mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

 何だか悲しくも憐れを感じる・・・「天下り」と言う古き亡霊に憑依されて?・・・ニュースを汚染することになって居ることすら感じない鈍感さに呆れるほかはない。即、更新が・・・必要ではないかな・・・と思うけれども、他の省庁内にも不信感が頭をもたげ

続きを読む

 近頃の日々の気温も日中の最高気温が十度以上になり、季節としては、春になったが、まだ、気温の変化は上下する時季だろう。今朝は、肌寒くて、暖房の御厄介になって居る始末。 春盛りになって気温が温暖になれば、即、25℃の夏日もやってきて蒸し暑くな

続きを読む

 「朕思うに」、が出てきたり、「神風」、も出てお出でになるような、今、大昔が再現される時に出会ったが、神風特攻は、当時、一本気な青年たちを駆り立てた。おいらの兄も特攻に志願するほどの一本気な男だったが・・・神とは何か?ではなく、「神」や「仏

続きを読む

 このことも、全く理解が出来ないニュース・ソースとしての一項目のことだが・・・そのことに名誉、名声が関わっているのも無理はないが・・・「朕思うに」は、70年ほどの昔の国民学校時代の思い出としてあるが・・・大昔の物語のような思いであるけれども

続きを読む

 光茶庵さん、ジミーさん、windyさん、ペルソナの四人で、ヴォルフィさんは、お休みでした。それでも二時間は楽しく過ぎ4時にはお開きになりました。有り難うございました。 ペルソナ

続きを読む

 言動の動の方は、その意識的思いによる身体動作であれば忘れることはないと思うし、自分自身にとって印象深い言葉は、話す能動と聴く受動の時間差はあっても忘れがたいもののように思うけれども、その動作行為後に煩雑な物思いに入ることが多ければ、記憶に

続きを読む

 公人以外には許される?かも・・・と言うよりも、嘘も巧妙であればいいらしい?・・・物語など小説なども・・・演技者の演技なども・・・文字は兎も角、言葉には、嘘が含まれている時も有るような?・・・結婚式における誓いは、嘘だったために離婚へ・・・

続きを読む

 街並みがヨーロッパとは違うのは当然だ。絨毯が山積みされている店・・・アフガニスタン製・・・200年以前からの旅人達の宿ホテル建物・・・古いけれどしっかりした建物・・・テレビカメラは下町へ・・・人々の生活感がいい。・・・1000年以前からの踊

続きを読む

 生体環境、その周囲の環境、その思いの環境、慣らされる。慣らされざるを得ない心身・・・寂しくても、そのことに慣らされる、慣らされていく物なのだ。心体も・・・しかし、弧居の寂しさは、実際にそうならなくてはわからないし、その多次元的実感は、その

続きを読む

 大地震、大津波で父、母、子供達、おじさん、おばさんや知人、友人の人達も失った。残されて人達は、そのことをこれから先、一生忘れることが出来ない。 人々は、出会った父母兄弟姉妹を失った日には出会いたくないけれども、自然は酷く非情だ。大自然の循

続きを読む

 町の中に在るヨット・ハーバーの辺りから、テレビカメラの街中散歩が始まった。のんびりしたいい風景だ。建物もパステル・カラー調で気持ちが落ち着く中間色。原色のように気負いがない。人々も、出会うと必ず挨拶をする人達で、とても穏やかで癒される。・

続きを読む

 十数年以前のことであるが、福井県の三十三間山を眺めながら27号線を何度も素通りしていて、その日は駐車場に車を止めて、三十三間山の夏山の頂上まで登り始めたが、頂上近くの山笹の葉が細い山道を覆い隠していて、ひょっとしてマムシにでも咬まれるとま

続きを読む

 五条川端東のウインデイで楽しもうかいへ二時前に着いたけれども先着の方々のヴォルフィさんと光茶庵さんがいらっしゃっていた。ほどなくしてジミーさんもお見えになりwindyさんと五人の定例会でした。ドーリーさんのお話や、国々の大統領首席達につい

続きを読む