mixiユーザー(id:417253)

2021年07月04日18:58

48 view

風神雷神

原田マハ著

久しぶりに上下巻を読む
この中では
俵屋宗達が一応主人公なのかも?
同時期に
狩野永徳がいる



織田信長の前で
「養源院」にある
白い像の絵を描くとか
名前も信長に付けてもらうとか


天正遣欧使節と一緒に
1585年ローマへ行くとか
狩野永徳と一緒に描いた「洛中洛外図屏風」を
ヴァチカンに持っていく役目
(これ、まさに存在するように書かれてるけど、ないから!)
今でもあるのは上杉謙信にあげたやつだから!


レオナルド・ダ・ビンチの「聖母像」と「最後の晩餐」を見る
ミケランジェロの「最後の審判」システィーナ礼拝堂の天井画も見る

ガラヴァジオと会う
友達になる


原マルチーノと特に仲が良かった俵屋宗達

日本に帰った時は、
キリスト教禁教令が出てた



そして4人の少年たちは
数奇な運命をたどる


伊東マンショ
千々石ミゲル
中浦ジュリアン
原マルチーノ



ジュリアンは穴吊りの刑で殉教している
原はマカオで亡くなっている
ミゲルは棄教している
マンショは司祭になるのが、布教を禁じられ長崎で死去


無茶苦茶、想像力を掻き立てる本だった。
あり得ないけど
同時期に存在したらしいの
ガラヴァジオと宗達。


まあ、ローマには行ってないとは思うけどね(笑)
一気に読んだわ
面白かった



5 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月04日 20:16
    おもしろそう!
    あの時代のエネルギー溢れる絵画はいいですね。
    勇者ライディーン!
    勇者フウジーン!

    あの時代にローマまで行くってすごいことですよね。
    しかも少年使節
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月04日 20:30
    > mixiユーザー 13歳や14歳・・・日本へ帰って来た時は20歳以上。
    あっちへ行くには3年かかるとか・・・・。船旅なので命の危険が・・ぬれないのかな

    絵を船に積んでるけど嵐の時にぬれないのかな?と心配しながら読んでました。ガラヴァッチオって、ミケランジェロってなまえなのよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月04日 21:31
    ガラヴァジオは、確かに天才的な画家だけど、お友達になりたいタイプではないぞ、宗達。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月04日 21:55
    > mixiユーザー 最初は剣呑だったけど天才同士で分かり合ってたぞ!絵も見ないのにお互いを認め合う異常事態だった
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月04日 22:09
    この作品は読みたいリストに入ってます。マハさんの作品はハズレなしですね顔(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月05日 06:28
    俵屋宗達って素性のよく分からない人、半分以上は原田ハマさんの空想の世界なんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月06日 05:58
    面白いいかにも、原田マハらしい美術ロマンでしたね。図書館で借りましたハート
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月06日 18:02
    > mixiユーザー 美術に関しての作品が多いですね。小さい頃からとりつかれていたとおっしゃっています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月06日 18:03
    > mixiユーザー 扇屋さんの息子さんで大変絵が上手かったようですね、「琳派」とか言われてますが・・・この本の中では妄想の世界です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年07月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の日記

もっと見る