ホーム > mixiユーザー(id:417253) > mixiユーザーの日記一覧 > サピエンス全史

mixiユーザー(id:417253)

2019年05月14日13:46

55 view

サピエンス全史

兄に勧められて
読み始めた

「サピエンス全史」
ホモ・サピエンスの全歴史を扱った
上下巻である

作者はユヴァル・ノア・ハラリ
イスラエルの歴史学者である

今、私は
「ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの
能力の違いは何か?」を読んでいるところである


この二つの種は
仲良くならなかったと思われる

今まではホモ・サピエンスが
ネアンデルタール人を殺りくしての
「交代説」が強かった

最近は研究が進んで
どうも「交雑説」も出てきている
何故なら、
中東とヨーロッパの現代人に特有のDNAのうち
1〜4%がネアンデルタール人のDNAだった


これは重大なことで

その次に
デニソワ人の化石化した指からのDNAで
わかったが
メラネシア人とオーストラリア人先住民に
最大6%デニソワ人のDNAがあった


この二つのDNAは現代人のゲノムには僅かしか与えてないので
そのような交配は僅かだった
稀だったと言える



おそらく両集団は一体化はしなかったが
ネアンデルタール人のうちで幸運な遺伝子は
サピエンス急行に乗り換えられた
ということだ


ネアンデルタール人が絶滅したのはおよそ3万年前だ
ホモ・サピエンスが
ネアンデルタール人よりも身体が小さいのに勝利したのは

約10万年前
一旦ネアンデルタール人に負けても
再び45000年ほど前

大海原を渡り、アフリカ大陸からオーストラリア大陸へ上陸してきたのだ
そのホモ・サピエンスは
新しい思考と意思疎通の方法を持っていた

これを「認知革命」という
「噂話」によって言語を発達させたのがホモ・サピエンスである
社会的な動物として情報を伝えることが
生存と繁殖を拡大させていった

噂話は偉大である

それは現代でもネット・メール・電話・ラインでされている

噂話は「ズルをする人、たかりをする人」を社会に知らせ
社会をそう言った人から守るのである
これによって信頼できる人を見分けて
集団を大きく出来るのである

でも噂話で出来る集団の限界は150人までだったそうだ
(100人委員会も100人を超えることが無かった訳である)なーーんちゃて

その後、その限界を超えるために必要だったのは
「共通の神話」であった

これによって、大勢で協力する事が容易になり
もっと大きな集団を結成していったのである


逆を言えば
人間同士の大規模な協力は、神話を変えれば
変更可能なのである

あっという間に現実を変えることが出来る


例えば1789年に
フランスの人々は一夜にして
王権神授説から国民主権の神話を信じ始めた

ホモ・サピエンスは必要性の変化に応じて
迅速に振る舞いを改めるようになった


サピエンスが発明した
想像上の現実の計り知れない多様性と
そこから生じた行動パターンの多様性は
共に私たちが「文化」と呼ぶものの主要な構成要素である

文化は変化と発展をやめない
そしてこうした止めようのない変化のことを「歴史」と呼ぶ

ふむふむ、なかなか興味深し。

次は「狩猟採集民」の事が書いてある
「農耕民」との違いが書いてあるので
これはこれで楽しみである。
ちょっと難しいけれど
二度読みすれば頭に入ると思う


縄文人の中にネアンデルタール人のDNAが入っていると
聞いたことが在る
この本には日本人に関しての記述が無いからわかんないけど
面白いことだなあって思う
3 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月14日 16:47
    NHKで観たよexclamation ×2 日本人の3%前後のDNAはネアンデルタールだってexclamation ×2 高橋一生は3.8%だった。
    ネアンデルタール人は身体能力に優れてたのに家族単位で生活してたから進歩が無かった。
    ホモ・サピエンスは集団で生活してたから発明したものを回りや後世に伝えられたから生き残ったと。。
    進歩があったんだね。
    ホモ・サピエンスとネアンデルタール人は南ヨーロッパで出会い混血が産まれた可能性が有るそうです。家族単位で生活してたから孤児などがホモ・サピエンスと暮らしたと仮設を立ててた。それがアジアに広がっだみたいです。
    説は時々変わるけどTVを見たのは去年の年末。
    真相は本当のところ分かってないみたい、そこんところが謎で面白い❣
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月14日 17:15
    > mixiユーザー 私もそのTV番組見ましたわ。たまにネアンデルタールの子供がホモサピエンスに交じって交雑するのはあるんじゃ無いかなあって思わせましたし、予想されるネアンデルタール人が綺麗な女の子でした。

    どうしてもネアンデルタール人は大集団ができなかったようで、ホモサピエンスに駆逐されてしまいました。でも日本って島国だから・・残る可能性があったかもね、山奥に密かに住んでいてDNAが残ったかもね、うちの町みたいに・・隔絶された所なら可能かもって思いました

    だって・・役場の人見たらネアンデルタール人にそっくりですもん。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月14日 20:38
    おもしろいですね!
    弱いがゆえに世界を席巻したホモサピエンス。
    ネアンデルタールとの間にはなかなか深い溝があったのね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 10:33
    > mixiユーザー ネアンデルタール人が嫌いになれないです、だってその後のホモサピエンスは酷いのよ、地球上の半分以上の大型生物を絶滅させている、食べて・・毛皮を取って・・。これは自然を破壊することであります。なのでホモサピエンスがわたらなかったマダガスカル島とかに貴重な大型生物が残っているのよ。シーラカンスもその海に居る!なので他では獲られて食べられたんだわ。

    ネアンデルタール人もホモサピエンスに殆ど殺されています。夫は「食べられたかも?」と言ってたわ。それは恐ろしい生き物で、地球上のヒエラルキーのてっぺんに登り詰めて全てを破壊していくの

    なので地球に一番必要ないのは人間だという説もある
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 10:38
    > mixiユーザー 種が違う・・つまりサイとかばが結婚できないみたいなものらしい、でもある時期すれすれで近づいていた頃があるのでそこで交配があったかも?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 10:39
    > mixiユーザー 多分この本はホモサピエンスの罪がもれなく書かれてますね・・・読み進むのが怖いような気がするんです、すでにもう怖くなっています、特に酪農!子ウシを小さな檻に閉じ込めて一生を終えさせるなんて傲慢だと思う。子ウシの肉が美味しいとか人間って恐ろしい生き物だと思う
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 10:47
    > mixiユーザー 
    サピエンスを昨日も今日もサビエンヌと読んでしまい、パリジェンヌの一種かとついつい思ってしまいます。
    残酷なサビエンヌ!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 17:32
    > mixiユーザー わびさびを愛するへうげものもサビエンヌ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月15日 18:16
    この本気になりつつまだ読めてないんですよね… というか沈黙の艦隊全32巻に時間がかかり過ぎて、小説の積読が溜まる一方涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 13:12
    > mixiユーザー 沈黙の艦隊・・・32巻・・長いでしょうね、どうなったんですかあの潜水艦
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 15:16
    > mixiユーザー

    まだ20巻ですが生きてます。
    アメリカの太平洋、大西洋艦隊を一艘の潜水艦で撃破! 凄すぎますあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 18:01
    > mixiユーザー 途中まで読んでいました、海江田さんですよね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 18:14
    > mixiユーザー


    そう!海江田さん
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月16日 18:38
    > mixiユーザー 名前からカッコイイですよね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する