mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

 最近よく見かける保育、幼稚園児などの園外散歩・・・保母さんに守られて グループごとに赤い帽子や黄色い帽子で周りをきょろきょろしながら可愛い姿・・・老いると益々、幼児など幼子がかわいく見えるのは 年の所為なのかな と思う昨今だ・・・しかし、

続きを読む

 父さん日曜お仕事で おじさん爺さん相手する。小学生の子供達、4、5人相手に走り回り 逃げても逃げてもボールに当たる・・・子供たちは 微妙にボールを避けて走る やはり子供たちは 運動神経俊敏なのだ・・・人は老いれば・・・ 動きも鈍る・・・ 

続きを読む

 人間存在不思議なことよ 言葉も不思議と思えば不思議・・・動植物も表現生き様 それぞれ姿形の色合いに生きて・・・ 人間様は言葉に出会い 言葉に流され 過ごさせられて 恋し恋され命生まれて歴史を刻むが これから数十億年先には この地球星も消え

続きを読む

 悲しくも哀れ 人の黄昏 逝く先迷うこの肉欲は・・・骨となり果て やがて消えゆく無常かな・・・ 何やかや 思いあってもやるせなや 人よ人世のなるに従う・・・

続きを読む

 四時過ぎ目覚めて散歩する・・・山科川の土手道を 今朝もジョギング走る人・・・歩く高齢老夫婦・・・妻は夫の三歩あと・・・やはり昔は堅持する・・・その一生の旅姿・・・良かれ悪しかれ旅は過ぐ・・・日々楽しけれ楽々と 今日一日も一生か・・・あっかんべー

続きを読む

 今朝は、朝から晴天だ。しかし、今年の空も変わりやすい。今日も午後から通り雨?・・・雹が降ったり竜巻起きたり先行き天気が予想しがたい。地域地方の天気の格差・・・天気予報にも繊細ほしい・・・日々の暮らしが望んでるが・・・そこまで望むは無理なの

続きを読む

 父55、母44の時の末っ子としてこの世に生を受けた・・・22日生まれだ・・・22年に大連から引き揚げてから日本で生活することになった。6年間の大連生活で少年の感じやすい時を過ごした。おいらの原点は京都の北白川だが、育ちは大陸育ちだと思って

続きを読む

 やはり おいらは今を見る・・・先見 先見と思えども 生まれし地を見るこの世の出どころ・・・しかし、生まれたことを懐かしむとは、生まれる前世を懐かしむことかな?・・・今を生きる以外に事はない・・・それが人世の旅なのか・・・八十過ぎれば先思う

続きを読む

 各専門分野などでの心の欠落は、天は二物を与えずと言う風なことを知らされてきたが、全てにおいて、やはり科学的仕様のようなものに依存せざるを得ない人間存在がここにあるようだ。 物質至上であればあるほどに、非物質である人の心は棚上げになるものだ

続きを読む

 小ぶりの雨でもジョギングしているおば様が・・・いつも笑顔を絶やさない・・・山科川の側道は、いつもジョギング、走る人、歩く高齢 笑顔が多い・・・山科川の側道のお蔭かも・・・人は元来、動く物で、常に移動は生きてる姿・・・思考世界も変化に富んで

続きを読む

 つまり、昔ながらの新興住宅街である。当時、三、四十代で家族と共に引っ越してきて、子供達もそれぞれ社会人になり家族を持って他所などに生活を構えている人も大勢のようだ。ここ十数年内に亡くなられた人たちも多い。独居高齢者宅も増えてきている。 年

続きを読む

その日の始まりだ。しかし、勤めの関係で夜勤を済ませて朝、眠りに入る人も居る。大方にして朝から忙しく動かなくてはならない主婦は忙しい。若いお母さんなどは、子供たちを学校へ行かせる準備もしなければならない。若い家族一家は朝は、出勤、登校のための

続きを読む

 珈琲専門店windyさんへ数年ぶりに寄せていただき上等の珈琲を戴かせてもらった。windyさんご夫妻 ヴオルフイさん 光茶庵さん と私ペルソナのおしゃべり三昧でした。私には人と対する時、おしゃべり爺になってしまう危険をその喋りの後で反省せざ

続きを読む

 若き十代若さに溢れ、一段飛びで階段駆け上がる 若き力のエネルギー 老いて思うに そういう時も有ったと 昔を思う懐かしさ 昔の夢は鮮明で有れば 幾年過ぎても忘れがたき 永久の思いと残影なりし  昔の夢も夢の夢かな おいらは年を老いましたとさ

続きを読む

 我が言動の主役の源に、時には行為に執着したりの日常生活・・・思いはそれぞれ生まれ気質の土台の上で 体質の生体と共に日々を過ごせり・・・今日も朝が来た・・・夜は眠るという死に方で、また朝を迎える・・・年老いれば悠々自適も良い物かな と思う日

続きを読む

 生まれたばかりの赤子たち 皆同じく赤子かな 泣き声笑顔も ウインクも お腹が空いてむずかって 母さんおっぱい飲んだあと お腹がいっぱい あとは すやすやかわいい寝顔 這えば立て 立てば歩けの 親心 おいらもそのように育てられ 読み書きそろ

続きを読む

 若き力のエネルギー・・・これからですね と陰ながら 応援の思いは 寄る年波か・・・いかなる試練に合おうとも 若き力で通り抜けよう・・・艱難辛苦は世の常よ・・・それほど構えず・・・通り抜けよう・・・強烈に思い込むは、若さの試練・・・それを越

続きを読む

 昨年あたりから己の八十を日常生活で意識し過ぎる老いぼれよ!・・・どうしてそうなの?・・・それは、やがて死が来るからでしょう・・・日々、無意識裏に言動させられている様子かな・・・先々は、一寸闇かな?・・・さにあらず 次の世が有りますると思考

続きを読む

生まれれば 次の世行かねばなりません 何だかんだで如何様生きるも 全てそれらは夢の夢かな・・・ただ 今を 生きて行くべし・・・夢の間の間の楽しけれ・・・気楽に生きる者は秀れ者かな・・・ 

続きを読む

 岡山一人、東京一人、京都一人の不思議体験者三人会は5月28日に伊丹空港から沖縄那覇空港へ着き三泊四日の話会と光景リラックス時間を過ごした。大変有意義だった非物質おしゃべりを過ごした。 東京の一人は、大連での国民学校時代での同級生B君。岡山

続きを読む