mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

 自分自身に言い聞かす・・・寒い日だからと言い止めようと、季節が春は、外へ悠々・・・夏は猛暑で秋にと思うが・・・やはりであるが、自分自身でやらねばならぬ・・・気になることも先送りの日々・・・そのうち何とかなくだろう・・・ただ、どこから手を着

続きを読む

 毎朝のことだが、女房が居た時は、そのような自分本位なことはできなかった。やはり、夫婦も妥協である。互いに気を使うことで、日々、それなりに過ぎて行く物だろう・・・女房もあっちへ逝って一年半が過ぎた。最近は、夫婦連れもそんなに羨ましく思うこと

続きを読む

 mixiの友三人は寿司の昼食を共に済ませて絵展までの時間の間をセルフの店でしゃべり込んだ数時間、いろいろな雑談に楽しさの思いを過ごした。私は、久し振りの長話に時間の経つのを忘れていた。絵展の知人との出会える時間が来て大丸のイベントホールへ出か

続きを読む

 過去に確り守られている熟年者たちのこの格差の不思議な時代を過ごして居る日々にある。後ろを振り向かざるを得ないこのおいらも、その年代の因果因縁だろう・・・若者たちは先へ向かうのは当然に生きる姿だし、老いれば過去が懐かしい因果を背負わされてい

続きを読む

 夜中の2時ごろ目が覚めた。タイマーのエアコンも止まっていて再度タイマーを設定。睡眠中でも熱中症になるらしいから室温は26℃にしているが、湿度が高いと寝苦しいものだ。梅雨時、湿気が室温を上げるようだ。でも、あと一ヶ月半ほどは、辛抱か・・・こ

続きを読む

 ワイマールはゲーテだらけ・・・ゲーテ広場・・・ゲーテとシラー・・・子供たちは・・・ゲーテ最高・・・課外授業の途中の学生たち・・・庭は緑がいっぱい・・・昔のお屋敷の庭みたい・・・これから、我々は何をすべきか・・・学生たちの演劇の話・・・ショ

続きを読む

現役社会人の時・・・
2017年07月25日08:21

 結婚に出会い子を持ち家族と言う物を携えて、その一瞬をも脇目へも意を振り向けずにただ、その一瞬を精力的に日々暮らし続けざるを得ない日々だった。 当時は、過去も想うことなく薄らぎ、未来も思いなど有っても薄く漂っている風だった。  しかし、今、

続きを読む

今朝も蒸し暑い・・・
2017年07月25日06:00

 湿度80の日々である。冬は50の時もあって過ごしやすい日々だったが、この体60パーセント水であるから湿度も低い方がいい・・・けれども、大自然は、そのようなことを容赦しない。おいらはやはり、辛抱する以外に何事もできない・・・夏は、汗を流すが

続きを読む

その思い込みを第三者的時間での思いで次へと切り替えることが出来ないのは、発達障害の一項目に?・・・これは変です。人は、その思い込みのその強さで、その思いを次へと切り替えることが出来ないことは、誰にもあるはず・・・生まれながらの気質などで・・

続きを読む

 400年から300年を経過したアマテイ、ストラデバリュウス、ガリネリュウスなどの名器の音とその素晴らしい姿に見惚れた。ヴァイオリン内部の構造物の低音ボードの位置、魂柱も横板表裏板の厚みに関する音の響きやニスの種類厚みも音の響きに大きな影響

続きを読む

 東福寺の駅でJR奈良線に乗り換えると外人さんに席を譲られた。年のころ30代の様子で、なかなかの美人だった。最初は、手を振って拒んだが、せっかくだったので譲られた座席に座った。 その人は、家族連れのようだったが、相当の美人で、背丈も日本人並み

続きを読む

 五条通りで早々にジミーさんにお会いし、急いでwindyさんの店内へ入ると涼しい。ほどなくして光茶庵さんと京さんがお出でになり、少々遅れてヴォルフィさんもいらっしゃった。おしゃべりは、5、60年昔の大学、院卒の給料の話に花も咲き、その時代の

続きを読む

 火野正平さんの屈託のない表情・・・何の気取りもないあるがままは素晴らしい・・・サロマ湖畔・・・正平さんは、カレーの好きな人・・・道道を自転車のこころ旅・・・爽やかな風の中を・・・雨の日もあるけれども・・・高所恐怖症の人正平さん・・・なかな

続きを読む

 月1回の楽友仲間との合奏会へ行きはJRで帰途は15分ほどの道を徒歩で元気を確かめているが、まだまだ、行けそうであることに感謝しなくてはこの体を頂いた両親にも感謝である。また、合奏仲間にも感謝である。 帰途の徒歩では、充分に汗を流しながらの

続きを読む

今になって思う時・・・
2017年07月20日08:45

 やはり夫婦で生活していたころが懐かしい思い出だ。女房に先立たれて、ふと、寂しい思いに出会う時は、仕方がない物だが・・・ 女房が健在だった頃には、女房に何だかんだと言われてストレスもあって、一人になりたい、と思った時が何度もあったが、いざ、

