mixiユーザー(id:40778660)

2020年07月05日00:56

4 view

令和二年 御朱印の旅 巡礼5

7月4日(土)
1日を通して雨模様の中、数日前に知人から「戸隠蕎麦を食べに行こう」とお誘いのメールが来ていたのに気が付いたのは、明朝3時30分の事。

急ぎ返信メールを送り、車を出して一路、長野県・戸隠へ…。

8時20分、待ち合わせ場所の戸隠神社近くにある無料駐車場へ到着した後、知人三人と合流。

行き付けの戸隠蕎麦店・『うずら家』さんの開店は10時30分と、時間に余裕があったので最近、行き付け化しつつある酒店・越後屋で日本酒4本とワイン一本を購入し、9時一寸過ぎに
戸隠神社にて参拝。

御朱印は新型ウイルスの影響の為、書き置きを賜り、社務所横にお知らせがあったので、覗いてみる。

そこには、戸隠神社中社の大鳥居が80余年を迎えており、来年(令和三年)の式年大祭記念に合わせて建て替え工事を行っているので、御奉賛をお願いしますとの文言。

私の初めての御朱印・御朱印帳は、戸隠神社中社だった事もあり、「これも神様のお導き。お呼ばれした」と思い、御気持ちですが、一口分の三千円を御奉賛しました。

御奉賛に際し、記帳したのですが、此方は御芳名を記録して本殿内に永代保存するとの事。

次の建て替えが行われる80年後は生きていない可能性が高いですが、この様な形で自分の名前と住所が歴史に刻まれ、後世に残る…。

浪漫を感じると共に、『可能なら80年後に巡礼して、また御奉賛したい』と、思ってしまいました…。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する