ホーム > mixiユーザー(id:4197829) > mixiユーザーの日記一覧 > 不気味な婆さん

mixiユーザー(id:4197829)

2020年02月23日02:05

12 view

不気味な婆さん

今日は飲んで帰って、帰ってからさらにカップ焼きそば+酒を飲んだ。
体に悪いな、と思い散歩を思い立った。

地図を見て往復4km程度。

家を出て駐車場で音楽を再生しようとスマホをいじっていた。
すると、被っていた帽子のツバ越しに婆さんの姿が見えた、感覚的に婆さんがこっちを向いていて私に声を掛けてくると察した。

その通り婆さんが話しかけてきた。
車を運転するのか?と聞かれたが、駐車場に私の車は無いので、散歩に出たと正直に答えた。

さらに婆さんが何か言う。は?と聞きなおすと。
良くわからなかったが、要約すると「私はボケているわけではない。400円しかもっていない。〇〇駅まで帰りたい。駅に着けばテレフォンカードが有る。200円くれないか。」との事。心の中で○○駅までは400円あれば帰れるはずでは??と思ったが私は鉄道マニアじゃないので正確なところは分からず口には出さなかった。

私は本当に財布を持っていなかったので「いや財布は持って出ていない。」と答えた。
婆さんは「ああ、散歩に出ただけでしたね。ありがとう」と言われて手を差し出してきた。

本当に婆さんがこの世の者に思えなくて気味が悪いので嫌だったが握手して婆さんと別れた。

散歩の折り返し地点は神社だが、神社に着かない・・・
ああ、婆さんが悪い者で俺を神社に近づかせたくないんだな。と察した。
地元なんで線路や国道の位置を頼りに神社に着いた。
夜の神社なので入りはせず、お払いの言葉を唱えた。
帰り道で別の神社でもお払いの言葉を唱えて帰った。

そのまま帰るのは嫌なので、公園で婆さんと握手した手を洗ってから家に入った。



1 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月23日 02:24
    部屋に戻って調べたら、400円あれば帰れる駅を指していたことが分かった。

    ただ200円が無くて困っている婆さんだったら、財布持っていたらあげていたかもしれないが、本当の目的は今もわからない。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月23日 14:20
    典型的な寸借詐欺の手口だが、俺も一度近所で出会ったことがある。
    バァさんでなくオッサンだったが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月23日 15:56
    寸借詐欺ともこじき行為ともとれるので古典に詳しい豆州殿に話しかけたのでは
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月23日 18:24
    如何にも寸借詐欺って感じでしたが演技が迫真。
    言葉巧みさが絶妙に足りない感じでした。

    乞食、ボケ老人では無さそうに身なりはある程度整えていました。
    貧乏神にお供え物をしたら、ご利益と言えば貧乏になることなんでしょうかね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する