続きを読む

 秩父SP!・・・織物産業、織機など路地から路地へ・・・祭りの準備の街の人々・・・小昼飯・・・ねず 平べったいうどんに小豆が入っている・・・秩父札所34ヶ所・・・絶景スポット夜景・・雲海・・・秩父市内の街角のおもちゃ屋さん、創業百年の古い店

続きを読む

 繊細で優しく聴いていて楽しさに満たされる・・・作曲家を問わずクラシックは癒される。アキロン・クアルテット・・・ラベル、ドビッシー、モーツアルト・・・ ギター曲 アンダルーサ・・・フラメンコ・・・今朝の名曲アルバムの5分間は・・・音の世界は

続きを読む

 五反田を通り抜けて幾つかの商店街なども通り、浅草界隈へと歩いて行ったその当時をスカイツリーを見るたびに懐かしく想う。今朝は、BSプレミアム映像で見入ってしまった。 東京での五年間ばかりの生活で、いろいろと面白おかしい時を過ごしたものだ。人

続きを読む

 右え習えでは、つまらない。昔昔は、国を挙げての全体主義の時代もあったけれども、今は、個人の時代になって居る。 これは、自然の成り行きである。人が人らしくなってきているのだ、と思うのだが・・・家族の中に居ても、成人してくると、己の個を思う時

続きを読む

劉暁波氏の死から・・・
2017年07月14日06:17

 その内実を思うことに中国を思い国々をも思う・・・人の有り様に人であるための気がつくことを劉暁波氏は思い知らせた。この思いは次へと継続されて行くことである。そのことが人間存在の未来だと思うけれども・・・人間達の理想郷を未来する・・・

続きを読む

 今日も暑い蒸し暑い。今朝は、AM5時からクラシック音楽BSプレミアム・・・ベートーベン田園の一楽章、運命の全楽章18世紀の楽器、衣装でいずみホールでの録画だった。クラシックの音で目が覚めた。今日も一日いい日だろう・・・いい日にしたい・・・

続きを読む

 今朝は、アルル旧市街・・・ヨーロッパは石畳の通り道が多い・・・居住まいは数階の建物に多住居風・・・都市市街では一個建ちの個人住宅を見かけないが・・・おおよそ500年昔のルネッサンス風の建物群も・・・広場の前に威風堂々と言う感じを受ける・・・

続きを読む

 具現消滅と言う不知限定を連鎖しながらどこまで行くのだろうか・・・数十億年昔と言う地球誕生は、やがて、消滅せざるを得ないこの物質宇宙の法則により消滅する因果を背負わされているのである。いずこでも人々は、日々、それなりに、あるがままにせせこま

続きを読む

 不思議を感受しやすい生まれながらの気質などにもよることである、と考えているのだが、その感受に出会うことは、全ての人々に与えられている、と思って居る。ただ、言葉に魅入られている時、その感受の妨げになるようだ。日頃の言葉の双方向的交流は、生活

続きを読む

 店の中は、涼しくて気持ちがいい。私は、一番乗りだった。やがて、光茶庵さん、ジミーさん、ヴォルフィさんもお出でになった。ほどなくして京さんがいらっしゃり、ローマンサンサンにもお久し振りだったし、潜りのナースさんにもお目にかかれて、windyさん

続きを読む

 夜中に目が覚めることは、あまりないが、夜明けも早いけれども、やはり、年の所為か、二度寝が出来ない。目が覚めると床には居られない。床を上げて今日も一日。朝は、鏡に向かって今日もよろしく、「お早う・・・」 と笑顔ニッコリ・・・一人だから、変に

続きを読む

 陽之助は、東京行きの急行に乗った。東京の兄に言われて夜の巷のバンドマンを止めた。それでも、ヴァイオリンは手放さかった。彼は、6歳年上の兄のアパートに同居することになって居た。大田区の旗の台は、アパートが多い地区だった。零細町工場もあちこち

続きを読む

 熊本、大分、福岡、長崎、島根など大雨被害を受けている。毎年、梅雨のころからの大雨被害は、逃れがたい。毎年、被害が有り、人知人間叡智も及ばない大自然の気象現象・・・水の力は予想以上に大きく、それを防ぐことが出来ない人間の非力さを被害が出るご

続きを読む

 自分自身に関わるストレスをどのように分析対処するかは、当然に自分自身の問題課題であるけれども、どうしてそうなのか?と言う疑問の分析解決に対処することになる。 ただ、その時、第三者のヒントに思考の仕方を見つけ出すこともできるが、しかし、要は

続きを読む

 この私自身にも興味があると言うことであると言う出会いが大連時代の国民学校の7歳の夏休み頃かと思う。 以前にも日記に書いた記憶があるが、大連湾の真っ青な海を眺めている時、何を思ったか、ふと、後ろに振り向いた時、この緩やかな丘の下に樹が一本立

続きを読む