mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

 それが後世のいろいろな場面に出会って、この世の性格として合成され、その自身を誘導すことを司りながら、本来の生き姿に沿う日々に居るのだろうと考えて、人の在り様を人間探索に出合わせる事も出来るように思う。・・・前世は、非物質的非領域であるが非

続きを読む

 人の性格の基本的部分として大人の性格の底にある物だろうと思って居るから、時として成人しても子供っぽい時も出るのだ、と、思えてしまう時もある。持続集中は大人の生活維持だろうが、子供は、移り気な時を持ちながら成人して行き、一定に落ち着くことを

続きを読む

 60数年昔、ヴァイオリン奏者になりたい思い込みもオーデションを受けたが不合格になり諦めかけた時、高校時代の同級生の合奏友人から巷のヴァイオリン弾きのようなことを依頼され、方々に出かけだしての合奏の日々を過ごして居た。つまり、三流のヴァイオリ

続きを読む

 自宅から山科川沿いに徒歩で40分ほどの距離だ。土手道を降りて鉄道ガード下を通り過ぎて物山御陵の境内に入るとサクランボの小さな赤い実を付ける桜の木が見える。境内は杉の木や赤松の林で木々の香りに癒される。心が洗われる思いに浸れるのである。冬の日

続きを読む

 このような時代に幸いは無い、と思わざるを得ない。此の不健康をどうにかしなければならないのだけれども・・・このような時、視覚無感傷な人間などは、不幸中の幸いかもしれないと思って居るが、それはそれなりに不満もあるだろうと垣間見てしまう。要は、

続きを読む

 新型コロナウイルス新規感染者数が気になる。終息の日が、先々、全く見えない。ワクチン接種も当てにならない先行く終息。厄介な超極微ウイルスに侵される不安に続く毎日がもどかしい・・・しかし、世の中には、それほど感染症など気にしていない人も居る。

続きを読む

 駅で出会った頃にも、もう、嬉しそうにはしゃいでいた風に見えた。よほどその角屋に思いが有ったのか・・・それ以前にその角屋に符丁が合っていた事があったように感じたが。そうなのかな・・・と思ったりもした事も有った。その以前に聞いた一言二言に同調

続きを読む

 文字列を並べ始めるときりがなく止まらないという自分自身への言い訳け?・・・もう一人の私に対するものか・・・私が二人三人と出してくると、厄介だがその中で思い込みの強い奴が自我を通す・・・後の忠告もどきは遠く消えてしまう・・・まあ、三月になれ

続きを読む

 目前で具体的にプライドらしき動作を見たこともなかったが・・・その時、何だかその動作に稚拙な小心さを見せられた思いをした。元大学教授だったそうだが、その人の小さな思い上がりの稚拙さに出会って、その人の哀れさを気の毒に感じた思いだけれども、人

続きを読む

 視野が広がり広がって非日常的思いが広がる・・・そして、定年後のその日に出会った不思議体験、幽体離脱経験を思い出す。夏の朝方のうつらうつらの半覚醒時、私が私の寝姿を天井の方角から眺めていた時を再思する。その時は、その瞬間だったように思うが・

続きを読む

 現実の中に完全に溶け込んでいるか否かである。人間探索中は、現実に溶け込めない。非日常である人間世界を俯瞰するからだろう・・・孤老は、現実的社会人期間の40年足らずは、仕事と言う業に吞み込まれての日々だったから非日常には戻れなかったが、

続きを読む

 自分自身に活気を湧かせる日常を与えてくれるのであるから感謝でもある。生活思考も怠れない先行き段取りも思考内である。ただ、日々に感謝の念は忘れてはならないことを自分自身に言い聞かす。朝、ご飯が炊きあがれば、神仏に感謝のお供え・・・を怠らない

続きを読む

 手洗い、マスク、三蜜避けることの他に感染しそうな場面に入り込まない。入り込んだとしても長居はしない。自分自身を感染から防ぐ気配りは、他人に対して感染防備が常でなければならない結果、感染しないことに自信を持つことだ、と思う。自己防衛は、自分

続きを読む

 解り切った質問は、相手の気分を悪くするくらいの予測が出来ない記者の稚拙さ・・・巧妙な思考力に欠けるのには、映像時代に育ってきた因果かもしれないし、今の教育背景に原因があるようでもあるが・・・社会背景なども影響している今でしょ・・・

