mixiユーザー(id:40742891)

日記一覧

 この先の気温は、暖気、寒気が交差しながら春へと季節は進むのだろうけれども、近年の天候は、先が読みにくいようだ。はたして順調に春になるのだろうか・・・ まあまあ、暖かな朝は、気持ちが穏やかに推移するように思う。寒さに対しての体の構えがないか

続きを読む

 楽しさなどの思いを与えてくれるけれども、終わってしまうと寂しいものである。人々は、その日々を過ごしながら一生を全うするのであるけれども、その道は試練と言う不思議な世界であると考えることも出来るのである。   しかし、人間は、ネバってネバっ

続きを読む

 ・・・と言うようなことを考えて見たりするのだが・・・まだまだ、家の中の断捨離が出来ていない有様だ。小さな家だけれども、次から次へと、何だかんだと過去の古き物どもが鎮座なされていて、始末がつかないのである。 一掃を断捨離専門家に、と思ったが

続きを読む

こちらは、物質世界と言う変移限界に生かされていて、夢中現実と言う表現言葉の同次元に日々が有り、あちらは、具現物質以前の広さの無い広さであり、上下左右前後の無い非世界と言うべき非物質的として実在している。  その一瞬の人間の生涯は、具現消滅の

続きを読む

 年老いてからの一人居は、何となく寂しいものであるが、集なればやがて個へと変移し、個から集へと広がりを経て行くことも、その社会中なるの一生であろうと思う。 人間生活のその瞬間的時流の中で、何事かに集中している時は、一人居も忘れるようである。

続きを読む

 自宅で午前11から始まって40分ほどの法事だった。長男坊主と義理の妹夫婦、義理の姉と甥夫婦と私の七人で菩提寺の宗仙寺の和尚の読経に静かな一時が過ぎた。一周忌法要が終わって供養膳に向い、それぞれの語らいは、今の世間話から、やはり昔の過ぎ去ったこ

続きを読む

 京都コンサートホール大ホールの午後7時開演に招かれた。60年来の音楽合奏の友であるFさんに数年以前から京都大学交響楽団の200回記念コンサートに招かれていた。 実に素晴らしいと言う音の響きだった。繊細で豪快さがその妙音を創りだし得も言えぬ幻

続きを読む

 阪神淡路大震災は、今朝、22年を迎えた。この悲しみは、言葉以前の念悲だろうと思う。嬉しい時が激している時、言葉にならないし、悲しみの時も、激しい慟哭、号泣などは、言葉以前の念の悲しさだろうと思う。言葉は、ある程度冷静な時に具現するように思

続きを読む

 だろうし、一年12ヶ月の年の初めの一月の日々が続いて行くことになる。今年は、アメリカの大統領が新しくトランプ氏になったが、この人如何な人なのかは、全く不明のようである。問題、課題もあるようだけれども、日々の先々には、期待感と不安感など見え

続きを読む

 気温は相当冷え込んでいるだろう。でも、外へ出ても耳が痛いと言うことでもないから、大したことでもない。 道路事情は雪で渋滞スリップ事故が起きる。ニュースで見ると、先々の天気予報も見ずにノーマルタイヤで走行していて身動きできないドライバーも居

続きを読む

 買い物が近くて便利なスーパーだったが、18年間の業務を閉鎖する2月中旬まで、店じまい売り出しが始まっている。それほど買う物はないが、なんだか不便も感じるが、・・・ また、近辺に、再度開店するらしいが・・・ビルなど家屋が解体された跡地は、空

続きを読む

 物質的宇宙を抜け出ていて非物資世界と言う非世界を思考するのであるが、非世界と言えば、以前にも日記に書いたのだけれども、上下左右前後の無い世界ではない無限の領域でもない有り様だと考えざるを得ない言葉表現しかできない無限ではない無限界は、不明

続きを読む

 ヴォルフィさん、光茶庵さん、ジミーさん、ウインディさんご夫妻と、お久し振りのロウマンサンさん、ご近所にお住いの専門書店の藤井さん、京さん、とペルソナの9人でした。 おしゃべりは4時過ぎ頃まで絶え間がないほど盛り上がりました。特に、藤井さん

続きを読む

 新年と言う思いは、ほとんどない。ただ、日々過ぎて行った と言う感触である。これまでもそうだったが、正月は、世間一般に並んでそのようにしてきただけだった。 今年の正月は、亡妻の喪中だから止した。ただ、孫や長男坊主にはおいらの雑煮を造ってやっ

続きを読む

 勤労?、勤勉?なる社会の主役ではなくなった爺だが、社会の様子から地球上の思い惑いなど興味津々のことの成り行きに関心せざるを得ない未来は安らかではない蠢きを微弱であっても感じる年になりつつ思うが、決して穏やかな先行き日々ではないだろうと思う

続きを読む

 サッカー天皇杯を吹田サッカー場で観戦するためも兼ねてやって来た。久し振りに淀屋橋、梅田、千里中央など商店ビル街を孫のサッカー用品探しに付き合わされて歩きに歩き、地下鉄乗継強歩に一日が過ぎた感じだった。  孫はどうやら満足して目的の商品を買

続きを読む