mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

 諸行無常は夢のよう・・・我が身は常に変わり替わり行く物なれば自然の流れ流されるばかり・・・昨日の我は夢の世よ・・・今に居ますが 時々刻々と 流れは流れる・・・老いてそれらを実感す。 生きて生きて生き抜けど 自然の流れに流される・・・

続きを読む

 昨夜と言うよりも今日午前零時半ごろまでテレビを見て居た。旅番組だったけれど・・・で、就寝の時刻が遅いと、やはり、朝の起床も遅くなるようだ。これも一人者の我儘な一端だろう・・・ 日々のんびりとそれなりに過ごすのもいいでしょう。 我が余生だか

続きを読む

 部屋の窓が明るくなるのは7時前くらいかな・・・玄関灯を消して新聞受けから朝刊を取る。顔を洗い朝食の支度に取り掛かる・・・朝食を済ませて洗い物も済ませて珈琲を淹れる。windyさんのこのコーヒーが味香りが良くて一日を元気にしてくれるようだ。

続きを読む

 その日は一瞬思うことにしているが・・・生まれると言うことは常に死と共に生きて居ると言うことでもあるのだろうと思う時も有る。 来年の1月26日で三年になる。亡妻の死後・・・だが、思いは、やはり次第に薄れて行くものだが、一人は、どうにも一人だ

続きを読む

 一昨年、女房を亡くし次の年には三男の兄、続いて今年も五男の兄を亡くした。三年続きの彼の人々の旅立ちだった。残されたおいらは「まあ、そんなものか・・・」と思う他に思うことはないのだけれども、”ぽつねん”と寂しさを感じるものだ・・・ 時として

続きを読む

 その日その日の朝の気温を見るのが習慣になって居る。今朝は、冷え込んで居て3℃だった。室内は11℃。猛暑もやりきれないが、これからの冷気がどこまで下がるのかが気にかかるのだけれども、その日がやって来ないとわからない。最近は夜が明けるのが6時

続きを読む

イコカカードの充填に京都駅まで出かけたが、ホームも陸橋も混雑で海外からの観光客が多かった。久し振りの京都駅だったが人混みに圧倒された老人一人でござったが、たまには雑踏の中にも見える方がいいかな とも思った・・・私も人の間の人だから・・・ 我

続きを読む

 生まれ出た時のゾロ目に縁深きことの「22」である・・・何のことはない数字の世界だけれどもこれがまた不思議である。数字もただの数字ではない時も有る。父母の他界の年も昭和25年と昭和52年のそれぞれであった。 ただ、それだけのことであるのだけれ

続きを読む

 我欲に走り罪犯す・・・欲もほどほどのぼせない・・・さすればこんなことになりゃしない・・・やはりその業底がない・・・厄介なりや欲業の・・・止まることの知らぬなり・・・我欲にまみれた結果なり・・・  足りて足りれば幸せの・・・思う心に幸ありや

続きを読む

 市電に犬を乗せられる・・・そんなに混雑しないからなのだろう・・・いいね・・・何だかゆったりした気分・・・イタリアは何だかせわしないように思うけれども・・・活気があるように感じる映像でも・・・日曜日は皆さん教会に・・・意外と信仰心の高い人た

続きを読む

 石段を降りる時、体のバランスを左右片足ごとにその一歩に依存しなくてはならない。この石段は高校の体育の時間によく上り下りした懐かしい石段300段ほどだけれども、二十歳前後の若い時には、その石段を一段飛ばしに昇り降りできたが、今、八十四歳にし

続きを読む

 日本人にはA型が多いとか・・・だが、A、O、B、AB型とその性格には単純関連性があるようにも思う時も有る。おいらはO型だが、確かに大雑把なところもありながら思考が深すぎるようなところもあるけれども、おいら自身おいらが解らない時も有るが、意

続きを読む

 人を喜ばすものだったり人を不愉快にするものだったりする場面があるけれども、その所作、言動には心が添って居る場合もあったり、社交的な表現であったりするものもあるけれども、ついその心理が所作に現れる時も有る。そしてその時、表裏の心の状態が生ま

続きを読む

 老いの体は暖を求めて 血流などの循環ゆるりか ようも長年感謝する これから先など よろしく願う ゆるりゆるりと行くかいな 臀部の肉や膝の筋肉 歩く源 消えないように我が身は我が身で管理するかな・・・この身 長年 連れ添い下さり 日々を過ご