続きを読む

 筋肉はわかりやすいけれども、使わない個所の筋肉は無くなるらしい。それにしても、全て時間経過とともに状態が変わるのだから、それら機能も低下するのはやむを得ないことだという事だ。脚の筋肉、脹脛の筋肉、太腿の筋肉、臀部の筋肉も歩行に起立や歩行に

続きを読む

 いい感じだった。あの方の体形もゆったりしていて大きく広く感じる。私が小柄なので大柄の人に憧れる。特に顔が大きく背の低い体形は何だか親しめない感じがする。昔、若い時分から顔は小さい方が見よく、体形や物の形や色彩や音には敏感だったし、バランス

続きを読む

人の思いとウイルスとは別次元にあるのである。だから、そんなに単純なものではない。        個々人が感染防備に徹底しなければ終息は無い。

続きを読む

 拡大傾向は・・・微妙だね・・・このまま終息すればだが・・・まだまだ新規感染者数の凸凹棒グラフは続くだろうと思う。それが、右上がりにならないように祈りたいが・・・医界だけに依存は出来ない。唯、神に祈願するばかりだ。非科学的だが・・・

続きを読む

 若い時は、子供たちの小学校のPTA集会で文部省批判をして他の父兄に睨まれたこともあったが・・・納得いかないことには、意見を言わなきゃならない・・・が・・・老いて静かになりにけり・・・です。が・・・今の社会的批判項目は、いろいろと噴出してくる

続きを読む

 南海トラフと地震の備えが必要か・・・30年内予想が縮まる予測・・・近畿地方列島中部域など・・・震度7は、強い揺れだ・・・まず飲料水の買い置きから・・・新型コロナウイルス感染症も、自然災害に類する、と言う感じがするが・・・

続きを読む

 毎週、曜日を確認しながらの生活だから、一週間が過ぎた心地がするものだ。ゴミ出しなどの家事をしなけりゃならないからだ・・・この先認知症などにはならないしなれない。日々の生活は、やはり記憶が必要だ。お陰様でお一人様に感謝しなきゃ・・・家事一切

続きを読む

 その言葉の在り様に出会う悲喜劇は、やむを得ないのだろう・・・言葉とは、妙であり人を誘う事もする・・・この言葉の妙に出会った不思議観・・・歴史も実に妙である。思い込んだ時、その先に吉の想像が広がることが出来ればいい・・・思い込みは、先行きを

続きを読む

 健在だった当時のことを思い出す機会が増えてきているが・・・やはり、何分、50年間の期間は短くはなかったように思いながらも、今、一瞬である50年であった。 以前にも日記に書いてきたが、過去は、走馬灯のように刹那的に消え去る幽かである。しかし、過

続きを読む

 昔、若いころから内向型だった。人間についての探索が始まっていた、という事は自分自身の存在に関しての思考が幅を利かせていたように思う。若いころは厭背的でもあったように思うが、結婚後、子供を持ち子供を育て上げる義務感が強くなっていった。当然の

続きを読む

 テレビの画面下のテロップも早く消える感じを受ける。聴受像者に対して思いに欠けている点を感じるように思う時が有る。

続きを読む

 開催の是非に問題は複雑に先行きが見えない状態のようだが・・・東京五輪開催の思惑には、国威経済展開有意などの将来的進展を海外へ具現化を推し進める事にも有利であると望みをかけていることだろう・・・何とか東京五輪開催を、が、名誉と共に利を得るこ

続きを読む

 それ以外に判断材料は無いのだろうか・・・具体的数字結果は、どうも表面的でその底が提示できていないのは、限界無理という事か・・・

続きを読む

 これは、孤老の感想に終わっているようでもあるのかな、と思うのである。しかし、人達も、無意識に人達のマスク顔に出会いながらの無機的思いに過ぎて行っているのかなと・・・マスク顔は、個性が消えているから人間砂漠を歩ている感じだ。笑顔にも出会えな

続きを読む

 最近は、ほとんど買い物に行かなくなっているが、つい寒さを盾に外出しない。これではよくないのはわかっている。定年後、亡妻が健在な時、家におれなくてカメラとスケッチブックをリュックに入れて車で出かけたものだったが、免許も返納してしまうと、ちょ

続きを読む

 太腿にも皺が行き二の腕手や手の甲なども皺だらけ・・・それなどが目について、こうも醜くなるものだと思い侘しく老いを知らされて・・・と・・・想う事しきりだ。80歳代になればそんな物だよ・・・と・・・また、もう一人の私が顔を出す。そんなものだと思

続きを読む