mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

 気が鬱は、全ての領域狭くなる・・・明瞭で活発なれば気は旺盛に闊歩するかな病は失せる・・・自分自身に入り込まず、他事的に己自身を自由自在にコントロールすることに気は充実する・・・今日は、おいらをどのように扱ってやろうかな?・・・あっかんべー

続きを読む

 時空と文字言葉と言う物質世界の地球表面と、ちょっと飛んでみた地球の周りを回っている国際宇宙センターと言う構造物・・・見渡す限りの澄み切った夜空の星々はキラキラと瞬いていて、人々に物思わせる光景だけれども、その星々を通り抜けて行く思いは、日

続きを読む

 朝晩めっきり涼しくなった。天気予報だと今日あたりから秋雨前線の日々が四、五日続くのだろうか・・・今年も秋の季節がやってくる。夏の猛暑から逃れられて、汗の季節よ!オサラバよ!・・・すっきりと晴れ渡った青空が待ちどしい・・・澄み切ったスカイブ

続きを読む

 文明文化も未開地も、その領域に生き過ごし、その生涯を終えるかな・・・人の姿の人間表現、時の流れに思考も変遷、情報世界も広域未開、知れば知るほど無明の無効、人間叡智の行く先は・・・人それぞれに気質を背負わされ、性格思考の世界の共有の中に、そ

続きを読む

 お姿をお見かけしなくなって数ヶ月、足腰お弱りも健在か・・・九十五、六歳の意志強く、朝の読経に日々過ごす・・・(実家はお寺の先輩・・・)

続きを読む

 数字ある日々の生活選るかな・・・ああだこうだの決め事に?・・・我が身も数字に決められる・・・今朝も六時に起き出して・・・時間に従う一日が・・・積もり積もって年過ぎる・・・数字で始まり数字で終わる・・・数字を背負いし一生涯?・・・不思議と言

続きを読む

 論述文、論理世界は理性的な世界だが、他方、日々の生活は、家事一切の忙しさに支えられて安心、今のなしごとなど感情も移入され、道筋定めて次へと先読み、予定、期待、過去の懐かしさ、未来への夢などの裏側に潜在的感情も浮き沈みしている・・・人々の日

続きを読む

 昨日は、ペルソナは二時定刻よりも十五分ほど早く「珈琲専門喫茶windy」に到着してしまい、それなりに早出になってしまいました。やがて、光茶庵さんと京さんがお出でになり、windyさんご夫妻との五人おしゃべり会でした。それぞれに話題が出会い

続きを読む

 利用価値と恐ろしさと嘘の世界は交差する・・・人間の未熟未完の証拠かな・・・利用価値の背景に暗部の影は見え隠れ・・・テレビ放映のコメントの言葉足らずの稚拙さは、やはり、映像社会の影響かな・・・人は、「なんでやねん!・・・」と言うかもしれない

続きを読む

 おいら自身も分からない・・・潜在意識か無意識か その時々の心模様か・・・この人間の日々暮らし・・・七十億の人々の その生涯のそれぞれの 思考世界で日が暮れる・・・その時々の思いかな・・・この手狭な日常世界 やっさもっさで日が暮れる・・・表

続きを読む

 大小、高低、美醜、などの比較の世界に日々が有る?・・・その思い入れ、思い込みなどの流れに沿わされ一生が過ぎる人、人、人達の地球星・・・物質非物質などを背負わされ・・・ただ、内心外心に死を恐れる無意味かな・・・「海山も自然の流れ死も自然」海

続きを読む

 内外ニュースも盛り沢山・・・常にすべてが動いている日々の中に・・・人の命も軽く見られて 長大重厚から短小軽薄の時代の長短は、いかがなものかな・・・人の未熟はますます拡大?・・・多様化の迷いの時代か・・・あっかんべー

続きを読む

 お天道様に照らされて 天使の如き使いの人姿 仏心の大いなる豊かさに人を心する人姿 人を助ける人々の人姿などそれぞれに・・・しかし、暗闇を好み 人間縫い包みの中に蠢く妖怪変化ありかな・・・人間の有り様は解せない不思議さに迷うばかり・・・産み

続きを読む

 我が身のことは彼方に霞む・・・この肉欲を 棚上げしつつ論じても、知論は空論迷いゆくのみ・・・人の知識は人間知内・・・その業なる肉欲の生かな・・・文字言葉の不思議な世界・・・人間存在文字言葉かな・・・あっかんべー

続きを読む

 今日は70年目の終戦日となり国家軍国主義から解放され、個の人達の民主主義の到来記念日でもあるという風に考えることもできる日でもある。人間達と言う群れではなく、人々と言う個々を意識し始めた記念日であるということもできる。国民と言うこともでき

続きを読む

 先祖の仏霊迎えたり 今日 生かされて生きて居る この生体を負わされて 天運の儘に日々が過ぎ 思い 思い込み 思い入れたり 刷り込まれたり 刷り込んだりして 過ぎて行く・・・日々、喜怒哀楽不安恐れも感情楽楽楽しけれ・・・それぞれそれなり世が

続きを読む

 この生身 とてもひ弱でござります・・・海の事故 山の事故 この生体 針一本であの世逝き・・・人間社会の事故などは人間生身を狙っている・・・六歳ごろから外地に住み敗戦終戦で身の回りに危険を感じる日常生活に出会ってきた・・・少年のころの育った

続きを読む

 一度(℃)の差は肌に涼しい。やっと猛暑から逃れることが出来るようだが・・・一息出来て 早く来い 秋恋しでござる・・・猛暑は、裸体以上に裸体になれない暑さが身を焦がす?・・・寒い冬などは、衣類を着込めば寒さから逃れることをするが・・・あっかんべー

続きを読む

過ぎたるは猶及ばざるがごとし?  病気とは気の病であるという?  笑う門には福来る?  昔の生活風もいいけれど  気は若くとも 体は、常に退化を続けて老化していく  これ自然の流れのことで逆らえないが如きかな・・・気を付かされて我を知るかな

続きを読む

 八月一回目の「ウインディーで楽しもうかい」のおしゃべりほうだい会があり、五里五里閑人さんとご友人の赤井さんもお久し振りにお出でになり、ヴォルフィーさん、光茶庵さん、ジミーさん、ウインディーさんご夫妻と私ペルソナの八人が4時過ぎまで次から次

続きを読む

原爆地獄と戦争と・・・
2015年08月08日08:31

 人間達のこの悲哀・・・特攻神風、テロ行為・・・思い込んだら肉欲消える・・・この人間の不思議さ永劫・・・真理と言うのはわからぬことか・・・あっかんべー

続きを読む

 冷房は体調を狂わす元凶でもあるけれども、蒸し暑さは、良好な体調を維持できにくい日々である。冷房もほどほどに時間制限しなくてはならないと思う。熟睡は、生体管理の元源でもある。日中の疲れの回復時間帯である熟睡・・・体力、免疫力の回復時間帯・・

続きを読む

大昔、4、5歳時の写真から、幼りし もみじ手広げ門の前、近所の製本屋の幼友達の 坊主刈り頭を嫌い、おいらは坊ちゃん刈りにする要領のよさよ・・・周りを探索人並み嫌い、奇人変人ぶりを好む一個の存在幼き頃から、我は我なり他に在らず也・・・個の存在

続きを読む

 山科川の土手道の木陰に一息老いし人 長き年月お疲れさん 我が身に重ね 思う時 年月過ぎて我が身あり 今日も一日楽しけれ  気楽に日々が過ぎて行く・・・思うこと 思いの中にその日あり日々はそれなり過ぎるかな・・・何はともあれその日ある・・・

続きを読む