ぎて、4人がステージに登場。
簡単な自己紹介の後、すぐにプレイが始まった。
いや、もう40年前と殆ど変わらない。
山下洋輔の疾走する指先、乗って来ればひじ打ち、椅子から落ちるんじゃないかと思うぐらい飛び上がる。
かと言って、バラードの時にはねっとり絡みつく様にピアノを弾く。

正面に立ったフルートの女性が、長身、立ち姿が美しい。勿論小顔で見栄えがする。
彼女はノッて来ると前のめりになる、そして今度は仰け反る。ああ、これはサックスと変わらない、人間リズムを取るとみんな同じかもしれない。

ベースはベースらしく出しゃばらず淡々と弾いている。

ドラムがいい。全体を見まわしながらドラムを叩く。その音が心に残る張り付いた音。
曲の終わり、山下洋輔とドラムの彼が激しい応酬を繰り広げ、お互い目と目で探りながら着地点を探っていく。
そのスリリングなこと。
決まった後の爽快感。
ライブの醍醐味だなあ。

非常に楽しい血の騒ぐライブだった。
最後までいると帰ってこれないので、残念ながら途中退席。
新幹線を乗り継いで、夜11時半帰宅。
ああ、いい一日だった。
余韻を楽しみながら、つまみもなしに良く冷えた一の蔵をグビリ。

長い一日が終わった。


12 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月05日 08:33
    通院日の自由時間を録音でないスイングでたっぷり愉しまれたようで良かったですムードるんるん
    時間制限があってアンコールまで聴けないのが惜しかったですねあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月05日 09:49
    > mixiユーザー いやあ、普段は時間の無駄使いしてる自分が今回は有効活用できました。この後、下北沢の馴染みの店に顔を出せば最後まで聴けたんですかが宿が見つからなくて。でも音を浴びていい一日でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月07日 06:37
    > mixiユーザー へえー、偶然ですねえ。山下洋輔と交流のある鍼灸師さん!俄然興味があります。山下洋輔ばりに、素早い動きで鍼をうっていくのかなあ。笑。

    真面目な話、あれだけの動きをすれば肩も腰もガチガチになるでしょう。山下洋輔のエッセイ集に「ピアニストを笑え」がありますが、フランス映画風に言うと「ピアニストを撃て」笑。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する