mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

 今朝は4時前に目が覚めて寝床を畳んだ。亡妻が健在だった時には、今朝のように早起きはできなかった。おいらが、ごそごそ音を立てていると「もう起きたの!・・・」と咎められたこともあった。 朝は、静かだから、ちょっとした音でも聞こえるらしいし、耳

続きを読む

 この地球上に70億近くの人々が、日々、生活をしているのだけれども、その人生を終えて旅立つ人もあり、この世に生を受けてめでたき誕生をする人もいる中で、人々は、日常生活に追われている。 でも、大昔から、争い事の尽きない不幸を背負わされている人

続きを読む

 最近、一人食事の料理番組が、目に付くようになった。多分、独居者が増えて来たのかもしれない。食材料の量から調味料が細かく表示され、おいらもやってみようかな、と思うようになった。これまでは、おいら流の料理で、もう一ついただけない、と思って居た

続きを読む

 今は、自分自身に正直な言動の時代?・・・と思わせる場面に出会うことがある。それはある程度納得できることであるけれども、あまりにも落差が大きいのには驚かざるを得ない時も有る。  スーツ姿の壮年の紳士の読んでいるというよりも見読本がマンガ本だ

続きを読む

 生きて行く中の流れに、無意識の比較と言うよりも、動物的選択に従属せざるを得ない日頃に居る、と思う時がある。一方では、それらのその場面における意識的比較選択が日常を過ごさせている風でもある。どちらも、その人間の生まれながらの気質、気性、本性

続きを読む

 今年は、七月頃からか、急に台風が発生しだして、いつもの年とは様子が違うが、天変地異には、人間は無能であり、人間の知恵(科学の叡智・・・)や力など及ばないのであり、受け身の保守を科学的に有効にと言う考え方が限界のようである。  街々の書籍店

続きを読む

 寝床に居れずに起き出した。若い頃、会社が休みの日には、午前中寝ていたが・・・やはり、そうなのだ、と思うのも無理はないのだろう。テレビ映像で、昔、行ったことのある風景に出会うと、懐かしい。その当時を思い出すのだが、おいらも年老いたものだな、

続きを読む

 これまで部屋の温度計は、朝から30℃辺りだったが、今日は、湿度は90を超えているけれども、肌触りは涼しく感じる。台風の襲来もそろそろ終わるころだろうと思うけれど、近年、先々の天気予報も危ういことが多いように思う。過去のデーターでの天気予測

続きを読む

 人間には限界がある。日常生活とは、限界内での暮らし向きであるが、日々、そのようなことは一切思いもしないし、考えもしないし、思考する意味すらないのである。そして、人は、次から次と、日々、やらなければならない言動に従い、時は流れて原因が結果を

続きを読む

 天気予報士の言では、秋の長雨とか言っているけれども、要は、雨の降る前線?・・・乾燥していて気温が太平洋高気圧の気温よりも低く目の大陸高気圧と、湿気を含んで気温が大陸性高気圧よりも高めの太平洋の高気圧との境目に、雨前線と言う物が出来る自然の

続きを読む

 今日は、ご夫婦そろって側道を歩いている方達も、全速で走っている若い人もいて普段の日よりも人通りが多いのは、日曜日だからだ、と思った。木陰で休息をしている人も何人かいて、平日よりも人を見かける。 「お元気な方は、皆さん、お歩きになったり、ジ

続きを読む

 鷺と言う音読みが、嫌だし、何かしらその先入観で嫌な鳥と決めてかかっているのもよくないのだが、この世に生まれてからの出会い場面は、これまでに幾万回以上だったと思うが、自分自身が求めた出会いと、偶然の出会いがあるようだけれども、日常的ではない

続きを読む

 ゆっくりした口調でお話をされ、川の流れを見つめながら「もう、かれこれ年金生活に入って30年近くになります。」と言われた。「そうですか・・・私は、22年ですから、ご先輩ですね。」と言うと、その方は、「もう、70歳も過ぎて、80代が90歳近く

続きを読む

 山科川の側道を歩いていると、桜の木の木陰でお休みの人と目が合った。相当年配の人のようで、私よりも年上のように見えたが、その方に「お歩きですか?・・・」と声をかけられ「はい、山科川の周りを一周しよと思って・・・時々歩いています。」と言いなが

