ホーム > mixiユーザー(id:411965) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:411965)

日記一覧

「芸人と影」新書
2019年12月10日01:15

『芸人と影』<ストーリー> ビートたけしによる近年の世相や事件を毒舌で切って語る週刊ポストの人気連載からことの話題を編集しなおしてテーマに沿って語り下したエッセイ。<コメント> いまさらたけしの「21世紀毒談」を連載や単行本で読もうとは思わな

続きを読む

『ドクター・スリープ』<ストーリー> 40年前のオーバールックホテルでの惨劇を生き延びたダニーは能力を封印してホスピスで老人達の逝くのを見守るという孤独な生活を送っていた。しかし、ある日ダニー以上のパワーを持つ少女アブラから助けを求められる・

続きを読む

「仮面ライダーゼロワン♯14 オレたち宇宙飛行士ブラザーズ!」<ストーリー> 滅亡迅雷ネットがシンギュラリティを迎えたヒューマンギアを補足する的確さにエイムズは飛電にスパイがいるのではないかと疑う。そんなとき、衛星の管理をしているヒューマンギ

続きを読む

 言いたいことは判るし、とっても良いお医者さんなのだろうなあ、しかも優秀で。ただ、なんか役割を取り違えているというか「本当に留学したのか?」と思ったらチューリッヒか。アメリカじゃないんだな。 大きな大学病院に勤務していたら「正しい診断」「臨

続きを読む

 いや、色々な意味ですごいぞ、これ。「世界忍者戦ジライヤ」は様々な国の忍者が戦うという設定で、当然顔はかくしてなので、明らかに低予算作品だった。その代わりと言ってはなんだけれども、シナリオは結構凝っていたような気がするし、着かず離れずの相棒

続きを読む

 ええと、これは冗談ですよ。あらかじめ断っておきます。 なんでアメリカ人はトランプなんぞを大統領に選んだのか?というのはよく語られることで、それに関する議論も数多くされています。 そこで新しい概念をあくまでも冗談として提示してみます。それは

続きを読む

『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北からの黒船』<ストーリー> ロシアの商船の船員ステパノフは日本に漂着したところを捕らえられるが、脱走する。江戸市中に侵入したとの報に緊急警備が敷かれ、女岡っぴきということでおゆうたちも動員されるのだが・・

続きを読む

 「特定健診」という国民的な健康診断をやっているのだけれども、そこでの例えば血圧であったり、高脂血症のコレステロールであったりの基準がなんとなく納得できない。 例えば血圧は130以上は要注意なのだけれども、それだけで血圧の薬なんて出すのはどう

続きを読む

『やがて君になる8』<ストーリー> 遂に互いの気持ちに確信した燈子と侑。二人は密かな関係の下、日常を続けていくが、侑はやがて燈子への思慕が高まっていくのを自覚する・・・<コメント> アニメから好きになった作品なのだけれども、アニメではこの作

続きを読む

『Thunderbolt Fantasy 西幽ゲン歌』<ストーリー> 異能の歌声を持つ少年ロウ・フヨウは雪山の中で盲目の母親によって厳しい修行の日々を送っていた。母親の願いはいつかフヨウを宮廷の楽士として出世させることだった。しかし、事故で母親を失ったフヨウは

続きを読む

 上沼恵美子というと週刊誌では関西のテレビ界の女帝といわれ、番組スタッフはひたすら彼女のご機嫌をとり、収録入りの時には整列して頭を垂れ、誕生日には高額なプレゼントを贈り続け、彼女の逆鱗に触れたスタッフやタレントはあっという間に干されてしまう

続きを読む

 「世の中には冗談でも言っていいことと悪いことがある」という言葉があるけれども、僕はちょっと違うと思っていて世の中に言って悪い冗談はないと思う。ただそれが面白いかどうか、ということは別問題なので、この言葉を正確に言うと「世の中には言っていい

続きを読む

 いや、これ自体は必要なことだと思うし、徹底するのは必要なことだと思う。で、実際にうちでも委託を受けて検査しているのだけれどもこのときに思うのは「なんで麻疹も同時に検査しないのか?」ということ。 検査料は900円上乗せされるだけだし、そして

続きを読む

『ウェブはバカと暇人のもの』<ストーリー> 「TVブロス」の編集者からネットニュースサイトの編集者となった著者がネットの中で暮すうちにそこに集まる多くの「普通の人」「バカ」がいかにインターネットを利用しているのかを現場の視点から描写したもの。

続きを読む

 以前も書いたけれども、ライアン・マーフィーの「911 LA救命最前線」では主人公の一人を911のオペレーターにした着眼点がすごいと思った。 単純な電話交換手ではなく、的確に通報者に指示を出して、救助に向かうべき警察や救急車に情報を伝えながら

