ホーム > mixiユーザー(id:411965) > mixiユーザーの日記一覧 > 「やがて君になる 佐伯沙弥香について3」小説

mixiユーザー(id:411965)

2020年03月21日01:33

15 view

「やがて君になる 佐伯沙弥香について3」小説

『やがて君になる 佐伯沙弥香について3』
<ストーリー>
 大学2年生になった佐伯沙弥香は1年生の枝元陽に「好き」を打ち明けられる。これまで好きになったどの女性とも違うタイプの陽に戸惑いながらも徐々に佐伯沙弥香は彼女に魅かれていく・・・
<コメント>
 『やがて君になる』のスピンオフ小説シリーズの最終巻。結局、七海燈子に想いを打ち明けられずに小糸侑に奪われてしまい、親友として終わってしまった佐伯沙弥香。彼女が新しい恋を見つけて、というよりも目をつけられてグイグイ迫られてやがて愛を育んでいくという物語。そういえば『やがて君になる』の最終巻のエピローグで侑が「佐伯先輩、今日は陽ちゃん誘わなかったんですか?」と聞くシーンがあり、そこで佐伯沙弥香が「あー、えっとうん・・・」と口ごもる。
 小説ではその後のタイムラインに七海燈子と佐伯沙弥香が喫茶店で会話するシーンが描写され、コミックで描かれていないにも関わらずコミックの二人を見ているような気にさせられる。佐伯沙弥香が七海燈子と同様に幸福になってよかった、とホッとさせられる一編。



3 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月21日 02:48
    三人とも女性?ということは百合恋愛小説なのかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年03月21日 22:23
    > mixiユーザー 

     そうです。と、いうか元になったのが百合のマンガで、僕はアニメを見て(作品の途中までアニメ化)続きをコミックで買って、さらにスピンオフ小説も買った次第で…

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年03月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031