続きを読む

 そのことは、知っている範囲で、知ることが出来ていると言うことであるが、単純比較と言う実体のない不安定なものである事である。言い方を変える時、そのそれら、つまり、己自身達と言う不思議な表面を誰よりもよく知っていると言うことであり、その非物質

続きを読む

 次に、秋の長雨に出会うことは、外出するにしても足元が悪い。何となく鬱陶しいものだが、これも自然の流れなのだと、孤老は、思うようにさせられている広い視野よりのお告げかな・・・ 視野広角を思いつく時、焦点的狭い世界から助けられるけれども、やは

続きを読む

 まず、その料理の食材と調味料など・・・その手順・・・サ、シ、スなどの順序もあったり・・・火加減・・・などなど、ただ夢中で手料理作業に没頭させられるが、手料理の出だしから手料理が仕上がって、食事して、食器の洗い物まで、少なくても一時間以上か

続きを読む

 今日の夕食を考えるが、昨日買い置きした餃子を焼いて、それ以外の惣菜は、スーパへ買い出しに行かなくてはならない。ご飯は、今朝焚いたから、それでよし、と・・・毎日を生活することは、孤居として、ぼやっと してられないのだ。その点、まずは、認知症

続きを読む

 いつものメンバーは、ヴォルフィさん、光茶庵さん、ジミーさん、windyさんご夫妻とペルソナですが、昨日は、久し振りに、五里五里閑人さん、ウエブさん、赤井さん、小沢さんもお出でになり、国内外のフライトに関する不都合なお話や、お孫さんとのお話

続きを読む

 湿気を含んだ太平洋の高気圧が去り、大陸性の湿度の低い高気圧がやってくる。 秋の彼岸も近くなり、秋の季節へと移り行くかも(9月、10月は、まだ、台風がやってくる可能性もある・・・)・・・そして強い日差しは、体が焼かれる思いがする感じの日々だっ

続きを読む

 温帯低気圧が去って高気圧が入り込んできたのだろうか・・・半ズボンから長ズボンへ着替えたが、過去にこのようなことはなかったように思う。天候も気温の変動も過去型ではないように思う昨今であるが・・・気流の変動は、大自然の流れであるから、人間如き

続きを読む

 白露の日も過ぎて秋の気配へと日々蒸し暑さから、やっとこさ、解放されていくのではないか、と思うのだが・・・秋は、実りの秋でもあり、色彩豊かな眺めを披露してくれる時を与えてくれる。生活的にも過ごしやすい。春と共に秋は、おいらにとっても 好意的

続きを読む

孫次男のお気に入りの万博公園内の大観覧車からのカメラ写真・・・サッカー場は、すっかりお気に入りになっちゃった風だね・・・テレビ電話の度に万博公園の話が盛り上がる・・・じいじが気に入っているのかな?・・・それとも関西がいいのかな・・・プロ野球

続きを読む

 全体的有り様を排除することは、大変不自然であり、優生に固まれば、争いは、ますますエスカレートするだろう。ヒットラーの再来とまでは言わないが・・・今、その傾向が社会の中で蠢いている風であるし、他国にもその傾向が表面化しつつ国意識と言うよりも

続きを読む

 いずこの国も無いことはないだろうが、日本人は、特に町内会のおば様たちの立ち話に多いようだが・・・いいお話はないようで、人の悪評とかを、面白おかしく拡散してしまう、人を噂することの気質的な性格の淫靡さは、どうにもならない生まれつきのものだろ

続きを読む

 日々の過ごしの中で、思い入れの繊細さを欠かすことのできない場面もあるが、思い込みの激しいという性格的様子は、生まれながらの気質とその体験的無意識で内包されて居て、それは固定化されるものであって、自分自身には意識的にわからない場面でもある。

続きを読む

 来年の正月にサッカーの試合が有るらしくて、長男坊主の父親にチケットを今から早めに購入してほしいとせがまれているようだ。サッカー好きの孫次男は、両親がテレビを見ない持たない主義の人達だから、おいらのところへテレビ電話の時、テレビ中継のサッカ

続きを読む

 今朝は、湿度80で肌触りもサラッとしていて気分的にはまあまあだが、日中には、気温も湿度も上がるだろう。湿度が高いと肌触りがべとべとしていて気分的に優れない。その上汗が、額からも流れ落ちだすと気分的には最低であるが、しかし、汗などで身体内の

続きを読む