続きを読む

『邦キチ! 映子さん Season 3』<ストーリー> 今日も「映画について語る若人の部」で普通に映画好きな会長の下で熱く邦画を語る映子さんによって会長は混乱していく。さらに会長のライバルとして「特撮作品について熱く語り合う部」まで現れて混乱は増し

続きを読む

「イエスタデイ」映画
2019年11月25日00:10

『イエスタデイ』<ストーリー> 売れない歌手のジャックはある日世界中を襲った12秒間の停電の瞬間に交通事故に遭ってしまう。目を覚ましたジャックはやがて自分が「ビートルズの存在しなかった世界」にいることに気づく・・・<コメント> シンガーソング

続きを読む

『ゾンビランド:ダブルタップ』<ストーリー> 世界中がゾンビウィルスによって汚染されて文明が崩壊して10年。コロンバスはタラハシー、ウイチタ、リトルロックと共にホワイトハウスに居を構えて暮していたが、リトルロックがタラハシーの父親ぶりに嫌気が

続きを読む

不思議な医療費のかけ方
2019年11月23日01:26

 今日の医師会で聞いた話。なんでも「県」が新規に開業する医院に関して「情報を与える」という名目で「この地域にはもうこれだけの科目のクリニックがありますよ」という助言を与えるという方針をとるらしい。医療費の削減のためということで、要するに大都

続きを読む

私立に流れる園児
2019年11月22日01:14

 近くの幼稚園の園医もしていて、先日入園前健康診断に行ったのだけれども、入園園児の数がかなり減っているのに驚いた。市の人口は微増しているのに、なんで園児の数が減っているの?と園長先生に聞いたら「なんででしょうねえ・・・」と言われた。 で、会

続きを読む

 深夜アニメではほぼ毎クール「女子高生がクラブ活動でがんばる」というプロットの作品がある。今期も女子高生がレーザーライフルを競う『ライフル・イズ・ビューティフル』、放課後にボードゲームに勤しむ『放課後さいころクラブ』架空のジェットスキー競技

続きを読む

 これって単純に「巨大資本対地元」というわけにはいかないところが日本のむつかしい問題なんだろうなあ。 うちの隣の市はまさに近隣にできたイオン資本の巨大モール「アルル」によって衰退の一途をたどっている。 ただ、すべてイオンのせいであるかという

続きを読む

 これは非常に興味あるのだけれども、やっているのが美術館とかならともかく「放送ライブラリー」だと、全国巡回というのは無理そうだよなあ。 でも、見て見たい。スーパー戦隊シリーズの歴史が集結 企画展開催 “ゴレンジャー原案企画書”初公開https://

続きを読む

『宇宙探査船オーヴィル2-2 原始の衝動』<ストーリー> 太陽に呑まれて蒸発する惑星の調査に訪れたオーヴィル。そんな中、モクラス人のボータスがやたらと勤務を離れることが多くなる。実はボータスはシュミレーターでのポルノ依存状態にあった・・・<コメ

続きを読む

正義は薄っぺらくない
2019年11月16日01:45

 本屋さんで新書の棚の前を通ったときに何か違和感があった。良く見たら新刊のとある新書の帯に「薄っぺらい正義を嗤う」と書いてある。うん、この著者はそういうことを言いそうな人だな、と思いながらもこの文章はおかしいんじゃないか?疑問に思った。 こ

続きを読む

 30〜40年年前だろうか、当時ヒットしたパニック映画が災害から動物パニックに移行してありとあらゆるものが人間を襲っていたブームがあった。もちろん元祖はヒッチコックの「鳥」だけれども、これは良いアイデアとばかりに「蜂の大群」「巨大猪」「猿」

続きを読む

 ありゃあ、終わってしまうのか、このチャンネル。確か、鳴り物入りで放映スタートして、この局専用のリモコンスイッチとか配られなかったかなあ。 海外ドラマは他の局の再放送が多かったけれども、それでもこの局での初放映作品もけっこうあって「イースト

続きを読む

「戦争獣戦争」本
2019年11月13日01:47

『戦争獣戦争』<ストーリー> 1994年国際原子力機関の特別査察官である薪野亮子は派遣された北朝鮮の核廃棄物保管プールの中で何者かが泳いでいるのを目撃する。そして1950年の韓国では北朝鮮軍が不穏な動きを見せる中、異人(ホカヒビト)である彪牙冬二は

続きを読む

ゼロ距離射撃の衝撃
2019年11月12日01:50

 TVで繰り返し放映されるこのシーンを見て何がショックだったかというと「実際に至近距離から人間が撃たれる映像が放映された」ということではなかろうか。一体どうやってこんな鮮やかな映像が撮影されたのかわからないけれども、この警官のほぼゼロ距離射

続きを読む

 と、いうよりもデジカメメーカーなんて、昔はなかったし。光学カメラだって今はないだろう。  デジカメ云々というよりも、例えば写真フィルムというのは今はほとんど売っていない。大手写真フィルムのメーカーは次々と潰れていった。(どこに行ったコダッ

続きを読む