mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

己をわかることはできない。これが私である。知ることや、知っていることは知識と言うけれどもわかることは言葉以前のことだと思う。日常は、知識の中で生活している。文字言葉などを背負わされて・・・しかし、己自身がわからなくても、日常生活の流れに居る

続きを読む

わーい(嬉しい顔) 久し振りに朝方からどうどうと降りしきる秋の雨だ。表のベランダの波板の屋根に雨の降る音が騒がしくぶち当たっている。 もう晩秋も過ぎようとしている時季に、梅雨時の雨の降り方のようだ。今朝は、曇り空だからかそれほど肌寒さはない。 陽之助は

続きを読む

あれはあれ、これはこれなり理路整然?・・・とはいかない日暮れ道・・・だが元気 頭の中はお忙しく・・・若い時、 階段の 上り下りも 一段飛ばし しかし時経て今の時 老いぼれ 手すりが救け人・・・やっとこさっとこ階段上下・・・寄る年波には 勝て

続きを読む

 想像力は、人間にとってとても大事な機能だと思う。十年後の自分のために投資するのも、想像力のおかげである。相手の気持ちを察しながら話ができるのも、想像力のおかげである。 第6句の「想像力は知識よりも大事だ」というアインシュタインの言葉が印象

続きを読む

私の町内に住んでいらっしる・・・今でも車で出かけている。軽四で・・・通りで出会っても、車の運転席から、にっこりとほほ笑みながら「元気?・・・」と逆に私のことに気を使って来られる心優しいお人柄。「元気ですよ・・・」答えると、「そいじゃあね。ま

続きを読む

朝の六時の時報が鳴り過ぎて雨の降る音にややもすれば寝床離れしがたいひと時を、えいや!とばかり寝床から起き抜けるのがこの頃の毎朝の気である。若い時は、会社の休日の日は、昼ごろまで寝床の中でまどろみの時を過ごしたものだったが、高齢になるといつま

続きを読む

山科川沿いの小路は桜葉の枯葉が散り果て、桜樹は、冬を迎える枝姿となる。初冬の空っ風に静かな時を過ごす。桜の咲くころは豪華絢爛の盛りであったその桜の名所も今は昔の幻影だ。 過去も夢、未来も夢で、今も夢のように思うこの頃に居る。現役の社会人の時

続きを読む

晴天に恵まれ、車の気が向く方向へ・・・奈良市内に入って黄葉の並木道が続き気持ちが爽やか・・・169号線沿いの大神神社へ・・・初めてのお参り・・・畝傍、大和高田、橿原神宮、明日香・・・周遊す。朝9時ごろから夕方4時ごろまで・・・いい一日だった

続きを読む

民主主義について・・・
2014年11月22日08:42

えてして民主主義は傑物を嫌い、傑物は民主主義を嫌う。かって、ジェラルド・フォード(1913〜)が大統領に就任した時、「(自分が大統領になれたということは)この国では誰でも大統領になれるということの証明だと思う」と語ったことがある。ジョージ・

続きを読む

本当かな?・・・ このことは、人間の一つの思い込み と考える。個の有り様としての刷り込みでもある。しかし、それは、その思い込みの範囲の問題でもある。問われる問題の一つは、今ここにどうして自分自身が居るのかの問いに対しての問題がある。このこと

続きを読む