続きを読む

 いいニュースだし素晴らしいことだ。これからも楽しみだ。フアンの皆さんに楽しみを与えてくれる。すがすがしい若者だね。スランプの時も有るだろうけれども頑張ってほしいね。 世の中には、いろいろな人が居るようだけれども、人を喜ばす人の天の恵みを素

続きを読む

 聴くばかりで話しかけることは出来ないが、それでもいい。何か音がしているのは自然でいい。山に登れば、山道を風に吹かれて樹の枝葉が音になる。海に出れば渚に打ち寄せる波音がいい。潮騒の風が心に沿い、山も遠い山脈も木々の緑の濃淡が山を覆い風に匂う

続きを読む

 父母は当然あちらの人だけれども、兄達も姉達もあちらの人になっちゃった。甥達や姪達とは疎遠になってしまう孤老である。今年で亡妻、三男、五男の三年続きの喪中はがきである。 これで、父母、五人の兄達、姉二人は、あの世の人に・・・甥や姪達とは年賀

続きを読む

 日々の中に、感覚的瞬時的は危険を背負うこともあり、今の時代に今を生きる的動作には将来に危うい物が潜在することに気が付かされるが・・・思いの儘に突っ走るのは、未来に禍根をもたらす不運を垣間見る思考も働くものである と思うけれども、不幸なもの

続きを読む

 最近は、秋らしく季節も落ち着いたようで暑くもなく寒くもない過ごしやすい日々のようです。昨日は例会の始まる2時を少々過ぎて居ました。既に、いつものメンバーはお揃いで歓談のご様子でした。 windyのマスターが「ウインディで楽しむかい」のメンバー

続きを読む

 朝曇りでうっとしい朝だ。それらの地域での空模様が違うのは、天気予報的地域的差異にはまだ無理なことなのだろう。 空模様も暫時変移して行くものであるから・・・日常生活での静止状況はあり得ない。その時間の長短はあっても、全てが常に微動している地

続きを読む

 久し振りの雨の朝だ。今朝は、曇り空で雨脚強い・・・曇り空だから夜が明けるのがいつもより遅い。田中陽希の百名山の映像を見ながら・・・海や山や湖や平原など自然の風景が好きだが、映像で見る老いの頃となった。・・・山登山はもう無理でしょう・・・海

続きを読む

 焼きそばを、と思い、キャベツ、ピーマン、人参などの具を刻み、油少々・・・ちょっと大目?・・・市販の焼きそば麺を炒めて、きつね色なる焼き目を付けて、次は豚の細切れ野菜類・・・人参太目で炒め時間もちょっと長めに・・・しかし、意外と多く出来ちゃ

続きを読む

 柿の木々・・・秋空晴れて人は野良仕事・・・東と西の山の谷間に川も流れて小さな町も・・・海が青く水平線に空の青さと幽かな眺め・・・ 川の橋脚川海老掬う・・・和船漕ぎだし長尾の岬へ・・・島鯛などの住処なり・・・海に素潜り珊瑚の彩の竜宮様よ・・

続きを読む

 裏の部屋の戸を開けると道路は雨が降ったせいか黒っぽく濡れていた。暖房の用意をしなけりゃならない。まだまだ先のことだとは思うけれども・・・最近の天気は、急変する様子がある。これから先、急に雪が降りだしたりもすることもあるかもしれない・・・老

続きを読む

 第134回 大津管弦楽団定期演奏会  2018年11月4日(日)  開場13:15 開演14:00第48回滋賀県芸術文化祭参加事業第71回大津市文化祭参加事業         大津管弦楽団       指揮:山川すみ男会場:大津市民会館 大ホール

続きを読む

 自己放任とは、40代50代の離婚体験者に多いとか・・・人間失格とか言う小説もあったが・・・人間存在に関して全く無関心な人々の終末か・・・ 家族死に別れたり離婚したりの人間関係が希薄になると陥りやす言うが、不思議と男性に多いらしく、それは確

続きを読む

 老いても現役であれば穏やかにはなっておれないだろうと思うけれども、おいらの場合は、若い頃と比べてそんなに激憤しなくなった。目くじら立てて怒鳴り散らした昔を想い、やはり、老いたね、と思う。・・・言葉が出る先に手足が出た社内でも問題社員だった

続きを読む

 古新聞と段ボールなどをまとめ紐で結んで出す準備を終えた。古新聞など意外とかさ張る朝の一仕事で11月最初の家事は終わり、部屋の掃除をしなければならない。風呂も一週間に一度かな・・・夏はシャワーでいいけれど・・・風呂も入ると気持ちがいいのだが

続きを読む